天使試験


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天使試験



ジパング格闘天使協会が主催する格闘天使の頂点極めるための試合で、4ヶ所のサンクチュアリで行われる
当初は文書問題と試合があったため、今でも試験と言う名がある
モデルは相撲だが、ここでは戦闘不能になるか、場外に出せばなんでもありというルールになっている
ランクは相撲にならっていて、

大天使(横綱)永久ランクで、絶大な権力を持てる。現在はドルジしかいない。
 ↑
熾天使(大関)全敗した場合準熾天使に降格。大天使=ドルジを場外に吹っ飛ばすか、2回連続で勝たなければ大天使になれない。
 ↑↓
準熾天使(関脇)熾天使3人以上に勝たなければ熾天使になれない
 ↑↓
智天使(小結)以下、成績によってランクが上下する
 ↑↓
力天使(前頭)
 ↑↓
能天使(十両)
 ↑↓
下級天使(幕下以下)

となっている。
競技期間は相撲と同じ15日で(下級天使は7日)、勝った天使は上位の同じく勝った天使と対戦することになっている
試験にはギョーレと呼ばれる行司にあたる人はいるが、呼び出しと床山にあたる天使は存在しない

会場は新春、夏季、秋季がリョーゴク、春季がビックスロープ、金鯱記念がアイチ、博多杯がラックバレーで行われる

ちなみに本来「天使の9階級」では熾天使が最高位だが、「『大天使』ミカエル様が天使で最高位」と、思い込んでいた作者のミスで大天使が最高位になってしまっている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。