TRFプレイヤー は~


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

中野TRF 北斗の拳に関連するプレイヤーを紹介
あ行~な行のプレイヤーは以下のページから
TRFプレイヤー



は~

(歯医者の)キワミ

メインキャラはノーマルカラーのサウザー。

ハヤト

元ギルティ勢の中野TRF店員。
メインキャラはトキ。

彼のカオスブレイカーへの顔出しや、K.I氏が店員になった時期はまさにTRF転換期の一つで
北斗の拳の大会が週5という超ペースになり、モヒカン制度が変更された

別ゲーでも、まさかのブレイブルー撤去。変わりにタツカプが入り大会も開かれるように
また旧作も押してきており、前述のカオスブレイカーの基盤を持ち込みからのカオスブレイカー週2大会週5稼動化
ストIV筐体1台故障の穴埋めに、かつての世紀末ゲーム「闘姫伝承」、
元祖クイズギャルゲー「子育てマイエンジェル2」が導入されたりと、とんでもないことになった。

万里

メインキャラはマミヤ。
TRFが北斗動画を定期的にUPし始めた頃にK.Iを打ち破ってたりもする。

ひげ

ひげ:ニコニコ百科
元、赤いカラーのサウザー使い。闘劇08にも、最後の予選をサウザーで勝ち抜いて出場を果たし、これによって闘劇に全キャラが揃うという結果となった。
現在は黒髪カラーのユダをメインにしている。
全キャラに対して的確なアドバイスが出来、南斗解説拳伝承者と呼ばれるほど知識は深く、説明も上手い。
更にそのやり込みから来るキャラ対策と、自キャラの持ち味を存分に生かす立ち回り、コンボ精度等で、修羅の集まる中野TRFにおいてもトップクラスのプレイヤーとして名を馳せている。
DAICHIの代わりに実況を担当する事もあり、「死ねばいいのに」が口癖とまで言われる激しい口プレイが特徴的。
キャラ替え後、「ユダでサウザー使いを全滅させてやる!」と公言する等ツン度は高め。しかし頑張っているプレイヤーへの愛は誰よりも熱い。
K.Iとの四時間ガチ撮りやQMZガチは必見。
また、サブキャラでジャギも使う。K.I曰く「QMZと並ぶ全一クラス」との事。

「K.Iがいなけりゃこんなもんよ^^」

ひよわ

メインキャラはサウザー。

ひげに実力を認められたサウザー使いの伝承者候補。
サウザードリブル(ひげダンス)も安定して使いこなす。

ヘギー

元ギルティ勢でメインキャラは青色のシン。

ヘキサメチレン

開幕既に画面端、『ヘキサの世界』にようこそ

メインキャラはハート様。
TRFで行われた関東で最初の08闘劇予選にて優勝、青切符を獲得した男。カラーは黒豚。
JCアーマー付加と吸い込みを利用したアーマーで、相手を間近に運び恐怖の択を迫っていく。
いてぇよ~中は一度相手を逃しても、見えない起き攻めで崩しミスったようでミスってないコンボで止めを刺す。
08闘劇では見事ベスト8という成績を残した。また、06闘劇でもトキを使用してベスト4に残っている。

闘劇後、しばらくしてからスト4・タツカプに転向し、
闘劇09のタツカプではベスト4となった。
闘劇10ではブレイブルーCSにてライチで青切符獲得。
またフォーザーキーンの元となったトキコンボムービーの作者でもある。

紅拳

アラブカラーのケンシロウ使い。

アナゴ神拳一派の一人で、闘劇の当日枠をもぎ取った実力者。
その際のRNを「紅拳@アナゴ真の弟子」にするほどに師弟愛は強い。

ケンシロウメインなのだが何故かジャギーズの一員。

ほたる艦長

メインキャラはケンシロウ。

アナゴ神拳第3世代(自称 紅拳の弟子)。
08年終盤から週8勢として成長を見せ、DAICHI氏も「楽に勝てた過去の印象とはまるで違う」と評価している。

しかし、やりたかっただけをミスりそれをホタルSPと命名されてしまった。

ガチ撮りも複数上げており、その中の一つはカオスブレイカー勢にも活用されることとなった
ラジオ・中野TRFのタグ、そして(キリッの発祥地となっている。

ぽち

ピンクカラーのマミヤ使い。
鉄と共に北斗を神ゲー(異論は認める)にまで昇華させた張本人。
そのためかコンボ精度は非常に高く、08闘劇では、たーしラオウ相手に華麗なバスケを見せた。

