※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5の考察

シナリオライター募集について

脚本家あるいはシナリオライターを募集する際、その企画者は統括以外の兼任を一切持っていないことが多いようである。
個人の勝手な考えだが、私はこの募集に対し、ある不快感を覚えてしまう。
メンバー募集など、サークル活動の一環としての場合を除く。

ストレートに言ってしまえば、企画者は統括兼連絡係でしかない。
本来なら創作活動であるボイスドラマ企画において、一切創作を行っていない人物だと言えるのではないか。
「企画をやりたい気持ち」も「自分が求めているものを創る気持ち」もすべて他者に託すのは、あまりにも自分勝手で都合のよい話ではないのか。

『創作(もしくは二次創作)』を行うのならば、やはり自身も何かを創り出そうとする努力をしてほしい。
求めるならば、最低でも「原案」は企画者がやっていてほしいと思う。
プロット・キャラクター設定など、企画の大筋だけでもあったのなら、それでも十分創作といえると私は考える。

しかし彼女の場合は、事情が少し違う。

  • 実際に城○姫が作成した『薔薇○arisu』原案
+ ...

第2の考察でも述べたが、とにかく誤字脱字が多く、日本語の構造をうまく扱えていないことがうかがえる。
また失礼だが、キャラクターの特徴的なものが、性別がなんとなく分ること以外これといってなく、ストーリー性も突発的に始まる事象が多い割りに流れは淡々とかつ説明的でしかなく、読んでいる側は大変戸惑う。

中学生(仮)である彼女なりの、精一杯の創作だったと思う。
確かにこの文章力では脚本化は難しいと感じ、他者に製作をゆだねたい気持ちになるのもわからなくはない。
しかし『テイルズオブ○アビスボイスドラマ企画』では、完全にシナリオ製作を最初から他者にゆだねていたと思われる記述がある。
  • シナリオライター募集時の応募詳細
+ ...

だが彼女には、もう一つの致命的な欠点があった。



他者との意思の疎通

仮に貴方が彼女とメールなどのやり取りの際、各考察で挙げた例や上記のような文章を送ってこられたらどう感じるだろうか。
私ならこう思う、「色々書いているけど、結局何言いたいのかわからないし、何故か生意気に聞こえる」。

もちろん彼女自身としてはそういうつもりではなく、ただ伝えたいことを一生懸命書いただけなのだろうと思う。
しかし『薔薇○arisu』時の掲示板でも論争があっただけに、実際彼女の発言にはかなりの問題があった。
恐らく本来の意志と結果書かれた文章の相違が、彼女と第三者との間にあってはならない溝を生むことにならざるを得なかったのだろう。

このような状況では、たとえ別に脚本家を迎えても、互いの意思はすれ違うばかりで、とても完成までに至るとは思えない。
それどころか相互に間違った悪い印象を抱き、誤解を生んだままどちらかあるいは両方が離れていく可能性もありうる。
恐らく『薔薇○arisu』の脚本が1話のみしか完成せず、後の企画放置に繋がったのは、上記のことが一因していなくもないだろう。
もちろんサイト管理者であったk○toとの音信不通、また編集者が見つからない、当人自身の気力衰退が原因ということもある。

やはり彼女には、まだ企画を立ち上げるには年齢的にも能力的にも知識的にも、難しいのではないだろうか。



上記で色々述べさせていただいたが、私個人としては完全な「他者との意思の疎通」などはありえないと考えている。
そのような人物は、リアル私生活でも、大きく言えば長い人生の中でも、片手の指の本数が埋まるかどうかさえ難しいのではないかと思う。
それをメールでやり取りするだけの、顔も本名も素性すらも不明な相手だと、なおさら困難である。

だからと言って、『意思の疎通を取ろうとする』行為を怠って良いわけではない。
本当に本気で他者と共に何かを作り上げようと思うのなら、最低限の努力はするべきだと私は考える。
それすら出来ないというのなら、もはや一人だけで創作をやればいい。