第四節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※今回はかなりエロスファンタジアな要素を含むので注意





ヘヴンズドアオープンッッアッー
ウィズローブ:「ニコニコどうがって面白いの…?」
ピット「たたけ!天国のトビラ」
るな「みちゃいけないものもあるよ」
サナ姉「うぇーい」
フレイト:「ボクは大好きだけどなぁ…」
ピット「ウィズローブ君が喋った!!」
ますたぁ「新めにゅううううううううううんっ」
るな「あ、早苗さんだ、サインください」
ピット「早苗さんってww」
ピカード:「新メニューですかますたぁ」
ピット「今日は連れてきたよ~ダーク。」
早苗「もうなんでもいいわオバサナよりはマシ」
ダーク、ピットに引きずられ登場
ますたぁ「ピカドンカクテルだよ!」
ピット「面倒だし、気絶させてだけどね」
るな「わあお☆」
ピット「・・・・なんか名前からして危ないんですけど?」
ピカード:「なんか名前が危険すぎませんか」
ピカード:「まぁいいや、じゃあせっかくだしそれください…」
ますたぁ「名前的にも中身的にも危険なかくt…」
ピカード:「ことと次第によっちゃ凍らせますよ」
ますたぁ「ピカード・・・・君にだけなら教えてあげようじゃないか☆」
るな「らめぇ」
ピット「・・・なんかな~・・・・」
ピカード:「あれ、どうしたんですかますたぁ教えてくれるんじゃないんですか?^^」
ピット「ねぇ、ダークおきてよ」
ピット「ダーク!!」
ますたぁ「…」
ダークリンク「う・・・・・ん・・・・うぁ・・・」
ピカード:「まぁいいでしょう…とりあえずそのピカドンスペシャルくださいな」
ピット「起きろッーーー!!」
ダークリンク「わっ!な・・・なんだよピット」
るな「……もうなんでもいいんで普通のお酒ください」
ますたぁ「実は…ごにょごにょ」
ピカード:「注文しましたよますたぁ…ってなにをごにょごにょ言ってるんですか…」
早苗「なん・・・だと…」
ピット「?なんかあったの?」
るな「     」
ますたぁ「あのね、ピカード、実はそのカクテルはー…ごにょごにょ」
ピカード:「いやいやますたぁ聞こえませんよ」
ダークリンク「なんだ?一体」
ダークリンク「カクテルがどうかしたの?」
ますたぁ「あーのーーーねええええ!!じいいいいつうううはあああああ」
ピット「ますたぁが新しく『ピカドンカクテル』なるものを発明したらしい」
ダークリンク「?なんか前にも聴いたことありそうな名前だな・・・」
ダークリンク「なんだったっけ・・・・・・・」
ますたぁ「ピカドンカクテルはピカードのおおおお!![ピー]…おっと口が滑った」
ピカード:「へぇ…そうなんですか……^^」
るな「ゆっくりした結果がこれ」
ピカード:[]
ピカード:「少し…頭冷やそうか」
ピット「!!![ピー]!!!」
早苗「あーあ…」
ダークリンク「そうだそうだ!思い出した!」
ピカード:[ダイヤモンドバーグ] ダークリンクごと
ダークリンク「そういえばピットが前にピカードのことをピカドンと間違えたんだった」
ピット「だ、ダーク!!!」
ピット「ちょ、ピカードさんどうしてダークまで!!」
るな「さあもりあがってまいりました」
ピット「ダーク関係ないよ?!」
ピカード:「あ、すいません、間違えました(笑)」
ピット「笑わないで下さい!!」
マルス「こそばそわーっ新メニューときいtぎゃあああ」←巻き込まれた
ピカード:「ますたぁ生きてます~?^^」
ピット「あぁどうしよう・・・」
ピカード:「あ、まずい
ますたぁ「えー?あ…あぁ。うん。生きてます」
ピット「ピカードさん、大惨事じゃないですか!!」
ピカード:「さて、奥の部屋で詳しい事情を聞かせてもらいましょうかますたぁ」
マルス「(無言)」
ますたぁ「やっぱり死んでます」
ピカード:「あ、ウィズローブくん解凍お願いね」
ピット「マルスさんも巻き込まれたみたいだよ?ピカードさん」