また、稼動三年目にして開発された新たなマミヤドリブルや、関西勢とのガチ撮り・関西勢同士のガチ撮り等、
貴重な動画も上げている。

今では北斗に関してはほぼ引退してタツカプ・BASARA勢に転向、
闘劇09のタツカプではベスト8となった。

「このキャラつえぇよw」

本厚木

名前の通り本厚木をホームとしている赤サウザー使い。
ひげ氏がサウザー業界の一線を退いて以後、
えぐれホタテ氏と共にサウザー使いの筆頭となっている。


ま~

マイケル

メインキャラはジャギ。カラーはノーマルを使用。

本大会への初参加は08年5月14日。それ以前にもモヒカン大会に参加していた
なかなか本大会での勝利が掴めなかったが
6月18日大会1回戦では自由人(シン)のサラダバーを
「今は悪魔がほほ笑む時代なんだ」で引き止め、ゲージを溜め直した後に再び自殺しようとする自由人を
残り時間終了間際でFATAL KOするという史上最強のKYな歴代屈指のネタをしてのけた(なおこれが卒業試合である)

ネタ要因にされたり、ガチ大会でモヒカンに卒業を許したり、
前述の空気の読めなさからか扱いがひどかったりするが、それでもモヒカン大会卒業組では
最強クラスのジャギ使い、つーか他の人はほとんど去った。

実況もブロント語を自然に混ぜながら、流暢にこなす。
更に俺の名全一である。
オーラ2ゲージ使っても、3分の1の確率で不発となるロマン技
俺の名をこよなく愛し、魅せプレイではなく勝つために使う。

現在は紅拳、ヅャギと共に
残念集団『ジャギーズ』を結成。何が残念なのかは彼らしか知らない。

おもな名勝負は08年9月17日大会・対エフデジ(ケン)、12月3日大会・対KA(ラオウ)など。
とりわけ、09年2月4日の「第3期開始SP」では2onで組んだJ-KINGをマスコットにして見事汚名返上する。

まさくに


過去のメインキャラはサウザー、バグ昇竜。現在はケンシロウ使いとのこと。

バグ昇竜2回連続筐体止めをやってのけた為フリープレイ出禁になった。

バグ昇竜大好きだったり、自重しないRNで出たりとやりたいほうだい勢だったこともあったが、
現在は反省しているとのレスをしたらばに残している。

マサト

渋谷勢。パーソナルカラーは紫。エントリーネームは『悪人』が多い。
図々しい投げや強引な崩しが目立つが、
そこからのコンボ制度は非常に高く、1発で終わらせる破壊力がある。
『わっる~・・・!』と言われるわっるいコンボが得意。
特にトキ戦に関してはK.Iも認めるほど上手い。
なお『悪人』という名だが、悪い人間ではなく、ムードメーカーである。
闘劇予選において5様を破りながらQMZに敗れて出場を逃しており、
ライブラ・えぐれホタテと共にジャギ嫌い同盟となっているほかジャギ嫌い全一でもある。
ブーンループに定評があり、こあやさん曰くこの人がブーンループを失敗したことは殆ど見たこと無いとのこと。
実際動画内でブーンループ10割コンボを何度も完走している。
最近は実況に駆り出されることが何故か多く、チャラ男実況と呼ばれる適当な実況で他のプレイヤーの腹筋を崩壊させている。

又吉

メインキャラはラオウ。
新規勢だが目押し精度は高く、大会でも即死完走を成功させている。
何故かDAICHI氏と1回戦で当たる確率が高い(赤い糸?)。


間對摩 否詐J(まつしま ひさじぇい)

メインキャラはジャギ。カラーはノーマルを使用。

本大会への初参加は08月5月28日。
間對摩 否詐Jが正式な名前だが、面倒なのでコメントでは松島と呼ばれることが多い
と言うよりも、大会動画にRNを書く習慣が無くなったため、
視聴者は公式HPのランキングバトル表でしか筆記されている名前を知れなくなり、
まさかこんな当て字と知らず、普通に「松島」と書くものと思っている視聴者が多いため とも思われる。

我流のコンボルート・松島式によって、バニコンは非常に安定してダメージを与えることができている
しかしこのコンボはほぼブーストを空っぽにしてしまうのでそこが問題点か
とは言えジャギにとっては唯一といってもいい大ダメージ源であるバニコンの精度は評価が高い

まだまだ発展途上ではあるが、DAICHI曰く『やらかすタイプのジャギ』らしい。
おもな好勝負は08年9月6日大会・対K.I(トキ)、8月30日大会・対こあや(レイ)など

