※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


101愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 20:43:58.25 ID:rAy5h94O0
>>92
絵師さんは大募集なんだから。
いっぱいきて困ることなんてないんだよ?

君よりへたれな私が言うんだから、たぶんまちがいはないはず

102愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 20:47:52.46 ID:YnFsOnIeO
>>101
それが馴れ合い

103愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:01:04.01 ID:onY9f6vpO
あら?
いつのまにか鬱デレスレ立ってるじゃん

ほしゅ?

104愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:02:37.31 ID:Sm11Td0cO
>>94
絵を描いた本人がそれを貶めてどうする馬鹿が。

105愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:14:28.21 ID:Ll1j3zWX0
>>92
PCで見られるトコにうpしてくれ

106愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:23:58.01 ID:PIRWIX5aO
>>104

そうですよね…自信持っていこうと思います

>>105

http://imepita.jp/20070218/768060

見れますか?

107愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:30:29.68 ID:uAeMLW3r0
>>106
評価するのは貴方ではない。

ていうか、うめぇww

108愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:31:10.90 ID:vV3r2F1p0
>>106
か、かわええwwwww

109愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:37:56.38 ID:Bi1I9q790
今週も出遅れたわけだがさぁ書くか
>>206
かわえぇ…

110愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:40:24.19 ID:YnFsOnIeO
>>106
GJ~このスレに定住よろw

111愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:44:17.40 ID:Bi1I9q790
>>110->>112
( ゚д゚ )

112愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:47:55.82 ID:Sm11Td0cO
>>106
あ、言っとくが俺はあんたの絵上手いと思うぞ。
その訳の分からん自虐にイラっときただけで。

113愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 21:48:54.93 ID:YnFsOnIeO
すまんな、俺はツンry…
ひねくれ者なんですぐ悪態ついちまうんでな

114愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 22:00:02.18 ID:PIRWIX5aO
ちょ、目から涙的なのが溢れて・・・

本当、自虐的ですいませんでした

これから時々うpしていこうと思います

115愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 22:39:51.71 ID:Ll1j3zWX0
>>106
thx

116愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 22:50:45.06 ID:wpg2nAkb0
投下が減ったところで再び俺が

【ロードローラー】
鬱「だっ」
男「うん、最近お前たまにおかしいよね?」
鬱「明るくなったと言って欲しいよね」
男「すんません」
鬱「私だってね、明るく振舞おうとしてるときくらいあったの」
男「ほう」
鬱「でもね。誰も気付いてくれないの」
男「…」
鬱「だから私はまた自信をなくして、閉じこもるの」
男「…いや、何か、久々にまじでごめん」
鬱「君はいいの」
男「お?」
鬱「一応、変だってことは分かってくれたから」
男「…やっぱ今日変だわお前」

保守、と

117愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 23:04:00.53 ID:ev8yADyVO
昔は普通の子だったけど、とあることから心に傷を負って鬱になったみたいな設定はどうだろう?

118愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 23:07:54.20 ID:yCbWteLz0
>>117
逆に、生まれた時から鬱な子なんているか?
さあ、存分にやるんだぜ!

119バレンタイン 自虐 1/2 :2007/02/18(日) 23:10:06.21 ID:hUi8A4Vw0

お店の中には、可愛くて、お洒落なチョコレートがたくさん並んでいました。
まん丸なトリュフ、レンガみたいな生チョコ、アソートもかわいいし・・・、
あっ、白いプレートを抱えたおっきな熊さん、かわいい、これ、ホントにかわいい!

私の両手からはみ出しそうな大きな熊さんのチョコレートです。
これにしようかな? 値段を見ると・・・1890円、ちょっと高いのかな?

あんまり安いのも失礼だと思うし、変に高いと・・・その・・・ほっ本命ちょことか、
露骨すぎるのもどうかと思うし、気持ちが伝われば・・・それでいいんだけど。
気持ち・・・気持ち・・・気持ちって・・・、すっすきってこと? (////)
やだ、そんなの・・・、違うよ、ちがう・・・その、違わないけどちがうよぉ!

「あれっ、鬱さん?」
えっ誰っ? チョコレートに気を取られていた私を呼ぶ声が聞こえました。
「やっぱりそうだ、悪い所で出くわしちゃったかな?」
「いいんちょ・・・、あっごめんなさい・・・」
「委員長でいいよ、慣れてるから」
そういって委員長はやさしく微笑んでいます。
腕に引っ掛けた丈の長いパーカーと買い物カゴ、中には、小さなアソートチョコが四つと、少し高そうなチョコが一つ。
「バレンタインのお買い物ですか? ですよね」
「うん、義理チョコ、女子部員一同よりってね」
「えと、じゃあ、あの、その」
「ざんねん、こっちは、いつもご指導ありがとうございます。女子部員一同より、かな?」
私の視線を追いかけると、委員長はにっこり笑ってそう言いました。
「鬱さんは・・・」
委員長の目が悪戯っぽく光りました。