るな「酒はまだなのぜ?」
ウィズローブ:コクッ
早苗「狐さんのはそこにあるわよ」
ピット「とりあえずダークリンクを助けてよピカードさん!!」
るな「わあい」
つ「とーふすぺしゃる」
マルス「(無言)」
ウィズローブ:炎を出して解凍
フレイト:「はいはいケアルケアル」
ダークリンク「ッつー・・・なんだよピカード!」
\ミシミシ パキ コキュ クチャ/
ダークリンク「俺は何もしてないぞ?!」
マルス「結局僕って登場したと思ったら何かに巻き込まれるよね・・・」
フレイト:「ますたぁがシバかれてる音ですね」
ダークリンク「帰ってきたらトライフォースラッシュを決めてやる」
マルス「僕が一番被害者じゃないか」
フレイト:「まぁまぁ人生いろんなことありますよ。私も450年前…」
フレイト:「あーだこーだ」
るな「そこまでよ!」
早苗「よんひゃくきゅうじゅうごねんいきてるっー」
ピカード:死に掛けのますたぁと登場 そして急に豹変
ますたぁ「」
ピカード:「マルスさん大丈夫ですか!? あぁこんな冷たくなっちゃって…今プライかけますね」
ダークリンク「ピカード・・・オマエな」
ピカード:[プライ]
ダークリンク「お前の魔力は結構強いんだからもう少し考えなきゃダメだろ」
ダークリンク「関係のない被害者まで生んでるじゃないか」
フレイト:「お待ち!(ドーラのように)それ以上しゃべるとまた危ないですよ」
マルス「で…竜、新メニューという…生きてる?」
ピット「ピカードさんは強いからさ、もう少し手加減しよ~よ」
ピカード:[チルド] toピット
ますたぁ「・・・・カカカ、カウンターノノノノ」
るな「ゆでたまごでもたべておちつきなよ」
ダークリンク「な!!」
マルス「ああ、これね~(ゴクッ」
ピカード:「の、飲んだ…」
ダークリンク「ピット!!」
フレイト:「アッー」
早苗「アッー」
ダーク、氷を砕く
るな「あやややや」
ピット「ピカードさん!!」
ピカード:「これは…ざわ… ざわ…」
ピット「なんてことをするんですか!!」
ピット「少しは自重してくださいよね!!」
ピット「あぁ・・・頭が痛い・・・」
マルス「・・・・・」←目が異様にキラキラしている
ダークリンク「少し休んだほうがいいよ」
フレイト:「うまいのか…うまいのか…?」
ダークリンク「ますたぁ、ベッドある?」
ますたぁ(復活)「あるぜ」
ダークリンク「貸してくれる?」
マルス「なにこれめっちゃウマイやん・・・」
ダークリンク「ピットを寝かせたいんだ」
るな「なんかよくわかんないけどティッシュおいときますね」
ダークリンク「なぜに関西弁?!!」
ピカード:「すごい複雑な心境なんですが…」
ウィズローブ:「…じゃあ、ボクもその…新メニューください……」
るな「らめええええええ」
ますたぁ「そ、それはだめだよ!18歳以上対象だよ!」
たまたま横にあった作り置きをゴクリ
ダークリンク「マルスって18いってたっけ?」
マルス「18歳です」
ピカード:「( ゚д゚)…飲んじまった」
ダークリンク「そうだったんだ~」
ダークリンク「てっきり俺らと同い年だと思ってた」
るな「・・・・・・・・・・・・」
うぃず:「ヘブン状態!!」
るな「・・・パチュリー、それは一人の少女の、名前。」
マルス「ますたぁ、もう一杯!うへへ」
るな「だがしかし、もしその少女を知らない人が私を見たら、」
るな「その人は私がパチュリーであると思い込むであろう。」
フレイト:「酔ってますね」
るな「名前、その、名前の、その、あれで、私もパチュリーに成れるということ、であろう。」
ダークリンク「ますたぁ、ピカドンカクテルを一つ頼む」
るな「名前、それは、その、あの、名前、であろう。」
フレイト:「いやその理屈はおかしい」
るな「私がパチュリーかどうかは、多分、誰にも分からない。
るな「それは何故かというと、名前、名前というものは・・・」
ますたぁ「18歳以上対象です」
ピカード:(突っ込むべきか…?突っ込むべきなのか…?)
