人物-大塚村


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

年齢・生死は物語開始時点(文明十年[1478]三月)。


萩原番作一戍 (はぎわら ばんさく かずもり)

  • 故人(享年四十五)。雪歩の父。亀篠の異母弟。父は大塚匠作で、元の姓は大塚。
  • 応永三十三年(1426)生まれ。武蔵国豊島郡大塚出身。
    • 父と共に永享の乱や結城合戦に公方方として参加、結城陥落の際に父から村雨丸を託された(第二回)。しかし戦の傷で脚が不自由になり、すぐに大塚へ戻ることができなかったため、姉夫婦に長の立場を奪われてしまった。大塚に戻っては姉夫婦とのいさかいを避けるため、姓を妻の出身地に因んで萩原と改めた(第四回)。
    • 匠作の代から大塚家は住人からよい評価を得ており、番作自身も大塚に戻ってからは村のために尽くしていたため、死後も人々から高い評価を受けている。
    • 原作では萩原ではなく「犬塚」と姓を改めている。
+ 萩原番作の詳細



与四郎 (よしろう)

  • 萩原家の飼い犬。死亡している。
    • 昔の雪歩は犬も平気だったのだが、ある一件でだめになってしまった。(第五回)
    • 顔グラはトレハP提供。
+ 与四郎の詳細



大塚蟇六 (おおつか ひきろく)

  • 大塚の長。雪歩の伯父。番作の義兄。浜路の父。旧姓は弥々山(やややま)。
    • 若い頃から破落戸(ごろつき)として知られていたが、大塚家の人間がいない間に亀篠の婿となり、村長に成り上がった。
    • 匠作の嫡男である番作が、公方家から任された宝刀村雨丸を持って帰還したため、自らの地位を危ぶむようになる。以来村雨を奪うべく画策している。(第四回)
+ 大塚蟇六の詳細



亀篠 (かめざさ)

  • 大塚の長・蟇六の妻。雪歩の伯母。番作の異母姉。やよいの主人。浜路の母。
  • 生年不明。武蔵国豊島郡大塚出身。
    • 娘のときから我侭で贅沢を好み、戦に出ていた父や弟を気にかける事もなかった。彼らが消息不明になり母が倒れると、看病のためと称してごろつきだった蟇六を家にあげ、母が亡くなると結婚した。
+ 亀篠の詳細



浜路 (はまじ)

  • 長夫婦の娘。雪歩の従姉。
  • 十七歳。寛正三年(1462)正月生まれ。
    • 贅沢三昧わがまま放題で育てられたがまっすぐに成長した良い娘。長夫婦を嫌う村人たちも浜路には好意的だった。
    • 長関係の人々を避けている雪歩とも仲がよく、雪歩の姉のような存在。やや妄想癖がある。
+ 浜路の詳細



網乾左母二郎 (あぼし さもじろう)

  • 糠助亡き後、萩原家の隣家に引っ越してきた浪人。
  • 二十六歳。享徳二年(1453)生まれ。
    • 元は関東管領である扇谷(上杉)定正に仕えていた。
    • 便佞利口の人物。上にへつらい周りを貶めて出世したが、恨んだ朋輩に強訴されて管領家を追われることになった。超美男子である上に、書・歌舞・楽器の扱いにも優れ、大塚では雪歩の父亡き後の「手跡の師匠」として教えていたこともあり、婦女子からかなりの人気を得ていた。
+ 網乾左母二郎の詳細



糠助 (ぬかすけ)

  • 故人(享年六十二)。萩原家の隣人。宝珠とあざを持つ娘がいた。
  • 応永二十四年(1417)生まれ。
    • 萩原家と親交が深く、食料をお裾分けすることもたびたびあった。
    • 春香たちや雪歩がそれぞれ出立した前年七月に病死している。
+ 糠助の詳細



簸上宮六 (ひかみ きゅうろく)

  • 大塚城城主・大石兵衛尉憲重(おおいし ひょうえのじょう のりしげ)の陣代。
    • 先の陣代・簸上蛇大夫(ひかみ じゃだいふ)の長男で、父の死に伴い着任した。独身。
    • 巡検で大塚へ来た際に蟇六の屋敷でもてなされ、その際に浜路を見初める。後日部下の軍木五倍二を通して縁談を持ち込み、結納を済ませた。(第六回)
+ 簸上宮六の詳細



軍木五倍二 (ぬるで ごばいじ)

  • 簸上宮六の下役。
    • 姓は植物のヌルデ(白膠木)、名はヌルデに寄生する虫によってできるフシ(五倍子・ごばいし)に由来する。お歯黒の原料。
+ 軍木五倍二の詳細



大塚匠作三戍 (おおつか しょうさく みつもり)

  • 故人。大塚の先の長。雪歩の父方の祖父。番作と亀篠の父。
  • 武蔵国豊島郡大塚出身。
    • 鎌倉公方・足利持氏の近習。永享の乱と結城合戦には番作と共に出陣。持氏の子・春王丸と、春王丸の守り刀で源家の宝刀でもある村雨丸を守るよう命ぜられる。
    • 結城合戦において春王丸と弟の安王丸が捕らえられると、村雨丸を番作にゆだね、自らは両公達(春王と安王)を救出すべく単身であとをつけた。救出はかなわなくともせめて仇を討たんとし、両公達が処刑されたところに名乗りを上げてその場に斬り込む。老党の一人を斬り伏せるが自らもそこで討死。匠作と両公達の首級は更に後をつけていた番作によって奪還され、三人とも同じ場所に埋葬された。



井丹三直秀 (いの たんぞう なおひで)

  • 故人。雪歩の母方の祖父。信濃国御坂の住人。
    • 十余騎を率いて結城合戦に公方方で参戦しており、大塚匠作と共に城の後門を守っていた。落城に際して娘の手束(たつか)を匠作の息子・番作に嫁がせる約束をし、その旨を記した書を家に届けさせていた。



手束 (たつか)

  • 故人。雪歩の母。



やす平 (やすへい)

  • 神宮川の舟屋。十条力二郎・尺八郎の伯父と名乗る。
    • 雪歩たちに大塚の凶変を知らせた。(第二十四回)
    • 古河公方による支配を長くうけていたため、最近戦で支配者となった関東管領や陣代に対しては敵対的な見方をしている。
    • 原作では「矠平(矛+昔)」と表記される。
+ やす平の詳細



丁田町進 (よぼろた まちのしん)

  • 鎌倉から遣わされた大塚の新しい陣代。簸上宮六の後任。
    • 陣代と大塚の長夫婦が殺害された件についてやよいを裁き、磔刑に処すよう命令した。
    • 真たちの刑場破りを受けて一度城に逃走。手勢を連れて再び追ってきたが力二郎の襲撃を受け死亡。(第二十六回)






ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。