第六節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

へぶんずどあおーぷん
ぐふも:「なんかイワンに今までのこと話したら枕に顔埋めて叫んでたけど大丈夫かな」
ますたぁ「大丈夫だよ多分!」
ぐふも:「そのあと例によってぴかどんにぼこぼこなのぜ。もっとボスを大事に…」
るな「かれーぱん!かれーぱん!」
ますたぁ「しっこくかれーぱん」
しっこく:「ま か せ る が い い」
るな「わあい!!!1」
ダークリンク「こんばんは~」
ぐふも:「こんばんみー」
ピット「こ・・ば・・・わ」松葉杖ついて登場
るな「なにがあった」
さな「今マルスがヒロシマを見てるわ」
ぐふも:「マルスがあぶない ピットも危ない」
るな「危険が危ない!」
ぐふも:「日本語が危ない!」
ますたぁ「茶会場が危ない!」
イワン:「えーっと、こんばん…わ」
るな「お、アホ毛だ」
ますたぁ「元気出せよ。マルスは全然!まったくもって!脳みそのかけらにも気にしてないぞ」
イワン:「それ励ましになってませんよ…いや、でもありがとうございます」
ダークリンク「大丈夫か?」
ぐふも:(前のピカードみたいとか言っちゃいけないよね)
さな「そう言えばピカードパパは…」
ピット「ま・・・た・・・ぁ・・(ますたぁ)」
ますたぁ「ん?」
ぐふも:「ピカードはわかるが何故パパ…?あいつも親になったか…」
ピット「く・・・ま・・・す(車椅子)な・・・い・・・?」
るな「だれが相手だ」
イワン:「え、マルスさんとじゃないんですか…?」
ますたぁ「マルスだろ?   地下の倉庫にあるよ」
ダークリンク「(普通に言った・・・)」
さな「何故ある」
るな「やっぱりそうか」
ダークリンク「まぁ、元気出せよイワン」ピカード汁のませる
ますたぁ「ピカードパパいないねそう言えば」
イワン:「マルスさんって綺麗な 女 性 ですよね~…(すげぇ勘違い」
イワン:「美味しいですねこれ…」
マルス「え、いや、僕女性じゃありません」
イワン:「ふぇ?」
るな「あ、いたの?」
ぐふも:「空気王子だ」
ピット「あ・・・・ま・・す・・・(マルス)」
マルス「テレビ見てただけだよ空気なんてよくも言ってくれたねこのまりも」
ぐふも:「ひーごめんなさい」
ピット「ピ・・・・ド・・・は?(ピカードは?)」
イワン:「え…そんな……マルスさん…男……??」
マルス「さあ・・・どこ行ったんだろうね」
ますたぁ「マルスさんは男性ですよ」
ぐふも:「今日はハイドロ王に呼び出されてレムリアに行ってるそうだ」
さな「呼び出し…だと…」
ダークリンク「やっぱり。最初は女だと勘違いするよな。」
イワン:「は…はは…そうですよね…男性ですよねー」
るな「パン工場~♪」
しっこく:「しっこくサンドイッチ各種はじめました」
ますたぁ「しっこくかれーサンドイッチうめえ」
ダークリンク「あ、しっこくさん、この前は練習付き合ってくれてありがとうございます」
イワン:「性別なんて関係ない、そう、ですよね」
しっこく:「最近運動不足だからこちらも助かった」
イワン:「つまりボクが女になれば……(また勘違い」
ダークリンク「運動不足でもアレですか・・はは・・・(まだ背中が痛いんだけど)」
しっこく:「礼にしっこくサンドイッチチキンをおごってやろう」
ますたぁ「別にホモでも良いと思うよ!!」
ピット「け・・・う・・・い・・・も・・・た・・・ね(結構キツイのもらってたよね)」
るな「ほもがきらいな女子なんていません!!!」
ダークリンク「ははは・・・・・」
さな「…ピットはまさか…いつぞやの車の爆発事故の…?」
イワン:「そうです、つまりボクが今の性別を捨てれば
ぐふも:「変態!変態!」
しっこく:「カレーに危うく破片が入るところだったあの事故か」
ますたぁ「ピカードパパは当分帰ってこなさそうだねぇ」
イワン:「あ、そうだマルスさんピカードさんと結婚したって言うのは本当ですか?」
マルス「へぶばっ?!」
さな「そうなの?」ますたぁ「そうだったのか!!」
ぐふも:(アイク…)
ダークリンク「・・・・・」遠い目で見つめる
マルス「何を言って…」
るな「池田さん………」
イワン:「いつごろに告白を?結婚式はいつ…?」
マルス達の家≫アイク「なんか分からないが…泣きたく、なって、きた…」
マルス達の家>>グレイル:「何故だ…息子が突然泣き出した…育て方を間違えたのか……」
ぐふも:「ひゅーひゅー」
マルス「あ、いや、あの」
ぐふも:(こりゃシーダ様の頭痛の種がまた一つ…)
さな「シーダは問題無い」
