Flash SSD の基本的な構造

①:NAND フラッシュメモリ
SLC、eMLC、MLC といった種類の他、製造プロセス、メーカー、グレードによって性能も信頼性も全然違う。
②:SSD コントローラー
メーカー、世代、グレードによって信頼性・性能とも全く異なる。最近の世代のものは NAND フラッシュメモリを複数同時に接続し同時並列アクセス (つまり RAID0 のようなもの) を行う事で性能を稼いでいる。接続チャネル数も SSD によって様々である。完成度の低いものはバグを抱えており頻繁にファームウェアアップデートが必要。
③:DRAM キャッシュ
キャッシュの量が少なすぎたり全く搭載していないものは問題外。SSD コントローラーに SRAM を内蔵している為外部 DRAM キャッシュを搭載していなくとも高速な SSD もある。
④:インターフェース
SATA や SAS 等。IDE 対応のものもあるが、SanDisk 製や高価な産業用を除き JMicron や eastWho 等の SSD コントローラーを搭載した最低性能・最悪品質のものしかない。IDE が必要な場合は SanDisk 製を個人輸入するか SATA のものをインターフェース変換して使用する事

NAND フラッシュメモリ

+ クリックで展開

SSD コントローラーとその機能

+ クリックで展開

DRAM・SRAM キャッシュ

+ クリックで展開

インターフェース

+ クリックで展開

SSDの各種形状について

+ クリックで展開

セキュリティ

+ クリックで展開
  
添付ファイル