※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハナコが泊まっているという民宿の前で、ハナコは青年にお辞儀した。

「今日は本当にありがとう。
 タマムシの色んな場所に連れて行ってくれて、博士のところにも案内してくれて」
「ハナコは……マサラタウンに帰るの?」
「そうね……。明日にはタマムシを発とうと思ってるわ。
 お父さんのことは、これで、諦めがついたから。
 わたし、誰かにはっきり言ってもらわないと、ダメだったみたい」
「…………」

ぽつり、ぽつりと街灯が点り始める。
どこか遠くで、子供たちとポケモンのはしゃぐ声が響いている。
先科からの帰り道、青年はハナコの「これから」について、何も彼女に尋ねなかった。
案内人としての立場から、一歩踏み出す資格があるのか、悩んでいた。
ハナコとこれっきりになってしまうのが名残惜しいからじゃない。
彼女が父の消息を掴めないまま、失意のうちにこの街を去るのが、許せなかったから。

「明日の朝……」
「えっ?」
「明日の朝、君を見送ってもいい?」
「それは……ええ、もちろん。わざわざありがとう」

ハナコの顔が綻ぶ。純粋に見送られるのが嬉しいからだろうか。
それとも、俺との時間が少しでも延びたことを喜んでいるからだろうか――両方であってほしいと、淡い期待を抱いた。

「それじゃあ、おやすみなさい」
「うん、おやすみ」

踵を返し、青年は彼が一人暮らししているアパートにではなく、タマムシ大学の図書館に向かった。
大学の敷地内には夜の帳が降りていたが、構内には勉強熱心な学生が残っており、窓から明かりが漏れている。
顔なじみの図書館司書は、青年の来訪に少し驚いた顔をした。

「やあ、こんな時間に珍しいね」
「こんばんは。資料室の鍵、貸してもらえますか」
「もうすぐ閉館だけど、急ぎの調べ物なのかい?」
「ええ。明日の朝が期限なんです」

司書は困ったように眉を傾げて、次の瞬間には鍵を青年の手に渡してくれた。
真面目な学生生活を四年も貫くと、こんな恩恵もあるものだ。

「今回だけ特別だよ。明日の朝にまた来るから、そのとき鍵を返してね」
「ありがとうございます」

資料室に足を踏み入れる。
空調が作動しているとはいえ、中は古紙の匂いで満ちている。
書架に所狭しと並べられているのは、大学設立当時から学生が提出してきた論文原本、
あるいは高名な研究者たちが遺した学術文献の写しである。
これだけの文書から目的のものを浚うのは骨だな、と青年は嘆息しつつ、
どこか晴れ晴れとした顔つきで、スツールの一つを抜き出した。


翌朝。
民宿の前でハナコと合流した青年は、彼女を喫茶店に誘った。
彼女を暴漢から助けた後に寄った、あの喫茶店である。

「あの、話って?」

ハナコは困惑している様子だ。そりゃそうだろう、と青年は思う。
マサラタウンに帰る準備をしていたのに、
急に「話があるから、とりあえず荷物を置いて、喫茶店に行かないか」
と言われれば困惑もする。

「見せたいものがあるんだ」

青年はあくびをかみ殺しながら、一枚の紙を差し出した。
ハナコが紙に目を通す。が、すぐにはそれが何か理解できないようだ。

「これは?」
「昨日、ハナコのお父さんの名前を教えてくれただろう?
 それで、そこそこ有名な探検家なら、何か論文を遺しているんじゃないか、
 そうでなくても、他の懇意にしていた探検家や研究者の論文に、
 共著者として名前が残っているんじゃないか、と思ってね。調べてみた」
「調べたって……昨日の夜から、ずっと?」
「うん、まあ」

確かに昨日から一睡もしていないが、三徹経験者の彼からすれば、どうってことない眠気である。

「それは君のお父さんに関連のある人物のリストだ。
 君のお父さんにある地域の探検を頼んでいた人や、
 一緒に探検をしていた人……それほど多くないけど、見つかったよ」

論文の共著者として、ハナコの父親が載っていることは稀だった。
彼女の父親の名前は、主に論文執筆者の謝辞の中に、他の探検家の名前と並んで記されていた。
青年はコーヒーを一口飲んでから、ハナコに語りかけた。

「君は昨日、お父さんのことを諦められた、って言ったけど、
 俺は……俺はまだ、君がお父さんのことを諦めるのは、早いんじゃないかって思ってる。
 確かに半年も連絡がないのは心配だけど、単に君のお父さんが、もの凄い連絡無精になっただけかもしれない」

ハナコは透き通るような双眸で、じっと青年の顔を見つめている。
あれ、今の笑うところなんだけどな、と焦りつつ、青年は続けた。

「冗談はさておき――俺は大木戸博士の他にも、このリストに載っている君のお父さんの知り合いに、
 君のお父さんの行方について、訊いてみるべきだと思うんだ。
 もっとも、俺はただの部外者で、これはあくまでお節介だ。
 君にもマサラタウンでの生活があるだろうし、帰るならこの紙は僕が預かっておくよ」
「どうして?」
「うん?」
「どうしてあなたは、知り合って間もないわたしのために、こんなに親切にしてくれるの?」
「どうしてって……」

君に惚れているから、とは言えずに、

「昔から、困ってるというか、困っていそうな人を見かけると放っておけないんだ」
「……それだけ?」

ハナコの小さい呟き声に、青年は眉を顰めた。
俺は何か間違ったことを言ったのだろうか。

「えっと……ううん、気にしないで」

にわかに頬を朱に染め、とりなすようにコーヒーを飲んでから、ハナコは言った。

「わたし、この人たちに会えるかしら?」
「ハナコは休学中とはいえ、大学生だ。
 卒業研究に関する調査の一環で、お話を聞きたいと言えば、ほとんどの人は会う時間を作ってくれると思うよ」

わざわざ麗しの女学生が、自分のために遠方から会いに来たと知れば、
自然と応対も温かく、口も緩くなるというものだろう。それが男だ。
だが、ハナコは目を伏せて、言い辛そうに口を開いた。

「あなたにはこれまでにも色々お世話になって、こんな調べ物までしてもらって悪いんだけど……」

青年は一瞬、ハナコがこのままマサラタウンに帰る選択肢を取ることを予測し、

「わたし、一人でこの人たちに会うのが不安なの。それで……もしもあなたさえ良ければ、わたしと一緒に……」

なんだ。ハナコ、君はそんなことで悩んでいたのか。

「一緒に行こう。そうだな、俺は君と共同研究をしている学生ってことにでもしておこうか」
「……っ」

いたく感激したらしいハナコが、青年の手を取った。
ハナコの手の滑らかさ、柔らかさ、温かさに、意識が持って行かれそうになる。

「本当にありがとう。わたし、あなたにはどうやってお礼をすればいいか分からないわ」
「とっ、とにかく、まずはこの人たちに電話して、都合の良い日時を訊いてみよう」

手を取り合って語り合う二人。店内の客はそれを温かい目で見守っていたが、
その中に、鋭い眼光で彼らを射貫く黒ずくめの男がいることに、青年が気付く由もなかった。