120バレンタイン 自虐 2/2 :2007/02/18(日) 23:10:43.58 ID:hUi8A4Vw0

ちょっと高めのチョコのコーナーで、手に持ったチョコを真剣に睨んでたあたしって、
その・・・バレバレですか? あっニヤニヤしてる・・・、
そんな目で見ないでください。もお、ハズカシイよぅ。
だめっ、顔が熱くなって、もう何処かに隠れしまいたいくらいです。

「あはは、ごめん、ごめん、誰にも言わないから安心して・・・ね。
 それに、チョコあげる人がいるって、きっと幸せなことだと思うよ。がんばってね!」
やさしく微笑みながら励ましてくれる委員長は、少しだけ寂しそうな目をしていました。
「ありがと、あたし、がんばってみるね」
がんばるよ、励ましてくれた委員長の分まで、私はそう心に誓いました!

それから、二人でレジにならんで、ラッピングとリボンを選んで・・・。
「メッセージカードは、どうなさいますか?」
えっ、メッセージ? うんっ、あたしがんばるって決めたもんっ!
「じゃあ、あのっ、そのっ「すきです」って書いて下さい」(////)
「お客様?、サービスでお付けするメッセージカードの色を、この4色の中からお選びいただけますか?」

えっ・・・もおやだ


121愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 23:13:09.51 ID:ev8yADyVO
>>117
ごめん俺は保守しかできない(´・ω・`)

122愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 23:14:52.02 ID:ev8yADyVO
>>117じゃねえや>>118

>>119-120
邪魔してスマン

123愛のVIP戦士 :2007/02/18(日) 23:39:15.13 ID:wpg2nAkb0
>>120 GJ!
そういえば昔は父親に虐待されてる設定があったよな…書いてくるノシ

124愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 00:04:49.13 ID:I5pDINUm0
落ちるのが早いな…

【雷】
ガラガラピッシャーン
鬱「キャー」
男「棒読みで叫ぶな。怖くないならそのままでいいんだよ」
鬱「怖がる方が可愛くない?」
男「可愛い云々より、怖くないんだろ?」
鬱「いつも一人だったからね。
  誰にも甘えられないのに怖がる意味なんて、ない」
男「…すまん、嫌な記憶に触れた」
鬱「…」
男「鬱、俺はワーキャー騒ぐような女より、お前みたいな静かなのが好きだぞ」
鬱「あんた承太郎さんですか」
男「…」

125愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 00:06:53.02 ID:IZwSz2dH0
鬱「…眠い」(睡眠薬が効いてきたらしい)
男「じゃぁ寝れば?」
鬱「男は?寝ないの?」
男「俺はまだ眠くないし…」
鬱「どうせ私なんか薬飲まないと眠くなんないもん・・・」(じわ…)
男 無言で鬱に腕枕

126愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 00:23:01.16 ID:IaFLTQUAO


127愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 00:32:26.82 ID:ckzoojlBO
最近女さんを見ないなぁ

128愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 01:02:11.28 ID:QUCKxnFk0
ほすほす

129愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 01:28:46.44 ID:qY1q0ExGO
鬱「……ほちゅ」

130愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 01:32:26.27 ID:QUCKxnFk0
今夜は動けそうもない。誰か、いないかな……

131愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 01:35:55.50 ID:IaFLTQUAO
寝る前の保守

1321/3 :2007/02/19(月) 01:39:29.12 ID:g8Pj/RLO0
-BitterSweetRains-

 別に約束や何かがあったわけではない。
だからこの土手の道を私が一人で行こうと、気にする者は誰も居ない。
ただ、帰り道が一緒だっただけ。その縁で何回か一緒に帰ったことがあるだけ。
たった、それだけ。
私は図書館で、彼は体育館で、各々の放課後を過ごし、下校時刻ギリギリに家路に就く。
今日も、そうしたいつもと変わらない一日。
淡く濁った水面を揺らす風も、深く吸い込むとツンとする冬の匂いも、遠い空も。
何もかもがいつもと変わらない。
そうして私は知らん顔で歩いていく。かじかんだ両手をコートのポケットに突っ込んで。
気付いているはずの理由に目を背けて、関係ないのだと割り切って。
けれど、
「先輩っ!」
白い息、
上下する肩、
何をそんなに急いでこんな寒い中走ってきたのか。
けれど、果たして彼はやってきた。