るな「・・・・・!私はいったいなにを・・・・」
ダークリンク「いいじゃん別に」
フレイト:「きっと紫もやしの食べすぎですよ」
るな「そうか」
マルス「うへへますたぁ、もういっぱーいにゃー」
ダークリンク「ピットに飲ませるんだよ。疲れてるみたいだし。」
ピカード:「なんかどんどん精神が崩壊してますね」
ダークリンク「見た感じみんな元気になってるようだし」
フレイト:「元気というか麻薬を服用したみたいですけどね」
ますたぁ「ぜっっっっったい駄目!18歳未満は!!」
ダークリンク「どうしてさ?」
るな「じゃあわたしにもちょうだいー」
ダークリンク「なんかあるのか?」
ピカード:「きっとウィズローブ君を見てればわかるんじゃないかと…」
ますたぁ「これを2杯以上飲むと…理性がふっとんでアッー状態になる」
うぃず:「アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!」
ダークリンク「う!ウィズローブ君?!」
マルス「ますたぁぁああぁああんもういっぱあああああああいいいん」
うぃず:「ヘブン状態!!ヘブン状態!!」
ダークリンク「マルス?!」
るな「人間で言うと⑨歳だけどいいよねー」
ダークリンク「ますたぁ何したんだ!!」エクスカリバーン装備
フレイト:「もう数千年生きてるんで私にもください」
うぃず:「かぷ
エクスカリバーン 折れる
ますたぁ「おk・・・・  うぃずはともかく・・・・マルスは…」
るな「おお、もろいもろい」
ダークリンク「!!」
うぃず:「ますたぁこの人たーべちゃうぞー!!」
うぃず:「ぎゃおー!}
ダークリンク「う・・ウィ・・ズ・・・ロー・・・ブ・・・?」
るな「・・・・・・」
マルス「はぁああぁああんますたぁもうぱあああああい」
ダークリンク「わわっ!!」
るな「うめぇ」
ますたぁ「マルスはもう駄目だよぎゃーーーー」
フレイト:「これは味わい深いうま味ですね…」
ダークリンク「ウィズローブ!!どうした?!」
うぃず:「いっただっきぃまぁああああああああああ」
うぃず:がぶり
ダークリンク「わ!」
ムシャムシャ
るな「あ"あ"あ"あ"あ"」
ますたぁ「うぃず=飲み過ぎ マルス=欲求不満効果+カクテル効果」
ダークリンク「う・・・」
ダークリンク「離せ!!」
ピカード:「ますたぁマジでこれボクの[ピー]なんですか…こ、こんなんじゃ…」
うぃず:「ガブガブ」
ダークリンク「うぐ・・・・・」
早苗「…マルスは欲求不満・・・」
フレイト:「欲求…不満…」
ますたぁ「フランジアとピカード汁しか混ぜてねーぞ?」
ダークリンク「ウィズローブ!!なんでこんなことを!!」
うぃず:「アッヒャッヒャ!ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ!」
うぃず:「ガブガブ」
ピット「ひどい!!」
ピット「ダーク!!」
うぃず:「貴様ものめぇ!!!」
ピットの口に大量のピカドンドリンクが
ピット「うりゃりゃりゃりゃりゃりゃ!!」エンジェリング発動
マルス「あははは…はぁ・・・・」←後ろに倒れる
ピット「ダークをよくも!!」
早苗「もちつけ」
うぃず:「あひゃひゃひゃひゃ…あひゃ…ひゃ…バタリ」
ピット「うりゃりゃりゃりゃ!!」再びエンジェリングtoウィズローブ
ピット「まだまだ!!」
が、元来備わる魔法障壁でピットに大量のぴかどん(ry
ピット「!!?何これ!?」
早苗「そのくらいにしなさい。」←催眠術toうぃず&ピット
ピカード:「っつうかもう倒れてるね、こうか切れたか」
ピット、沈黙
フレイト:「なかなか美味しかったです、ってあるぇ?名にこのカオス」
