悪の組織


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪の組織

 おもにPCたちの敵役になる組織です。


「悪役商会」



 サイレントワールド事件を「来るべき大災害の警鐘」トランス能力を「その災害を生き抜くためのチカラ」ととらえている団体です。
そのため、将来の災害までに一人でも多くの(未定)を目覚めさせようと活動している団体です。
彼らは自ら「悪役」を名乗っている通り、世界中でトランス能力やカケラを使った犯罪・事件・騒動を起こし、無理矢理人々を目覚めさせようとしている過激派です。
さらには見込みがあるとマークされた者には「英雄や勇者になるべき試練」と称して付きまとい混乱と破壊を振りまきます。

 組織のトップは「大首領」を名乗る謎の人物です。
その正体は組織の幹部たちであっても知らず、ナゾに包まれています。
それゆえ、おもに活動するのは各地に散らばる支部であり、それを指揮する幹部たちです。

 組織の性格上、大量殺人や破壊活動のような陰惨な事件は好みませんが、幹部によっては私利私欲に走る者もおります。
そうしたものは好き勝手に凶悪事件を起こすことでしょう。
そして大首領も多くの場合、暴走した幹部の粛清を「試練」に仕立て上げ押し付ける迷惑な傾向があります。



「帝国」



 サイレントワールド事件によって砕け散った世界から来た侵略者たちです。
こちらの地球を征服し、第二の故郷にしようと企んでおります。
「大帝」とよばれる一人の皇帝のもとで中央集権的組織を作っております。
「騎士」「将軍」などと呼ばれる戦士たちを多数擁しており、彼等の戦闘能力は戦車1両分にも及ぶ、と賞されています。

 「大帝」は戦争と闘争を好む人物で、元々居た世界でも世界征服のための大戦争を起こしていた野心家です。
現在は情報収集と地固めに専念しているようですが、いずれはこの世界をも征する大攻勢に出ることは間違いありません。
そのための手段として異世界のカケラと能力者を集めております。



「黄金のカナリア団」



 カケラを集めた力でこの世界の覇権を狙おう、というテロリスト集団です。
母体は世界各国に巣くっていたマフィアやシンジケート、秘密結社の集まりです。
「十五人会議」と呼ばれる最高意思決定機関を持つ合議制の組織となっています。
彼らはカケラを手に入れるためならば手段を選ばない危険な犯罪集団です。
また、トランス能力をもった悪人や犯罪者が多数傘下に収まり、その庇護を受けています。



「NEO-KKK」



 有名なあの組織の分家といわれています。
この世界を乱す異邦人の抹殺と排除を目的としており、異世界の破壊やトランス能力者の殺害、進歩派や異世界人援助者の暗殺などを行っております。もちろんPC達も抹殺の対象です。

 組織の性格上トランス能力者は所属しておりませんが、異世界のカケラを利用した武器の流用は許されているようです。
元軍人や傭兵も雇い入れておりますし、訓練された狂信者の軍団は脅威です。

 なおNEOとなり人類愛に目覚めたのか、有色人種に対する差別や憎しみは組織から消え去りました。
ゆえに黒人や有色人種の構成員も多数おります。皮肉なものですね。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。