1332/3 :2007/02/19(月) 01:41:02.41 ID:g8Pj/RLO0
「……こんにちわ」
彼は私の前までやってきて立ち止まり息を整え、ほんの少しだけ上気した顔で、
「今はもう『こんばんわ』の時間ですよ、先輩」
と笑って返した。私が知っているよりほんの少し元気の無い笑顔で。
「……どうして走ってきたの?」
そう尋ねると、
「えっと…誰か、誰かと一緒に帰りたくて……それで、先輩が見えて…」
「そう…なら行こっか」
私たち二人は見慣れた帰り道を歩いていくけれど、
いつも冗談を言って私を笑わせようとする彼が、今日は余り話さないから。
盗み見た彼の目元が僅かに赤くなっていたから。
ああ、やっぱりいつもとは違うんだな、って思った。
「先輩。俺、実は今日タメの奴に告ったんすけど…フラれました。なんか、好きな人がいるからって……」
「…………」
「……すんません。いきなりこんな事言われても、迷惑ですよね」
何言ってんだろ俺、と自虐的に彼は苦笑した。
そんな無理に笑顔を作らなくても良いのに、なんて意地の悪い事を考えてしまうのは八つ当たりなんだろう、多分。

1343/3 :2007/02/19(月) 01:43:41.37 ID:g8Pj/RLO0
 バス停に着くと、バスは丁度数分前に出てしまったばかりだった。
「走れば良かったですね」
「……ちょっと分かるなぁ」
「え、何ですか?」
「なんか…私も最近、今日の君みたいな感じだったから、ちょっとだけ君の気持ちが分かるかもなぁって」
「……はは、すんません」
ベンチに並んで座ってバスを待つ。いつしか降り始めた雨が屋根を叩く。
雪になれずに、でも冷たい、出来損ないの雨。
「先輩、世の中って…うまくいかないもんですね」
「そうだね」
「好きになる相手を選べたら、良かったんですけどね…」
そう寂しげに呟いた彼の横顔は薄氷で作ったグラスの様で。
そんな脆く儚い唇から『先輩を好きになればよかった』なんて言葉が零れないかと一瞬期待したけれど、
そんなことはなくて。
やっぱり世の中ってうまくいかないもんだな、と思い、彼の左手に私の右手を重ねた。
「君の手、あったかい」
二つの平行線。だからいつもと違う今だけは手を繋がせて。

fin


ちょうぶんぺい

135愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:08:34.27 ID:IaFLTQUAO
もう一回ほ

>>132-134
男が後輩なのは新しいな

136愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:09:43.24 ID:qY1q0ExGO
>>134
鬱が先輩で一方通行の恋か
今までにないパターンだな
萌えたぜGJ

だが最近鬱がメンヘラやらただの恋する乙女だぞ


137愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:11:29.35 ID:I5pDINUm0
>>136
俺も一応書いてるんだが、どんなのが純性の鬱なんだ?

【火事】
男「あんた委員長の仕事大変じゃないか? 手伝うよ」
鬱「いいの。どうせ対岸の火事でしょう?」
男「まぁその通りだが、対岸だろうが関係ないだろ?
  あんたを手伝いたいんだよ」
鬱「…わざわざ火事に巻き込まれるの?」
男「自分でそれを望むならな。人助けはしたい」
鬱「…(スッ」窓の外を指す
男「ん?(クルリ)何だよ…!」
鬱「あら大変ね、向こうの家が火事だわ」
男「…」
鬱「いってらっしゃい(ポン」

138愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:18:11.07 ID:ckzoojlBO
いわゆる一般の純愛は片方の願望で話が流れてる
ケースが多くてそういうのは駄目だと思う。
鬱ってのは心の病でキチガイでは無い
それに大半の人が一度は経験する病気だからわざわざキャラ
を変にする必要も無いと思う。

ちなみに韓国ドラマやセカチューなどは女性の願望を書いた純愛
萌え系などは男性の願望を書いた純愛

139愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:23:49.99 ID:qY1q0ExGO
>>137
テンプレくらい嫁よ…

140愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:38:05.83 ID:I5pDINUm0
>>138 参考にする。
>>139 読んでるんだがどうも差別化できてない気がするんだ。

【星占い】
男「星占いでは、それぞれの惑星と星座の関係が決められてるんだ」
鬱「へぇ~」
男「例えば太陽宮、つまり普通『自分の星座』って風に呼ぶ星座だと、
  獅子座あたりがいいのかな」
鬱「…」
 (私、獅子座じゃない。だからこんな風に暗い子に育っていずれ男君にも
  嫌われちゃうんだ…)
男「鬱…?」
鬱「…もう死んでやるっ!(ダッ」
男「おいっ!?」

テンプレの二つ目のキャラだとこんなんでもよさそうだしな、
文の善し悪しは別として。

141134 :2007/02/19(月) 02:42:16.03 ID:g8Pj/RLO0
>>135>>136
ありがとうございます。
今回はちょっと実験気味に。
表面的な部分をなるべくライトに見せて、思考や言い回しを重くすることで、
文全体を通して鬱を表現出来ないかな、と思って。
萌え萌えな感じは他に匠がかなりいらっしゃるのでw
『先輩好き』の戯言でした。

ほす

142愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 02:48:14.46 ID:qY1q0ExGO
>>140
おまいさんの鬱を否定している訳じゃないんだ
ただ俺が初代とかの空気が好きな懐古厨なだけだから気にするな

ところでおまいさんは「ガチレズ」で鬱デレ楽しみと言ってた人かな?

143愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 03:01:57.86 ID:I5pDINUm0
>>142 それだ。
    さらに言えば、先週長いのを(保守代わり含め)五編ほど投下した馬鹿だ。

【すべてが鬱になる】
鬱「外に出るのが嫌。
  息をするのも面倒。
  植木に水をやるのだって嫌々。
  朝起きるのも疲れる。
  夜寝ることさえ鬱になるの」
男「でも俺に電話かけてくるのは面倒じゃないんだな」
鬱「面倒よ。外出して自販でジュース買ってくるくらい面倒」
男「相変わらずだな」
鬱「…じゃあ何で掛けてくるのかって聞かないの?」
男「『面倒でもあなたの声が聞きたいから』~」
鬱「!」
男「うしゃしゃしゃしゃ」

鬱度を上げてはみたが。

144愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 03:14:41.84 ID:qY1q0ExGO
>>143
「ガチレズ」…長いよな、ガンガレよ
向こうのおまいさんは最高だぜ

鬱度高めのが俺は好きみたいだな

1451/2くらい :2007/02/19(月) 03:26:12.41 ID:PYnFO+gqO
男「お~い、鬱!」
鬱「あっ…男君……おはよう」
男「おはよう鬱。そうそう、昨日貰った手作りプリン、スッゲェ美味かったよ」
鬱「……ホント!?」
男「ああ、毎日でも食べたいくらいだよw」

次の日
鬱「あの…男君……」
男「あっ、プリン!本当に作ってくれたのか!?」
プルッ ツルン トロリ
男「うん!美味いよ鬱!」
鬱「……////」

次の日
鬱「あの…男君……」
男「えっ?今日も!?」

次の日
鬱「その…プリン……」
男「あ…ああ、ありがとう」

次の日
鬱「男君…プリン……」
男「うん…美味しいよ……」

次の日
鬱「プリン………」
男「あの…鬱………」
鬱「…?」

1462/2かも :2007/02/19(月) 03:27:10.94 ID:PYnFO+gqO
男「その…作ってくれるのはスッゲェ嬉しいんだけど……流石に毎日は…………」
鬱「…嫌?いらない?必要ない?」
男「いや、そうじゃなくって…」
鬱「美味しくなかった?やっぱり…そうだよね私の作ったプリンなんて不味くていらないよねこんなに作って迷惑だったよね………」
男「鬱…だから違うって」
鬱「ごめんねごめんねごめんねいらないよね私なんかいらないよね迷惑だよねごめんね」
男「…鬱ッ!」
鬱「…ビクッ!」
男「その…なんだ…」
男「次は…イチゴ味とかチョコ味とかがいいな」
鬱「男君………」
男「毎日毎日カスタードだったら飽きちゃうだろ?」
鬱「……うん!」

一週間後
鬱「今日は…キムチ味……」
男「(;'A`)」


おしまひ

147愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 03:33:34.61 ID:I5pDINUm0
>>146
GJ やっぱプリンだよな。
>>144
サンクス。しかしこっちに投下したやつのが気合い入ってたんだが…
次のは鬱度を上げてみよう。

【無茶】
男「…なぁ」
鬱「黙って」
男「…なぁって」
鬱「黙ってって」
男「見てられるかよ! お前…二スレ同時なんて無理だって!」
鬱「それでも、やらないと…私、これしてないと死んじゃうし…ね?(キラーン」
男「(爽やか!)…じゃねぇよ! お前な、いい加減にしないと…死んでる?」

うん、殺してはいいもくそもないもんだな。

148愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 03:41:04.87 ID:qY1q0ExGO
>>147
気合いはこっちかよ本当鬱デレ好きだなおまいさん
そこはティウンティウンしてくれよwwwww
>>146
プリンだなやっぱ
GJwwwwwww


149愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 03:59:28.66 ID:I5pDINUm0
>>148 しかも夜女スレを見ると…!
    そういやあんたは書かないのか?

【夜女】
鬱「私ね、夜しか起きてられないの」
男「またこいつは変な影響を受けよってからに…」
鬱「だから朝日が昇ると眠るのよ」
男「…」
鬱「学校にも行けないし」
男「…」
鬱「夜中のなんて怖いからバイトもできない」
男「…」
鬱「さらに言えば怖いから家から出られな 男「それただお前に都合いいだけだろ」

保守っ

150愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:25:29.21 ID:QUCKxnFk0
静かに、なったな……そろそろ出番かな

151愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:40:19.84 ID:5coyN6B/O
放課後の教室にて――
男「鬱、一番好きなモノって何?」
鬱「?…………ぷりん」
男「そ、そっか(「男君」とか言って欲しかったな…自惚れ過ぎかwwwww)」
鬱「……違うの」
男「え?」
鬱「一番大好きで大切なのは男君。でも男君はモノじゃないから」
男「…か、顔に出てた?」
鬱「割りと」
男「/////」
鬱「…………///」

