年式・モデルチェンジ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TT250R

型式  発売時期
4GY1 1993年4月
008401よりキャブセッティング変更(パーツリストより)
~008400 MJ#142
008401~ MJ#147
4RR1 1995年3月
4RR2 1997年1月

年式毎の特徴

4GY1⇔4RR1、4RR2で大きく前期⇔後期に分けられる
それぞれの相違点は、
  • フロントサスのディメンション・セッティング変更
    • 初期型の方がキャスターが立っている
    • 後期型はフォークオフセットが3mm(?)ほど小さく、トレールが長くなっている。
      • 後期型のステム・トップブリッジを初期型に移植するとハンドリングの安定感が出る(曲がりにくくなるとも言う)
    • フォークカートリッジ、圧側バルブが変更されている(セッティング変更と思われる)
  • フライホイールの重さが初期型は軽く、レスポンスに優れるがエンストしやすい。
  • マフラーが後期型はナンバープレートを避けるように出口がオフセットしている。また、サイドゼッケンカウルとの間にスペーサが追加されており、タンデム時にパッセンジャーがヒールグリップしてもカウルが溶けなくなっている。
  • ブローバイガスの取り回し変更 前期型;クランクケース、後期型:カムカバー
  • クラッチの強化
    • 後期型ではオイルラインの追加、スプリングの強化がされている
    • クラッチ・スプリング部品番号 前期型:90501-23694  後期型:90501-23763 (SUGOのKITはこのスプリング)

  • クランクケースの強化
    • ミッション保持部にリブ追加
  • 後期型からフレームガードが標準装備
    • 後期型純正フレームガードは初期型にポン付け流用不可。初期型にはステーがないため。
  • 後期型からメーターに時計機能追加 
  • インジケータの電球が大きくなり、下側からソケット毎抜ける。 前期型は上のカバーを外す

  •  スイングアーム・ピポットのベアリング変更
    • 前期型はニードルがバラバラになるが、後期型はホルダーで一体型

TT250R Raid

型式  発売時期
4GY3 1994年3月
4GY5 1995年4月
4WA1 1996年3月

年式毎の特徴

  • 4WA1のみスクリーンが標準装備
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。