格花で厳粛なお正月を!


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

①格花で厳粛なお正月を!  2009年・正月

              (花材)若松・梅・万年青    未生流師範 明琳斎 律甫作

松:若々しくすこやかなものを尊ぶ慣わしから若松を用います。

   |        

梅:格花の素材として花材の中でもっとも愛好されています。それは木ぶりに変化があり、香りのよい高貴な花をさかせることがあげられます。

万年青:おもとはすこやかな葉と赤い実が喜びの心持ちをあらわします。


お正月の祝い花としては、松竹梅を一瓶にとり合わせていけるものを 最も重い儀式の花としています。そして、元旦の花は若松、二日の花は竹、三日の花は梅と一種で用いられ、金銀の水引でその根元を結ぶ(相生結び)ことがさだめられています。

添付ファイル