蜜柑飛

メインキャラはハート様。ジャギも用いる。

なぜかハート様を選択する際に隣のマミヤに合わせてからずらしてハート様を選択する。

旧制度のモヒカン大会出身のハート様使い。格ラジを初めとした配信もしており、
中野TRFのメンバーを呼んだ回もある。

第二期もひ☆しゅら担当だったのだが、ガチ撮り当日にモヒカン卒業をしてしまい、
第一回で第二期終了と言う事態になってしまった。
だがガチ撮りの題名が変わってしまっただけで、ガチ撮り自体はやめていない。

みそら

受け継がれる魔法使いの系譜

メインキャラはジャギ、
ジャギ使いの中ではルーキー。パーソナルカラーは紫。
紅拳氏の実弟。弟なのに使用キャラは兄である。
QMZ氏と並ぶほどのコンボ精度と、
オリジナル連携『みそら式』によって火力・ブースト効率がいい。
日々新しい技術の研究に耽る。見た目は結構幼いらしいが18歳以上である。

2月11日「チートSP」にてクソル(アミバ)やほたる艦長に善戦し
DAICHIのお墨付きとなりただ今「魔法戦士」のような二つ名募集中。

一時期はシンも使い始め南越谷シンというRNで大会にも出場している。
現在はCカラー(緑)のレイ使い。ジャギで鍛えたからか、異様なガードの硬さを誇る。

ミッヒ

元々は記念参加で登場したラオウ使い。カラーはノーマルのものを使用。
10割コンボの完走度が極めて高く、
3ラウンド連続小足1ヒットから10割完走を成し遂げたことも。

ミント・ブラマンシュ

マミヤ使い。
元々は北海道勢だったようで、GAME41の大会に何度か名前が見られる。
しっかりした立ち回りが印象的。

メビウス(初級者)

最初はメルブラをメインにプレイしていた種籾勢だったが、
修羅たちに揉まれ、フルボッコにされる作業を繰り返した結果、ガードに定評のあるモヒカンに成長。
「お前のような初心者がいるか」
そして、対戦をさらに繰り返すうち、コンボ・連携精度も向上していき、一人前の修羅に成長した。
「お前のような初級者がいるか」

長らく初級者と名乗ってきたが、2008.12.20居酒屋SPにて、メビウスに改名した。
ちなみに初級者と言えばカレー色のシンだったが、本人はこの色を選んだ事を後悔していたらしく、改名と同時に色を黒に変更した模様。
だが、初級者の名前もかなり定着していたため、メビウス+初級者で
メビウシャ(orメビウ者)と呼ばれることも多い。
カレーカラーは弟子格のオワタ王へと引き継がれた。自称『綺麗:汚い=3:7』
しかし、黒カラーシンが増えてきたためか、最近になってカレー色に戻した模様。

なお、シンを選んだのは金髪+マントのキャラということから(メルブラではワラキア使い)。
最近ではニコニコでのラジオにご執心(メビウスの「おまラジ」)。

元住T.O

肉のアルカナフォース=相手は死ぬ

『肉のアルカナ』でおなじみのハート使い。カラーは白豚(デフォルト)。
RNの通り、元住吉勢でもある。
ガーキャンからのいてぇよ~コンボ『肉のアルカナフォース』で相手をほぼ確実に即死させる。その精度は非常に高く、8割以上の確立で成功している。
闘劇本戦にも出場。同じくハート使いであるヘキサメチレン氏と共にベスト8に残った。

格ゲー以外にも音ゲー、STG、ガンシューといった様々なゲームをプレイするマルチゲーマーである。

ガッツ勢、いい声勢である。

もみあげ

メインキャラはトキ。カラーはノーマルを使用

世紀末ゲーセン・中野TRFの現・店長で、北斗では闘劇06本選出場者でもある。
多くの格ゲーをやってきたレジェンドであり、近年は店員の仕事に集中していたが
ストⅣが稼働してからはそれを楽しんでいるようである。
また、ガロウMOWでは最弱候補のグリフォンマスクで奮闘。『幸せを運ぶ青い鳥』の通り名を持つ。

北斗は稼働初期のプレイヤーであるが、大会では最新のコンボもこなし
まだまだそこらの修羅に負けない実力を持つ。

やりたい放題な中野TRFの面々(店長含む)をまとめられる寛大さを持つ数少ない人物である。
が、迷惑行為には厳しく、フリプ中にバグ昇竜で2回ゲームを止めたまさくにをフリプ出禁にしたりもする

や~

勇ちゃんだホ!