やまなし
おちなし
いみもなし
保守

152愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:40:26.62 ID:QUCKxnFk0
腰が痛いから、長くは無理だが……まぁ、深く考えずに援護する。


鬱「……またか」
男「ん、どうかしたか?」
鬱「別に。関係無いでしょ」
男「おいおい、一応、クラスメイトだろ」
鬱「……さよなら。また明日ね」
男「冷たいな。友達無くすぞ」
鬱「……靴の紐が切れたの。それだけ。じゃあね」
男「そういや、いっつもスニーカーだよな。学校指定の革靴はどうしたんだ?」
鬱「……関係無いでしょ」
男「気になっただけだよ。いきなり邪険にする事も無いだろうに。ていうか、それで帰るのか?」
鬱「他にどうしようもないもの。って、なんで付いてくるの?」
男「道が一緒なんだよ。知らなかったのか?」
鬱「……先に行く」
男「その靴でか?」
鬱「放っといてよ!」
男「──すまん」
鬱「ごめんね。面倒臭いの、嫌なの」
男「そういう問題かよ。まあいいや。じゃ、俺こっちだから」
鬱「……ああ、もう……なんで、こうなるの」


 てきとうにほすほす

153愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:40:50.96 ID:QUCKxnFk0
かぶったかw

154愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:56:04.59 ID:QUCKxnFk0
まあいいか。


鬱「……もう、紐切るのも飽きたか」
男「やっぱり、だれかの悪戯だったのか?」
鬱「……」
男「いや、悪かった。立ち聞きする気は無かったんだけどさ。なんかいっつも、ひょこひょこ歩いて登校したりしてたし」
鬱「そう。さぞや、ヘンな子に見えたでしょうね」
男「足でも悪くしてるのかと思ったよ。んで、なんで紐靴にこだわるんだ? 他にも色々あるだろ?」
鬱「……関係無い。巻き込んだら、面倒だし」
男「相変わらずだなぁ。でも一応、クラスメイトとして放っとけないだろ」
鬱「そういうの、とってもウザッたい」
男「そうかい。俺もそう思うよ」
鬱「……スニーカーにしてるのは、これが一番安いから。革靴は、もう履けないから」
男「ほう、なんでまた?」
鬱「……履けなくなったものはしょうがない。もういいでしょ?」
男「言いたくないんだな」
鬱「さようなら」
男「また明日な」
鬱「……私の事なんか、何も解ってないくせに」
男「?」
鬱「……」


 単なる嫌な女の子になりつつある。萌えるのかな、これって。ほすほす

155愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 04:57:06.44 ID:5coyN6B/O
あ、すまん。
俺書くの遅いしネタもないから任せた

156愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 05:08:34.23 ID:QUCKxnFk0
や、結構。ていうか、私もあまり長居は……まあいいか。


男「やっぱさぁ、何かしらのいじめでもあるのか?」
鬱「……そういう言い方、あんまり本人の前でするものじゃないと思う」
男「悪い。今度から気を遣おう。で、どうなの?」
鬱「否定はしない。けど、もう慣れた。相手にしなければ、その内消えるレベルだと思うよ」
男「へぇ。今までどんなことされたんだ?」
鬱「……それを、言わせる気?」
男「御自由に」
鬱「癪に障る言い方。そういうの、大嫌い」
男「ゴメンとしか言えん」
鬱「……言えば楽になるって言うけど、言ったら思い出すだけじゃない。そんなの、逆効果よ」
男「そんなもんなのか?」
鬱「……ごちそうさま」
男「もう食べないの?」
鬱「食欲無くなった。一食くらい抜いても、大丈夫でしょ」
男「……」
鬱「たいした事じゃない。私が全部悪いの。それだけ解ってればいいわ。じゃ、教室でね」
男「……さっぱりわからん」


 てきとうにほすほす。

157愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 05:23:43.27 ID:QUCKxnFk0
やはり、胃腸が弱ってる所為かな……ううむ。


男「よ、一緒帰ろうぜ」
鬱「……勝手にすれば」
男「勝手にするよ。ったく、相変わらずだな」
鬱「嫌なら、やめればいいのに」
男「なんだかんだで返事してくれるしな。それほど腐っちゃいないんだろ」
鬱「どうでもいいよ。どうせ……」
男「なんでそんな後ろ向きなんだよ。俺は、いじめっ子になったりはしないぞ」
鬱「……笑えない」
男「悪い」
鬱「いいわ。貴方がそういうことしないのは、わかるもの」
男「お、少しは買ってくれてるわけか」
鬱「いじめじゃないから。これは単なる、イヤガラセだもの」
男「……なんでまた、そんなヒマな事するんだ?」
鬱「ヒマだから、なんじゃない? どうでもいい」
男「言いたくないなら、別にいいけどな。思い出すのは面倒なんだろ」
鬱「……私をからかって、楽しい?」
男「そんなんじゃねえって。ったく……あ、そういやさ。来週、誕生日なんだってな」
鬱「誰から聞いたの?」
男「友達にそういうの詳しい奴が居てな。耳かっぽじってよく聞いてきた」
鬱「……それで? シャンパンでも開けてくれるの?」
男「高校生だよな。俺ら」
鬱「……言ってみただけよ」
男「な、デートしないか? 日曜空いてれば、だけど」
鬱「……貴方の考える事が、ときどき解らないわ」