マルス「ふあー・・・・」←倒れてる
うぃず:「…」←倒れてる
ダークリンク「う・・・」吐血する
ダークリンク「助かった・・・の・・か・・・?」 ダークも倒れる
うぃず:「…あるぇ? …ここ …どこ……?」
ますたぁ[リフレッシュ]
ダークの周りに血だまりが出来始める
toダーク
フレイト:「お、ようやく起きたかうぃず」
マルス「んあ・・・・」
ピカード:「マルスさん…大丈夫ですか…?」
マルス「…あ、あー」←酔った目でピカードを見つめる
ピカード:(うほっいい男…)
るな「なんか風呂場がケフィアまみれだったんだけど」
フレイト:「なるほど風呂場でつくってたんですか」
早苗「ピカード・・・あんた心見え杉…」
マルス「・・・・僕と一緒に…良いことしない…?」←まだ酔ってました
ピカード:!…コクッコクッ(首を縦に振る)
ますたぁ「ええ、マジで」
フレイト:「これはひどい…」
早苗「アッーー!!」
るな「恋泥棒さん☆」
フレイト:「いかん、危ない危ない危ない危ない危ない危ない…」
るな「いってみただけ」
ますたぁ「・・・・イワンとかはいないな…?」
フレイト:「まぁ、幸いいませんね…」
うぃず:「…ゴクリ」
ますたぁ[テレポート]←ピカードとマルスを(間違えて)ピット達の居る部屋に…
フレイト:「お、これはどうなるやら」
ますたぁ「あっ間違えた」早苗「もう遅い」
イワン:「こんばんはーみなさん♪今日はいろんな人がいますね~」
ますたぁ「あ、あぶねえ・・・・」
フレイト:(た、助かった…)
イワン:「ところでこの白いドリンク飲んでいいですか?」
ますたぁ「今日はもうだめ」
イワン:「ゴクリ」
るな「あ!こんなところにおなかを押すとむきゅむきゅなるおもちゃがある!!!」
フレイト:「遅かったか…っていうかなんと言う反らし文句」
ますたぁ「あ・・・」
イワン:「あはは~ あは…」
イワン:トロンとした目でますたぁをガン見
ますたぁ「なんですか俺は竜ですよダメですそんな」
早苗「今のうちに逃げよう…」
イワン:「ぬいぐるみ・・・あはは…」
ますたぁを抱擁
ゼルダ「あの~・・・」
ゼルダ「道に迷ってしまったのですが~・・・」
フレイト:「逃 げ ろ」
ますたぁ「いやあああああ俺はぬいぐるみじゃねえええええ」
ゼルダ「?どうしたのですか?」
サーナイト ほうようポケモン
るな「今はここにいちゃいけないよ」
イワン:「あはは~このぬいぐるみしゃべる~」
イワン:絞め殺しそうな勢いで抱擁
ゼルダ「あの!」
フレイト:「あの少年に絞め殺されますよ」
ますたぁ「ぼべええええ・・・・」
ゼルダ「ここどこですか!!」
ゼルダ「町まで行きたいんですけど!!」
早苗「テレポートさせてあげましょうか?」
フレイト:[テレポート]
フレイト:これで一件落着…でもないか
そこへ
そのころ…問題の部屋
ピーチ姫「ねぇ、ゼルダ見なかった?」
ピーチ姫「確かこっちのほうへ来たはずなんだけど~・・・」
フレイト:[テレポート] 南極に
ピカード:「マルスさん…」
~南極~ ピーチ姫「何よここ!!」
マルス「あぅう…」
ピカード:「やったーチェックメイトですよ!マルスさん」
るな「あはは、これおもしろ~い」 おもちゃ「むきゅむきゅ」
マルス「あはは…またかぁ、最近やってなかったからなぁ…」
ピット「うn・・・ふぁあ~・・・」
ピカード:「いやぁでもあそこでビショップを持ってこられてたら危なかったですよ」
ピット「あれ・・・みんなどこだ・・・?」
マルス「うーん…もう一回!」
ピット「だぁく~・・・・どこだぁ~・・・」
ピカード:「何度でもイきますよ~」
ピット「うん?これなんだ?」さっきウィズローブがピットに向かって撒き散らしたピカドンカクテルの臭いをかぐ
