これらのツールの中には使用法を誤るとデータや HDD 自体がハードウェアレベルでぶっ壊れるものもあるので注意。用途別に分けてあるので多機能ツールは幾つかの用途に重複して掲載している。




ファームウェアアップデート

  • HDD のファームウェアの更新。この他 PC メーカーの HP からしかダウンロードできないものもある。

Seagate 例の 7200.11 のほか 7200.12・Green にもロックする不具合がある為、該当機種を所持していたら必ずファームウェアを更新すること

WesternDigital 該当機種をクリックすると、ファームウェアアップデータがある機種は表示される

Hard drive firmware update utility (Bootable CD ISO) IBM、HGST、東芝、富士通 等の 1.8/2.5"HDD のファームウェアが収録されており、必要ならアップデートできる ISO イメージ。対応機種はリンク先を確認のこと



ファームウェア設定関連

  • S.M.A.R.T.の有効化・無効化、容量制限、キャッシュ有効化・無効化、HDD パスワード、AAM、APM の他、機種固有のものや HDD のサービス領域にアクセスするもの等

DOS 用


wdidle3 WD の「Intelipark」 対応 HDD の設定を変更するツール。ヘッドが退避するまでの待ち時間を変更可能。DOS 用の実行ファイルのみ。

WDSpinUp Utility WD の Green 系の低回転数の機種のスピンアップ時の消費電力を変更するツール。LOW と UltraLOW から選択できる。Ultra LOW にするとスピンアップまでの時間が長くなる?DOS 用の実行ファイルのみ。

WDTLER WD 非公式ツール。デスクトップ向けの機種をエンタープライズ向け機種同様に TLER 対応にするもの。元々 HDD がその機能を持っていて、出荷時に無効にされているだけの機種にしか使えない。TLER (Time-Limited Error Recovery) とは HDD 内でエラーが発生した場合にデスクトップ向け機種は数分間復旧を試みる (その間外部からのコマンドを受け付けなくなる) が、その為 RAID コントローラーから故障と判断されてしまう現象を防ぐ為に復旧を試みる時間を短くすること。通常は使用する必要は無い。DOS 用の実行ファイル。

HGST Feature Tool HGST のツールだが他社製 HDD にも使える。AAM、APM、容量制限/制限解除、S.M.A.R.T.の有効化/無効化、キャッシュ有効化/無効化 UDMA モード変更、SATA 1.5Gbps 制限/制限解除等の設定が可能。FD 作成実行ファイル、FD イメージファイル、ISO イメージファイルが用意されている。

MHDD DOS 上で動作する HDD のエラーチェックやファームウェアを弄くれるソフト。いったん起動した後は DOS や BIOS を介さず直接コントローラーにアクセスする為かなりマニアックな事が出来る。IDE、SATA の他 SCSI と USB-SCSI エミュレーションドライバがあれば USB にも対応している。HDD のスキャンでは他のソフトと違って各セクタの読み取りに掛かった時間が表示されるので読み取りは可能だが状態が悪いセクタ数を確認できる。50ns 以上のセクタが多い場合は注意。ERASE コマンドでゼロフィルも出来、S.M.A.R.T.ステータスの確認と有効化/無効化、AAM、容量制限/制限解除、HDD パスワード関連の設定、が出来る。FD 作成実行ファイル、ISO イメージ、DOS 実行ファイル単体でダウンロードできる。解説サイト(英語)
Magic Boot Disk v2.0 はこの MHDD に加え MS-DOS、SMARTDRV.EXE、128GiB の壁修正版 FDISK.EXE、USB ドライバ等がセットになったもので FD 作成実行ファイル、ISO イメージがダウンロードできる。

Windows 用


SeaTools Enterprise Edition Seagate の SCSI・FC の HDD 専用のエラーチェックツール。これらの HDD のパフォーマンスに関連したファームウェアの設定も可能。Windows 用、インストーラー形式。

HDDScan Windows 上で動作する S.M.A.R.T. ステータス・温度確認ソフト。全部ではないが SCSI や RAID、USB/Firewire 接続の HDD、メモリーカードにも対応している。AAM、APM の設定や S.M.A.R.T. セルフテストの実行も可能。

