人物-水瀬家


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年齢・生死は文明十年(1478)時点。



十条力二郎・尺八郎 (じゅうじょう りきじろう・しゃくはちろう)

  • 水瀬家家臣。伊織に仕えている。
  • 二十歳。双子で力二郎が兄(左画像の上)。長禄三年(1459)生まれ。武蔵国豊嶋郡練馬出身。
    • 母が伊織の乳母で幼い頃から一緒にいたため友達関係に近く、伊織からも対等な口を利くことを許されている。
    • 伊織の父の仇討ちに使える人材を探すよう伊織に命じられている(第八回)。
    • 数値設定はないが、武力は力二郎、智謀は尺八郎がそれぞれやや上。
    • 顔グラは力二郎が太史慈、尺八郎が甘寧。共に「三国志11」から。
    • 伊織と関わるネタは吾粲P「その時貧乳が動いた」シリーズから。
+ 十条兄弟の詳細


音音 (おとね)

  • 十条兄弟の実母。伊織の乳母。
    • 最初はやよいや雪歩たちに対して懐疑的だったが、息子たちの言葉もあって協力することになる。(第二十八回)
    • 武芸を嗜んでいたのか、弓を実戦で使うことができる。


姨雪世四郎 (おばゆき よしろう)

  • 十条兄弟の実父。実名を名乗るまでの経歴はやす平の項を参照。
  • 元は水瀬家の郎党だったが訳あって暇を出され、やす平と名を変えて神宮川の舟屋をしていた。
+ 姨雪世四郎の詳細


中山盛幸 (なかやま もりゆき)




龐統 (たかつな)







ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。