ピット「誰かがこぼしたのかなぁ・・・・」
マルス「ピカード強いなぁ…まあいい経験になるけど」  あやしく聞こえるのは気のせい
ダークリンク「う・・・・はぁぅあ~・・・・」
ダークリンク「あれぇ・・・怪我が治ってる・・・・
ダークリンク「ぴっとぉ~・・・・どこだぁ~」
ピット「あぁだぁく・・・・・・・いたんだぁ・・・・」
ピカード:「調子がいいだけですよ、マルスさんのが経験豊かじゃないですか」 あやしk(ry
ダークリンク「さきかえるわけないだろぉ・・・・・・・・ふぁあぁ・・・」
マルス「そ、そうだけど・・・。うぅ…」  あy(ry
ピカード:「あっそんなぁ…そこを攻められるとは…」
なぞのこえ「そこまでよ!!!」
ピカード:「!!」
マルス「な」
なぞのこえ「もうチェスはやめて神経衰弱にしよう、な?」
マルス「え、なんで」
ピカード:「なんだそんなことか」
ピット「みんないないし・・・」
ピカード:「なぞのこえ…一体何者なんだろう・・・・・・」
ダークリンク「どこいったんだろう・・・」
マルス「心の声だよ」
ピカード:「つまり神経衰弱をやれという神の思し召しですね」
ピカード:「よーし今度は神経衰弱やりましょう!」
なぞのこえ「あと、ここにポテトサラダおいとくね」
マルス「うん、そうだね。あ、有難う」
ピカード:「そうですかありがとうポテトサラダすごいですね」
なぞのこえ「それほどでもない」
ピカード:「ほぅ、経験が生きたな」
ダークリンク「みんなどこだぁ!!!!」
ブロントさん:(カカッといなくなるのが人気の秘訣)
ピカード:「あれ、一瞬気を失ったような…」
ピカード:「ところで……神経衰弱ってなんだっけ」
神経衰弱中  マルス「あれ・・・これどっかで見たのに(クチュクチュ←ポテトサラダ喰う音です」
ピカード:「アッーヤラレチャッタ (カードを揃えられたんです)」
ピット「みんなぁ!!どこ~!!!」
なぞのこえ「そこ」
ちょっとだけ扉越しで話聞いてた早苗「・・・・!」
ピカード:「貴様見ているなッ!!」
るな「紙コップいる?」
ピカード:「…という夢を見た」
マルス「あ、やり返しなんて…(クチュクチュ←ポテトサラダk(ry」
ピカード:「これで…2回イきましたよ!(カードを二回連続揃えたんです、決して(ry」
なぞのこえ「・・・何度とめても無駄ね・・・これは・・・」
ダークリンク「みんなどこだ!!う・・・」先の傷があった箇所が痛む
ピット「ダーク!大丈夫?
マルス「二回もヤられるとは・・・(クチュクチュ←ぽt(ry」
早苗「・・・・・・・・」
ピカード:「まだまだイきますよ~…アッくそ~ヤられた~(ひっくり返カードを間違えてしまったようです)」
るな「どうした現役女子高生」
マルス「じゃあこっちだって・・・あ、あれ、確かここの筈だったのに・・・(返すとこを間違えたんです)
ピカード:「それならボクが……あれぇ?ここじゃなかったか…」
早苗「マジでヤってるよ…まさかとは思ったけど・・」←ヤってるもんだと思ってる
早苗「落ち着けサーナイト…クールになるんだ…」
ダークリンク「うぅ・・・痛・・・・・」
ピカード:「最後のいっちゃいますよ~ アッー間違えた~最後の最後にやられちゃうなんて…(最後のカードでミスった模様)」
ピット「少し休んだほうがいいね」
マルス「ハァ…今回は僕の勝ちだね」
ピカード:「ふぅ……じゃ、そろそろみんなのところに戻りましょうか」
ガチャリ
ピカード:「あれ、サナ姉さんなにやってるんですか?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。