HDD Capacity Restore Tool Windows 2000/XP/2003 上で動作する HDD の容量制限解除ソフト。インストーラー形式。



エラーチェック関連

  • HDD をスキャンし、読み込めないバッドセクタその他の有無を確認をするもの

DOS 用


SeaTools for DOS Seagate の HDD 専用エラーチェックツール。FD 作成実行ファイルと ISO イメージファイル形式の二種類がダウンロード可能

SCSIMax Maxtor・Quantum の SCSI HDD 専用のエラーチェックツール。DOS 用の実行ファイルのみ。

Data Lifeguard Diagnostic for DOS
Data Lifeguard Diagnostic for DOS (CD)
Old Data Lifeguard Diagnostic WD の HDD 専用のエラーチェックツール。上が FD 版で DOS 用実行ファイルのみ、CD 版は ISO と ZIPで圧縮されたISO の二種類がダウンロード可能。「Old Data Lifeguard Diagnostic」は旧機種用。

Drive Fitness Test HGST の HDD 専用のエラーチェックツール。FD 作成実行ファイルと ISO イメージがダウンロード可能。SCSI にも対応しておりドライバも組み込み済み。Ultrastar 10K300,、Ultrastar 15K73、DK32xx には対応していないので OGT Diagnostic Tool を使用すること。

MHDD DOS 上で動作する HDD のエラーチェックやファームウェアを弄くれるソフト。いったん起動した後は DOS や BIOS を介さず直接コントローラーにアクセスする為かなりマニアックな事が出来る。IDE、SATA の他 SCSI と USB-SCSI エミュレーションドライバがあれば USB にも対応している。HDD のスキャンでは他のソフトと違って各セクタの読み取りに掛かった時間が表示されるので読み取りは可能だが状態が悪いセクタ数を確認できる。50ns 以上のセクタが多い場合は注意。ERASE コマンドでゼロフィルも出来、S.M.A.R.T.ステータスの確認と有効化/無効化、AAM、容量制限/制限解除、HDD パスワード関連の設定、が出来る。FD 作成実行ファイル、ISO イメージ、DOS 実行ファイル単体でダウンロードできる。解説サイト(英語)
Magic Boot Disk v2.0 はこの MHDD に加え MS-DOS、SMARTDRV.EXE、128GiB の壁修正版 FDISK.EXE、USB ドライバ等がセットになったもので FD 作成実行ファイル、ISO イメージがダウンロードできる。

HDD Regenerator 不良セクタを修復出来る場合には代替無しで修復し、できない場合はセクタ代替を行うソフト。バッドセクタだらけの状態の悪い HDD はどうにもならないが、例えば動作中に衝撃を与え数箇所のみバッドセクタが出来てしまった場合等軽度の損傷であれば修復できる。これは有料ソフトで Try 版は一箇所だけバッドセクタを修復すると終了してしまう。有料版はこういった制限は無い。スキャン速度はかなり遅いので事前に他の HDD スキャンソフトで不良セクタの位置を把握しておき、スキャンするセクタを指定して使用した方が良い。インストーラー形式で、Windows 上のアプリケーションを用いて起動 FD を作成し、FD から起動して使用する。

Windows 用


SeaTools for Windows Seagate の HDD 専用エラーチェックツール。インストーラー形式。

SeaTools Enterprise Edition Seagate の SCSI・FC の HDD 専用のエラーチェックツール。これらの HDD のパフォーマンスに関連したファームウェアの設定も可能。インストーラー形式。

Data Lifeguard Diagnostic for Windows WD の HDD 専用のエラーチェックツール。インストーラーも付属しているがインストールしなくとも使用可能。

OGT Diagnostic Tool HGST の Ultrastar 10K300,、Ultrastar 15K73、DK32xx 専用のエラーチェックツール。インストーラー形式。

Linux 用


MAC 用


Seagate Diagnostics for Mac Software Seagate の HDD 専用エラーチェックツール。



ゼロフィル関連

  • バッドセクタがある HDD でゼロフィルを行うと代替されたりする。また書き込めないセクタが無いかのチェックにもなる。
  • セキュリティの為のデータ完全削除を目的としたソフトはゼロだけでなく特定のパターンで何重にも上書きできるものもあり、SecureErase でも同様にデータの完全削除が出来る。