メインキャラはハート様。

タイフーンループもこなせる貴重なハート様使い。
モヒカン同士で対戦する、まったく新しいガチ撮り動画をアップしている。

ゆきだるま

メインはユダ。色はデフォルトだったりピンク色だったりと様々。
中野TRFでは数少ないユダ使い。
「ゆきだるま先生」と呼ばれいじられたりしている。

ゆとり

メインキャラはラオウ。パーソナルカラーは赤。

よど

メインキャラは黒カラーのシン。
他の修羅と積極的にガチ撮りを行っており、
2009年世紀末インターハイではレン氏と組み本戦出場を果たした。
低ダJDが空中強ゴクトに化けることが多く、その暴発をよどゴクトと呼ばれている。

ら~

らぁたん

モヒカン筆頭。メインキャラは緑カラーのケン

本大会に出ながらも初勝利が果てしなく遠かった、モヒカンのリーダー格
モヒカンの期間はほぼ9カ月。
卒業まで苦しい道を歩んだメビウス、銀之助などを遥かに凌ぐ

グリグリマミヤに勝利してついに修羅の仲間入りを果たした

いい声勢であり、たまに実況も行う。

もひ☆しゅら、おま☆しゅら等のガチ撮りの主催者でもある。
第2回ケンシロウ全一決定戦で久々に動画に登場。

ライブラ

ライブラ:ニコニコ百科
マント全一の異名を持つラオウ使い。サブキャラはトキ、ケンシロウなど。
第一期ランバトにおいて総合二位という成績を残すなど、その実力は折り紙付き。
更に実況もこなすマルチプレイヤーであり、実況中でも構わずに放たれる、シンプルかつ激しい口プレイが特徴的。
また、ブルマ好きである事を自白してしまってから、時折それをネタにされたりされなかったり。

K.I氏の関東トッププレイヤーのリストに名を連ねていたり、
出れば確実に青切符までいけると言われていたが
予選にはあまり出ていなかったのは、氏が闘劇にたいしてそこまで乗り気ではなかったためとの事。

リーズ(リーズバイフェと○○)

自重しない黒カラーのマミヤ使い

MBAAのリ-ズバイフェが大好きであり、よくRNにリ-ズバイフェの名前を入れるが
「~とちゅっちゅしたい」、「~とパンパンしたい」などやりたい放題である
あまりに酷い名前をRNにしたため、書いたRNを呼ばれなくなったことすらあった

最近になってDAICHIにお前はリーズだと言い渡された

リューク

メインキャラはラオウ。

レン

メインキャラはトキ

トキ使いが激減してしまった09年前半に颯爽と現れたトキ使い。
クマ氏と同様にエントリー表に記載した名前を間違えられ「しこ」と読まれてしまった。
土曜・水曜拳にも積極的に参加していて、そちらでも好成績を収めている。
DAICHI曰く「トキ対策の未熟な中野TRFプレイヤーをフルボッコにしている」とのこと。
ダンクマニア本戦や世紀末インターハイ本戦にも出場を果たしている。
ダムラジ杯ベスト8。

その他

┌┤´д`├┐(5様)

┌┤´д`├┐:ニコニコ百科
メインキャラは青カラーシン。サブキャラではラオウを使っている。本当のHNは幻雪(げんせつ)。
鉄・KI・ひげと同じく北斗最古参であり、闘劇06本戦出場のレジェンドプレイヤー。
大会参加者が1桁だった時も共にTRFの北斗を支えてきた人。
稼動初日の大会でケンシロウを4秒KILLしたのはこの人であり、「10秒でわかる北斗の拳」として一時期格ゲー界で騒がれた。
何故か北斗の拳を知らない人にも知られている。
熟練した立ち回りや読み合いで、TRF常連の中でもトップクラスの実力を持っている。
だが、ぶっぱライシンや5クト、ヒット確認なしでのコンボ移行、自分・相手ともgdgdにするなどに色々ネタにされやすい。
現在はブレイブルー勢。5ザマ。

(来日勢)

ある時はヴァンダム、ある時はセガール、またある時はヤスイと名乗る金髪ユダ使い。
北斗自体は初めて3ヶ月でありながら
ダムラジ杯ではビジョン予選にて優勝し関東ユダ使い筆頭まで登りつめた。

来日勢、一体何者なんだ・・・。
仕事の都合で九州へ引越していたが、現在は東京に戻ってきている模様。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。