※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮想化ソフトウェア一覧





Hyper-V


名称 Microsoft Hyper-V
メーカー Microsoft
ホームページ http://www.microsoft.com/japan/windowsserver2008/technologies/hyperv.mspx
無償版 あり(Hyper-V単体)

Windows Server 2008(64bit)専用のバージョンとHyper-V単体の2種類がある。ハイパーバイザー式の仮想化ソフトウェアであり、従来のVirtual Server 2005より高速。ゲストOSのサポートについては、Linuxの対応が限られている。
(標準でサポートするLinuxはSUSE Linuxのみ)

管理はMMCコンソール上で行えるため初心者でもわかりやすいが、MMCコンソールの使用にはWindows VistaまたはWindows Server 2008が必要。

VirtualBox

名称 Sun xVM VirtualBox
メーカー Sun
ホームページ http://jp.sun.com/products/software/virtualbox/
無償版 あり(個人目的限定)
最新版 2.1.0 (2008/12)

Windows版・Linux版・Solaris版が存在する。
ゲストOSとしてOpenSolarisをサポートするのが特徴。Windows, Linux, Mac OS Xもサポート。
ゲストOSでのUSB機器の使用をサポートする。

XenServer

名称 Xen Server
メーカー Citrix(シトリックス)
ホームページ http://www.citrix.co.jp/products/xenser.html
無償版 あり(Express Edition)

Xenをベースに管理ツールなどを追加したもの。
管理ツールやサポートとセットになったEnterprise Editionから、無償のExpress Editionまでラインナップがある。

Oracle VM

名称 Oracle VM
メーカー Oracle
ホームページ http://www.oracle.com/lang/jp/technologies/virtualization/index.html
無償版 あり

仮想サーバ上でのOracle Databaseの運用をサポート対象としている。
Redhat LinuxとWindows Serverに対応。
ハイパーバイザーとなるOracle VM ServerはOS不要だが、管理にはLinuxの稼動する別のサーバが必要。

Xen

名称 Xen
メーカー XenSource
ホームページ http://www.xen.org/
無償版 あり(GPL)
最新版 3.3 (2008/12)

オープンソースで開発されている仮想化ソフトウェア。
対応するゲストOSを効率よく稼動できる準仮想化と、Windows等をゲストOSとしてサポートする完全仮想化の2方式に対応する。
Xenから派生した商用サポートのあるXenServerがCitrix社により開発・販売されている。