DOS 用


MHDD DOS 上で動作する HDD のエラーチェックやファームウェアを弄くれるソフト。いったん起動した後は DOS や BIOS を介さず直接コントローラーにアクセスする為かなりマニアックな事が出来る。IDE、SATA の他 SCSI と USB-SCSI エミュレーションドライバがあれば USB にも対応している。HDD のスキャンでは他のソフトと違って各セクタの読み取りに掛かった時間が表示されるので読み取りは可能だが状態が悪いセクタ数を確認できる。50ns 以上のセクタが多い場合は注意。ERASE コマンドでゼロフィルも出来、S.M.A.R.T.ステータスの確認と有効化/無効化、AAM、容量制限/制限解除、HDD パスワード関連の設定、が出来る。FD 作成実行ファイル、ISO イメージ、DOS 実行ファイル単体でダウンロードできる。解説サイト(英語)
Magic Boot Disk v2.0 はこの MHDD に加え MS-DOS、SMARTDRV.EXE、128GiB の壁修正版 FDISK.EXE、USB ドライバ等がセットになったもので FD 作成実行ファイル、ISO イメージがダウンロードできる。

HDD Regenerator 不良セクタを修復出来る場合には代替無しで修復し、できない場合はセクタ代替を行うソフト。バッドセクタだらけの状態の悪い HDD はどうにもならないが、例えば動作中に衝撃を与え数箇所のみバッドセクタが出来てしまった場合等軽度の損傷であれば修復できる。これは有料ソフトで Try 版は一箇所だけバッドセクタを修復すると終了してしまう。有料版はこういった制限は無い。スキャン速度はかなり遅いので事前に他の HDD スキャンソフトで不良セクタの位置を把握しておき、スキャンするセクタを指定して使用した方が良い。インストーラー形式で、Windows 上のアプリケーションを用いて起動 FD を作成し、FD から起動して使用する。

POWERMAX かつて MAXTOR が配布していたゼロフィルツールで Seagate によって買収された後は公開が中止された。メーカー問わず使用でき、DOS 上で動作する。FD 作成実行ファイル形式。

MAXLLF かつて MAXTOR が配布していたゼロフィルツール。メーカー問わず使用できる。DOS 用実行ファイルのみ。

DESTROY DOS ベースのデータ完全削除・ゼロフィルソフト。ゼロの他各種アルゴリズムでHDD全体を上書きする。DOS用実行ファイルのみ。

DBAN ゼロフィルというよりセキュリティの為のデータ完全削除ソフト。ゼロの他各種アルゴリズムでHDD全体或いは特定のパーティションを上書きする。ソフトはLinuxベースでFD・USBメモリかCDを焼いたものから起動する。FD・USBメモリにシステムを転送する実行ファイルかISOイメージがダウンロード出来る。

Windows 用


HDD Low Level Format Tool
HDD Wipe Tool Windows 2000/XP/2003 上で動作するゼロフィルツール。SATA の他 SCSI・USB・Firewire 接続の HDD に対応。256TiB のディスクまで対応可能。インストーラー形式。

ExamDisk Windows 上で動作するアライメント対応のパーティション作成ソフト。パーティション削除・作成の他、ディスク全体へのリードテスト・ゼロフィルとS.M.A.R.T.ステータスの簡易表示、システムが 2TiB 超えに対応可能か判定も出来る。インストール不要の実行ファイル。

Disk Formatter Buffalo が配布している NTFS 非対応のフォーマットツール。Windows 上で動作し Windows 上で認識できるデバイスは大体対応している。「物理フォーマット」 ボタンを押すとゼロフィルが可能。インストーラー形式。



パーティションコピー関連

  • 環境の移行に使用する

Seagate DiscWizard Acronis True Image の OEM でコピー元あるいはコピー先が Seagate・Maxtor・Quantam の HDD・SSD の場合に使用できる。

MaxBlast 5 Acronis True Image の OEM でコピー元あるいはコピー先が Maxtor・Quantam の HDD・SSD の場合に使用できる。

Acronis True Image WD Edition Acronis True Image の OEM でコピー元あるいはコピー先が WD の HDD・SSD の場合に使用できる。パーティションアライメント対応。

Partition Wizard Home Edition 各種パーティション操作が可能なソフト。Windows 版の他にブータブルCD版もある。Windows用インストーラーかISOイメージがダウンロード出来る。