 てきとうにほすほす

158愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 05:41:09.97 ID:QUCKxnFk0
鬱「……」
男「いやぁ、話題のホラーなんていうから、どんなおぞましいモンかと思ったら、見るからに作り物だったな」
鬱「夢の欠片もなかったね。そこがいいんでしょ、多分」
男「楽しんでくれたかな?」
鬱「それなりにね……ホラーで楽しむのは、正しいのかな」
男「映画ってのは、そういうもんじゃないのか」
鬱「……どうでもいい」
男「またそれだ。たまには、おもいっきり映画批判とかしてみようぜ」
鬱「本当、どうでもいいから」
男「十七歳が聞いて呆れるぜ。なんか、枯れてるぞお前」
鬱「……そう。貴方は少し、ヘンだと思うわ」
男「だろうな。お、アイス売ってる。ちょっと買ってくる。何がいい?」
鬱「……ラムレーズン」

 ・ ・ ・

男「あ、そうだ。昨日の内に買っといたんだけどさ。はい、これ」
鬱「……靴?」
男「一応、サイズは聞いてるけど……あってるよな?」
鬱「……なにこれ」
男「誕生日だろ。それでデートつったら、やっぱりプレゼントしなきゃな。それとも、気に食わなかったか?」
鬱「……ありがとう。大切に飾っておくわ」
男「いや、履けよ。靴ってのは飾るもんじゃないだろ」
鬱「飾っておくわ。大切に」
男「……そうか」
鬱「ええ。プレゼントなんて、久し振り……」


 てきとうにほすほす。つらくなってきたかな。

159愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 05:57:04.15 ID:I5pDINUm0
手伝おうかね。小ネタしか出ないが

【ガチ鬱】
男「あのさ…」
鬱「…(パチッ」
男「まずは練炭を隔離、と」
鬱「…(シュルル」
男「次はロープを切って」
鬱「…(カチカチ」
男「カッターの刃も抜く」
鬱「…」
男「特注の巨大電子レンジのコンセントも抜いて」
鬱「…(ドシーン」
男「窓も強化ガラスにかえてみました」
鬱「…どうしてこんなに邪魔ばっかするのっ!」
男「お前が好きだからに決まってんだろ!
  って何で青ざめる? 赤くなれよせめてさ」
鬱「もう、死にたい…帰って…」
男「何言っても鬱になんのかい…」

160愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 06:05:26.69 ID:QUCKxnFk0
男「おはようさん」
鬱「……おはよう」
男「やっぱり、いつものスニーカーなんだな」
鬱「学校に、あんな靴、履いて来れないもの」
男「似合うと思ったんだが……」
鬱「……もう、こういうの辞めにしましょう」
男「は? いきなり、どうしたよ?」
鬱「つまらない。こんなことしてたって、貴方が私を解ってくれる事なんて、絶対にないもの」
男「おいおい、朝から無茶いわんでくれ。だいたい、解るも何も、言わなきゃ解らんだろ」
鬱「そうね。言う気が無いものね……そう、貴方みたいな人が、一年くらい前も居たよ。その時は、色々話したけど……」
男「そいつはどうなったんだ?」
鬱「案外、あっさり離れて行ってくれたわ。でも、その人の恋人はそう思わなかったみたいでね。けっこう色々あったわ」
男「まさか、イヤガラセってのは」
鬱「鞄を捨てられたり、靴切り刻まれたり……お弁当にクレンザーがかかってたときは、笑っちゃったわ」
男「それ、けっこう普通じゃないイヤガラセだよな」
鬱「我慢できるレベルだったわ。全部私が悪いって思えば、我慢も出来た。あの人に会ったのも、その恋人にヘンな因縁つけられたのも、私の巡り会わせが悪かっただけ」
男「無茶だな。でも、最近は、もう無いんだろ?」
鬱「そうね。やっと諦めたのかしら。でも、もう二度目はゴメンだわ。だから──」
男「おいおい、本気で言ってるのか?」
鬱「もう放っといて。私はひとりでいいの。どうせ壊れる関係なら、はじめから無い方が楽じゃない!」
男「……あのさ」
鬱「……」
男「どうして、せっかく知り合ったそいつを直ぐに突き放したんだ?」
鬱「……知らない。面倒だっただけよ。そのまま友達を続けてたら……恋人に悪いって」
男「俺、彼女なんかいないぞ。好きな女の子ならいるけど」
鬱「もう、どうでもいい」
男「俺は、まだお前の友達、続けたいんだけどな」
鬱「……勝手にすればいいわ。私も、そんなに嫌じゃないし」