イワン:「あぁ・・・ピカードさん、そんな大胆に結婚できるなんて…」
マルス達の家≫シーダ「私はマルス様が幸せならそれで…それで………」
しっこく:(シーダとやら…憐れな……)
るな「ラクトガール冗談じゃない!!!」
マルス「いやだからあの」
ピット「し・・・せ・・・な・・・て・・・・(幸せになってね)」
しっこく:「女を犠牲にしたんだ、幸せにイキロ」
ますたぁ「ピット・・・それはまるで最期の言葉のようだぞ…」
ピット「え・・・そ・・・・の?(え、そうなの)」
さな「ピカードパパがまだ帰ってこないわね…不安だわ・・・」
ピット「ぼ・・・で・・・か・・・る・・(ぼく、電話かけるよ)」
ピット、ケータイでピカードに電話をかける
ますたぁ「どうでもいいがあいつケータイ持ってたのか」
ぐふも:「ぴかーど携帯もってないよ」
ダークリンク「ピットが持たせた」
ぐふも:「レムリア人だから思考がおj(ry だからすぐにやめちまった」
ダークリンク「連絡取れないと不便だからって」
ぐふも:「所詮おっさんには携帯なんぞむr[チルド]
ダークリンク「!!!」
るな「わお」
イワン:「あ。」
ますたぁ「帰ってきたー」
ピット「あ・・・」
ピカード:「誰がおっさんですかまったく…。あれ、みなさんどうしたんですか…?」
るな「結婚おめでとう」
ピット「どこほっつき歩いてるの!!」
ダークリンク「やっとまともに声だせたか」
ますたぁ「結婚おめd「お願いだから変な誤解を…」←マルス
ピット「あれ?・・・」
ピット「声だすのが楽になった・・・」
さな「おかえりピカードパパ」
ダークリンク「ピカード、お前このメンバーの中じゃあもう新郎だぞ・・・」
ピカード:「なんでパパ呼ばわりなんですか…それに結婚だ新郎だって何がですか?」
ピット「マルスさんが新夫」
ピカード:「はい?」
マルス「だから違うって」
マルス達の家≫アイク「う…うぅ…もう俺死にたい・・・何故だかわからないが…」
ピット「思えばピカードさんもえらく変わったよね~」
ダークリンク「最初は結構おどおどした親切な人だったのに」
ピット「今じゃあね~w」
マルス「あの、さ、ちょっと…」
ピット「昔の面影は残ってないよね」
マルス達の家>>グレイル:「息子が…息子が自殺願望を…あぁ、俺は父親失格だ…」
るな「ただのへんた…うわなにをするやめ」
ピット「場からしてこのBGMかな?」
ピカード:「マルスさん、話が読めないんですが、一体どういうことなんですか?」
ますたぁ「ピカードとマルスは結婚したんでしょ?」
ピカード:「え?そんなわけないでしょ」
ぐふも:「え。」
さな「照れることないのよー」
ピカード:「いや、照れるも何もありえないでしょう常識的に考えて」
ピット、『Can you celeblate』を流す
ますたぁ「成せば成る」
ピカード:「あ、もしかしてまたますたぁの仕業ですか?」
ますたぁ「なんかイワンが結婚したって言ってた」
るな「ぱちゅぱちゅぱちゅ」
イワン:「え、そんなちがいますよサーナイトさんがピカードパパなんて言うから…」
さな「違うわよーピカードって検索したらhttp://aboutme.jp/profile?user=8150これがでたから」
ぐふも:「!?」
イワン:「!?」
るな「おとうさんってよんでいいでs(ピチューン」
ピカード:「!?」
マルス「・・・」ますたぁ「…(必死に笑いを堪えている)」
ピカード:「……サーナイトさん、ウェイアードにネット環境はないんですよ…」
さな「さぁねえ、ピカードって最初に検索したのはこの水色の奴だったものねえ」
ピカード:「あってもこんな悪趣味な絵をのせるわけないでしょ…」
イワン:(なんだ、勘違いなんだ……)
イワン:心の中でめちゃくちゃガッツポーズ
さな「(あー…)」
ますたぁ「結局また俺の仕業なんですか」
ピカード:「まぁ、間違いだったってことでいいですよ……」
しっこく:「誤解も解けたところで皆でしっこくサンド食べようじゃないか」
マルス達の家≫アイク「なんだかよく分かんないが、よかった…本当によかった…」
るな「わあい」
マルス達の家>>グレイル:(息子が、あぁ、笑顔だ…たまには休日に遊んでやるか……)
ますたぁ「なんか茶会場劇で初めてオチがついた話だったような…」
ぐふも:「カオスがいいのにな~」
るな「たしかに」
こうしてピカードとマルスの結婚騒動はくそみそな結果で終わったのでした
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。