Gnome Partition Editor フリーのパーティション操作ソフト。


パーティションアライメント関連

  • AFT の HDD、SSD、RAID ボリュームで使用する。

WD Align Windows - Powered by Acronis
Windows 32 bit OS: WD Align System Utility - Powered by Paragon
Windows 64 bit OS: WD Align System Utility - Powered by Paragon いずれも WD の AFT の HDD に使用できるアライメントツール。「WD Align Windows - Powered by Acronis」は Windows 上でも実行できる他、アライメント調整を行うブータブル CD も作成可能。「WD Align System Utility - Powered by Paragon」は Windows 上で動作するアライメントツールで 32bit 版と 64bit 版は別のバイナリに分かれておりインストーラー形式。WD はこの他アライメント調整に対応したパーティションバックアップツールの 「Acronis True Image WD Edition」で HDD イメージをバックアップして書き戻す方法も紹介している。

Hitachi Align Tool HGST の HDD 専用。Acronis の OEM でインストーラー形式。Windows 上での調整の他、ブータブル CD を作成してそこからアライメント調整もできる。

ExamDisk Windows 上で動作するアライメント対応のパーティション作成ソフト。パーティション削除・作成の他、ディスク全体へのリードテスト・ゼロフィルとS.M.A.R.T.ステータスの簡易表示も出来、システムが 2TiB 超えに対応可能か表示される。インストール不要の実行ファイル。



ベンチマーク関連

  • HDD や SSD のパフォーマンスを計測する。

ClystalDiskMark Windows 対応のベンチマークソフトだが、以下のような問題がある。
  1. 最大でもディスク全体の内たった 4GB の領域にしかテストが行われない。しかもデフォルトの設定ではたった 1GB の領域にしかテストされない。更にどのアドレスに対してテストが行われるかは完全にランダム。
  2. テストはファイルシステム上で行われる為、スコアはファイルシステムの種類や使用状況に大きく左右されてしまう。
  3. テストはシーケンシャル・512KB・4KB の三種類しか行われず、体感速度を反映するリード・ライトやブロックサイズ混合のテストは不可能。
  4. サーバー用ソフトウェアでしか意味が無い NCQ 有効のスコアが堂々と表示されている。
以上の理由から 不確定要素が大きすぎ、HDD や SSD 本来の性能を計測することは不可能。このベンチソフトを使ってたり参考にする奴は 100% 低脳で情弱である。
  1. 例えばこのベンチでディスク全域に一つのパーティションをマウントし、ファイルシステム上は空の 5,000rpm の HDD をテストした場合、先頭部分の 1GB だけが計測される可能性が高く、殆どシークが行われないためよりランダムアクセス性能が異常に高いスコアとなる。最悪、より高回転の HDD よりも高スコアになる可能性もある。またシーケンシャルも外周部分だけを計測するので最大値のみが表示される。だが現実には 5,000rpm の HDD はより高回転の HDD にランダムアクセス性能で勝つ事は構造的に不可能であり、また HDD の構造上内周になるほどシーケンシャル性能は落ちる。
  2. SSD を計測した場合にも、実使用時の快適さを反映するリード・ライトやブロックサイズ混合のテストは不可能かつ NCQ で大幅にスコアアップする SSD もあるので全く参考にならない。
このベンチマークソフト本来の使用法はあくまで全く同一のハードウェア環境でファイルシステムの種類やパーティションの切り方といったソフト面の環境による性能差を知る事であって、 ハードウェアの性能を計測する事は不可能。



S.M.A.R.T.関連

  • S.M.A.R.T.ステータス・温度の確認や S.M.A.R.T.セルフテストを行う。

HDDScan Windows 上で動作する S.M.A.R.T. ステータス・温度確認ソフト。全部ではないが SCSI や RAID、USB/Firewire 接続の HDD、メモリーカードにも対応している。AAM、APM の設定や S.M.A.R.T. セルフテストの実行も可能。インストール不要の実行ファイル。



データ復旧関連

  • ファイル単位、パーティション単位で復元するものがある。

Windows 用


Partition Find and Mount Windows 2000/XP/2003 上で動作するパーティション復元ソフト。インストーラー形式。



その他