ゴマ山脈~ビリビノ辺り


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゴマ山脈の洞窟前

さてさてクープアップ村を後にして、ゴマ山脈前へやってきました。
あと前回馬鹿なプレイヤーの過ちで「クークアップ村」になってましたが
正しくはクープアップ村です。


ツタが絡まった木が置いてあるのですが、ツタが絡まっているためムーブでは動かせません。どうしたものか。

ロビン「ムーブ!」

ツタが絡まって動かない

ジェラルド「ダメだ ツタがからまっていて オレたちのエナジーでは とても 動かせない」

ロビン「どうしたものか…何か他の方法を・・」

イワン「それを どかしたいのですね」
ロビン&ジェラルド「!」

なんとイワンがやってきました。
どうしてでしょうか。イワン!イワン!って右手を(ry)したわけでもないのに

イワン「…それには ツタが じゃまですね う~ん なんとか ならないかなぁ」
ロビン&ジェラルド「…」
イワン「そうだ! よい かんがえがあります ボクに まかせて下さい!(スピン」

やっぱり良い子だなぁイワン…。

ジェラルド「やったぜ イワン!」
イワン「はい なんとか うまくいきました」
ロビン&ジェラルド「…?」
ジェラルド「…それはそうと どうして こんなとこに いるんだ イワン?」
イワン「…やはりルンパ村には 入れませんでした…」

だろうね。

イワン「ち、ちがいますよ… おふたりに たすけをもとめて きたわけでは ありません」

別に助けてあげてもいいんだけどって言うかむしろ助けてあげたいんだけど
シナリオめちゃめちゃになるんで黙っていることにしよう。

ジェラルド「?」

イワン「おふたりのたびのもくてきを のぞかせてもらったでしょ?」

ロビン「うん」

イワン「それを知ってから… クープアップ村を出たあとも ずっと かんがえてました
そんな おそろしいことが いま おきようとしてる…
ハメット様をたすけられず むだに時をすごすくらいなら それより おふたりの力に…
どうか おふたりのたびに ボクをくわえてください」

ロビン「!!  大歓迎だイワン。むしろこっちから仲間になってほしいって思ってたよ」
イワン「そうなんですか…?それならよかったです」
ジェラルド「3人パーティだな!」

イワン「このどうくつをぬけて ビリビノの地へ行くのですね さあ 先をいそぎましょう」

と、言うわけでイワンが仲間になりましたやっほーい。


ゴマ山脈の洞窟

ジェラルド「なんかいやな感じの洞窟だなー」
ロビン「大丈夫。すぐに抜けられるさ。イワンもいるし」
イワン「はい。お二人の力になれるよう頑張ります」
ジェラルド「…ロビン、お前イワン仲間になってから随分機嫌良いな」
ロビン「そうか?」
ジェラルド「いつもキレてるじゃないか」
ロビン「キレてねぇよ」
イワン「あはは…あっ前方にスケルトンとゴーストが!」
ロビン「うわっ本当だ」
ジェラルド「そう言えばこのプレイ日記さ…戦闘のシーンカットしてるよな」
ロビン「実はほとんどこうげきしかしてないんだよね」

戦闘シーンカット

ジェラルド「お、レベルが上がったぞー!」
ロビン「イワンは早さが高いけど、攻撃力は微妙だな…能力あげとかそっち系の方が重宝するかも」
イワン「はい…速さだけ無駄にあるんですよね…HPと攻撃力は低いです」
ジェラルド「…」
ロビン「気にすることないさイワン。こいつ(ジェラルド)は 素早さ11で運の良さ2 だからな」
イワン「はい…」
ジェラルド「(てめぇら…)」

少し奥にすすむと…

ロビン「あれは…ジン?」
ジェラルド「そうじゃないか?」
イワン「赤い色をしてますし・・火のジンじゃないですか?」
ジェラルド「ってことはゲットしなきゃだな!」
ロビン「なんかポケモン思い出したぞ」
イワン「まあまあ、せっかくですし、是非手に入れましょうよ」
ロビン「そうだね」

ロビン「あれ?行き止まりだぞ」
ジェラルド「もう一度さっきのところ回ってみるか」
イワン「そうですね」

まったく、これだからダンジョンは…ってこのゲームで言っちゃ駄目か。

ジェラルド「とくに抜け道はないな…」
イワン「あっこことび越えられそうですよ」
ロビン「本当だ。  …今さらだけどこういう一見気付かないような道多いよなこのゲーム…」
ジェラルド&イワン「同感・・」

ロビン「…っと。あ、いたぞ。マーズのジンだ」
ジェラルド「よし!ゲットするぞ!」
ロビン「取り合えずそのモンスターボールをしまえ」
イワン「あ、きますよ!」

マーズのジンが現れた!

ロビン「こいつ結構強いな…(攻撃」
イワン「エナジーの精霊ですからね・・・レイ!!」

マーズのジンを倒した!