 おすまい

161愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 06:06:25.14 ID:QUCKxnFk0
助かる。といいたいが。そろそろ腰が限界だ。丁度時間だしな。

毎度グダグダで申し訳ないが、これで失礼するよ。

162愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 06:42:07.82 ID:5coyN6B/O
>>161
お疲れ

163愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 06:48:30.76 ID:ckzoojlBO
>>159
ちょwガチメンヘラww

164愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 08:05:12.91 ID:I5pDINUm0
いかん眠れない。保守でもしよう。

【優しい鬱】
男「あっ…」
鬱「はい。消しゴム落ちたよ」
男「あ、悪いね」
鬱「ううん、私このくらいしか利用価値ないから!」
男「…」

鬱「あ、重そうだね、手伝おうか?」
男「お、悪いな」
鬱「ううん、人の手伝いが私の生存理由の全てだから!」
男「…」

鬱「ジュース買ってこようか?」
男「お、悪い」
鬱「ううん、パシリをやらない私なんて死んだ方がましだから!」
男「…。
  もしかして『ありがとう』って言って欲しいだけなのか?」
鬱「何言ってるのかわからないんだよー」

165愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 08:46:43.32 ID:5coyN6B/O
保守

166愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 08:53:39.62 ID:SiVf9c5wO
メンヘラは鬱デレとは違うだろwwwwww

167愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 09:00:29.75 ID:IaFLTQUAO
テスト中に保守

何やってんだ俺/^o^\

168愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 10:07:43.61 ID:DL+kScO50
書きたいけど書けない保守orz

169愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 10:46:31.17 ID:DL+kScO50
保守

170愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 11:59:33.61 ID:3e38gn5mO
保守

171愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 13:08:52.07 ID:qY1q0ExGO


172愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 13:35:12.40 ID:qY1q0ExGO
鬱「……鬱やわ」
男「…自分で鬱ゆうたら鬱ちゃうやろ」
鬱「…せやな」
男「おまいさんはおまいさんらしくいたらいいんじゃけぇ」
鬱「…そか」
男「そうじゃ」
鬱「…はぁ」


173愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 14:24:52.71 ID:IaFLTQUAO


174愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 15:03:30.94 ID:9oHo/96UO
鬱デレこんなに続いてたのかwwwwwwww
2スレ目まで見てて色々投下してたのが懐かしいwwwwwwww

175愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 15:28:50.51 ID:I5pDINUm0
俺が小ネタ書くとどうしてもただのメンヘラになるな…
鬱デレキャラってやさぐるまの兄貴くらいしか知らんからなぁ

【症状A】
トゥルルルルル トゥルルルルル カチャ
男「もしもし、鬱? どうした、もう深夜二時だぞ?」
鬱「ご、ごめん、迷惑だよね…」
男「まぁどうせ起きてる時間だしな。気にすんな」
鬱「ほんとに?」
男「ほんとだ。お前の声が聞けるならいつでも起きててやるよ」
鬱「…ありがと。じゃあ、バイバイ」
男「へ? もう?」
鬱「うん、声聞きたかっただけだから」
男「おー、大分俺達も恋人同士らしくなってきたな」
鬱「…馬鹿。また明日ね」

1時間後
鬱「眠れないから泊まりにきたんだけど…」
男「…まぁ上がれ」

さらに一時間後
鬱「眠れないから一緒の寝よう?」
男「ん」

さらにさらに
鬱「眠れないから一回やらな…」
男「駄目だ!」

1スレ目見直してくるか…

176愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 16:27:41.38 ID:DL+kScO50
ほっしゅ

177愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 17:28:14.47 ID:DL+kScO50
のっくあうとぼいす聞きつつ保守

178愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 17:28:51.93 ID:GvzVnQkT0
http://kantei.am/6803/

179愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 17:51:53.16 ID:vD+ntKza0
鬱とメンヘラの違いがわからない。
まぁなんにしろ、定義づけたら駄目だとは思うが。

180愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 18:02:54.02 ID:ckzoojlBO
メンヘラはウザイ
ニュアンスなもんだから説明しずらいが分からん奴は
出直して欲しい

181愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 18:03:30.08 ID:GvzVnQkT0
http://kantei.am/6803/

182愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 18:34:06.32 ID:m8b5k3XR0
ほらよ
http://ex17.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1171877568/l50

183愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 18:54:58.60 ID:V7W2F7S00
個人的なイメージだが、ニュアンスで言うところのメンヘラってのは、不幸自慢で構ってほしいタイプの人間なんじゃないか。
生き死にや自分の存在意義とか、そういう明確な答えのないことを勝手に決め付けて悦に浸るタイプなんだろうと思う。
む、これでは悪口に聞こえてしまうな。

うつ病ってのは、自虐的になったりネガティブになったりふさぎ込んだり、いつも気力50以下の竜崎一矢みたいなのがデフォルトだっけ。

もっとよく調べなきゃな。

184愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 18:59:07.84 ID:IaFLTQUAO
狂った愛情表現をしそうだからメンヘラとかぶるのかもね。

185愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 19:04:32.83 ID:V7W2F7S00
同じモンらしいからね。必ずしも同義ってわけじゃないけど……


→メンタルヘルス

最近はこの略称で呼ばれることが多い。元来の「メンタルヘルス」は「心の健康」という意味である。しかしこの言葉は主に、精神病(鬱病を含む)、神経症(ノイローゼ)、心身症など、さまざまな心の病によって生活に不自由をきたしている人々、あるいはそれらの症状を指す。

現在におけるさまざまな病のうちでも、最も深刻な病のひとつであり、時代が生んだ病気と言えるだろう。


ぐぐってみた。

186愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 19:21:31.53 ID:ckzoojlBO
ここでの「鬱」→いわゆる鬱病
今行ってる「メンヘラ」→2chで言われるキチガイ

187愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 20:18:28.51 ID:qY1q0ExGO
鬱デレっ!!

188愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 21:02:11.15 ID:DL+kScO50
うわああぁん何かしたいのに保守しか出来ないいぃぃぃぃ

189愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 21:40:16.96 ID:AnE7hZaQ0
保守

190愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 21:47:47.22 ID:vD+ntKza0
つまり鬱とメンヘラの差は曖昧で、
個人によるってことでFA?

191愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 21:57:20.10 ID:I5pDINUm0
程度の問題なのかねぇ。

【天使】
鬱「あっ」
男「お、銀のエンゼルじゃん。ついてるな」
鬱「むぅ…」
男「何でそこで落ち込む?」
鬱「銀ってことはあと四枚いるんだよね。
  つまりあと四枚集めろってことだよね。
  則ち私は明日からあと四枚集めろという強迫観念に苛まれて…」
男「んなわけないだろ…銀でも結構当たらないもんなんだぜ、
  単純に幸運だと思えばいいだろ」
鬱「ほんと?」
男「ほんと。俺一枚も当たってないしな」
鬱「つまり私は今男君より運がいいの!?」
男「そうなるかもな」
鬱「~♪」
男「いつも躁だったら人気出そうなものを…」

192愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 22:52:39.05 ID:qY1q0ExGO


193愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 23:20:47.83 ID:qY1q0ExGO
一人なのか?
保守

194愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 23:36:36.99 ID:I5pDINUm0
いるぜ。前回のを反省してあまり書かないようにしてるが。

195愛のVIP戦士 :2007/02/19(月) 23:53:05.65 ID:qY1q0ExGO
>>194
書くんだぜ
此所は鬱デレ書くスレなんだからな

196愛のVIP戦士 :2007/02/20(火) 00:10:46.44 ID:8DyjKZt+0
>>195 実はさっきまで夜女スレで書いてたんだぜ

【素数】
鬱「緊張したときは素数を数えて落ち着くといいよ
                 ハ_ハ
               ('(゚∀゚∩ いいよ! 」
                ヽ  〈
                 ヽヽ_)
男「お前最近…まぁいいや」
鬱「まぁいいの? 私のことなんてその程度…だよね、うん…」
男「鬱」
鬱「死に方考えてリラックスしようとしてるんだから邪魔しないで…」
男「愛してる」
鬱「!」
男「ほら、どうした? 実践だ実践」
鬱「1、2、3、4、7、9…」
男「お約束だな」

197愛のVIP戦士 :2007/02/20(火) 00:14:13.00 ID:WrpdIcMxO
>>196
実は漏れ初代い…いやなんでもない
ワロタwwwwww

198愛のVIP戦士 :2007/02/20(火) 00:39:00.60 ID:8DyjKZt+0
久々にやるか…

【鬱ジョジョ再び2】
鬱「プリン♪ プリン♪」
男「福引きでプリンあたったからってそんな喜ばなくても」
鬱「やっと生きてる意味ってのを実感できた気がする」
男「俺の立場…」
鬱「今の私なら何でもできる気がする」
男「おい? 何を石なんか掴んで…投げたっ!?」
鬱「ガラスのシャワーだっ!」
男「か…かすり傷ひとつ負っていない…!」

鬱「弁償してね?」
男「お前が強い子になってくれて本当に俺は…」

199愛のVIP戦士 :2007/02/20(火) 02:06:09.20 ID:WrpdIcMxO
保守


200愛のVIP戦士 :2007/02/20(火) 02:46:22.66 ID:WrpdIcMxO