ジェラルド「よっしゃ!マーズのジンゲットだぜ!」
ロビン「御前ポケモン好きか?」

こうしてロビン達はゴマ山脈の洞窟を抜けた。

イワン「あっビリビノの町ですよ」
ジェラルド「本当だ。…なんか、この木服着てるぞ」
ロビン「まるで生きてる人間みたいだな…」
イワン「…そうですね。ちょっとリードしてみます(リード」

服を着た木(だれか たすけて…)

ロビン&ジェラルド&イワン「!!」
ロビン「い、生きてる…」
イワン「これは…人だった(過去形)ものなのでしょうか…」
ジェラルド「だとしたらなんでこんな姿に?」
ロビン「さあ…・・なんかBGMが悲しいなこの町…」

話を聞くと、どうやらご神木の怒りにふれて呪われてしまったらしい。
それであんな姿になってしまったんだとか。
そしてこの町のマッコイとか言う奴がコリマ村に屈強な戦士たちを派遣しているらしい。

ロビン「物騒だな…」
ジェラルド「こういうのって俺達がなんとかしなきゃいけないんだよな」
イワン「主人公ズの運命ですよね」
ロビン「マッコイとか言う奴が妻のために宮殿を作るとか言って森の木を切ったらしい」
イワン「それでご神木の怒りをかってしまったんですね・・・恐ろしい」
ジェラルド「それでビクビク怯えてるわけだな?」
ロビン「いるよなこういう思わず蹴り飛ばしたくなるようなキャラ」
イワン「『エコ』ってものを知らないんですかね・・・はーやだやだ・・そう言うキャラに限って卑怯でうざったいような奴なんですよね。雷の直撃でも受けて消滅すればいいのに(黒」
ロビン&ジェラルド「(こいつ、腹黒だ…!  まだ会ってないのに(ごもっともな気もするがbyロビン」

と、言うわけでマッコイ宮殿へ。

門兵「主人が おあいになるのは じけんを かいけつできる たよりになる 戦士だけだ 
お主は たよりなさげだが… じしんが あるというのかな?」

ロビン「…はい」

門兵「ほう かいけつできる… ずいぶん じしんがあるんだな?
門兵2「人が木になってしまう… そんなじけんに かかわろうとは まったく かわったヤツだ!」
門兵「だれかが かいけつしなきゃ オレたちが行かされるんだし ダメもとで やらせようぜ?」
門兵2「よしわかった とりつごう あとに ついてくるがいい!」

イワン「わあ~…豪華なお屋敷ですね」
ジェラルド「イワンもこんなところに住んでたんじゃないか?」
イワン「ああ…それはまだ秘密です」
ロビン「あ、あいつがマッコイか」
ジェラルド「なんか話してるぞ」

マッコイ「どうした?」
兵「はっ! ただいま あらたな戦士が宮殿に やってまいりました!」
マッコイ「ほう あらたな戦士とな?
これまで なん人もの戦士を コリマの森へ おくったが ダメだったようだ…
こんどの者たちは だいじょうぶなのだろうな?」

ロビン「…入っていいのか?」
イワン「いいんじゃないでしょうか?」
ジェラルド「うわー…顔がまさに…」
ロビン「ごもっともだ…」

マッコイ「もっと ちかくへまいれ  おい…このモノたちか?まだ 子どもではないか?」
…お前たちが コリマ村を すくってくれると もうすか?」

ロビン「はい」
ジェラルド「はい!」
イワン「は、はい」

マッコイ「…ふうむ いさましいのは ありがたいのだがな  これが とちゅうにあった バリケードのカギだが…
お前たち 子どもでは カギをわたしたとして… コリマまで たどりつけまい」

ジェラルド…(怒)  子ども 子ども…って オレたちを なめてるぜ! あたまくるよな ロビン?」

ロビン「ああ…思った通りの奴だよな」

ジェラルド「やっぱりそうだよな? ロビン のろいかトロいか 知んないけど …やってやろうじゃないか!」
マッコイ「…どうやら やることに きめたようだな?」

イワン「…;」

ジェラルド「あれ? イワン…お前 なんだか イヤそうだな?」
イワン「人が木になっちゃうんですよ? そんなことに…ホントに たちむかう つもりですか?」
ジェラルド「えっ ああ とうぜんさ…なあ そうだろ ロビン?」

ロビン「大丈夫だよイワン。俺達も一緒にいるし…怖くないさ」
イワン「ロビン…」

イワン「…ロビンが そういうなら ボクも おともしましょう」
マッコイ「どうやら みんなのいけんが まとまったようだがな…」
兵「どうしたのです マッコイ様? せっかく かれらがこうして いっているのですから…」
マッコイ「戦士とは もうしても… まだ しょうねんではないか?
いくらなんでも… そんな しょうねんたちを 行かせるわけにはいかん!」

ロビン「なっ…」

兵「それでは コリマの森は どうするのでしょうか?」
マッコイ「これまで 森におくりこんだ 戦士たちの けっかをまつ!」
イワン「それじゃ ボクたちは どうなるのですか?」
マッコイ「しごとは たのめん」
ジェラルド「もしオレたちが 東に 行きたいといったら?」
マッコイ「ことが おさまれば すきに行ってかまわん」
イワン「それは けっきょく… じゆうには 行かせない そういうことですね?」
マッコイ「それが お前たちの あんぜんのためなのだ」

ロビン&ジェラルド&イワン「…(ムカ)」

マッコイ「はなしは おわった… かえって もらいなさい」
兵「そういうわけだ わるいが ひきとって くれないか?」

兵「ロビンと いったっけ… お主 ざんねんだったな?」
兵「まさか マッコイ様に あんなとこがあったとは いがいだったよ ホント もう あきらめただろ?」

ロビン「いや…諦めてません」
兵「御前も諦めの悪い男だな」

兵「あのバリケートなら カギなんてなくても…」
ロビン「?」
兵「いけね よけいなことだった それじゃ オレ 行くぜ」

ロビン「…聞いたか?ジェラルド、イワン」
ジェラルド「ばっちり聞いたぜ」
イワン「聞きましたよ」
ロビン「…あいつ、俺達のことなめてたよな…」
イワン「子供だからってなめてましたね」
ジェラルド「良いこと聞いたし、ぎゃふんと言わせてやろうぜ!」

イワン「あ、あっちに人が…あの野郎の妻じゃないですか?」
ロビン「(あの野郎って…)そうだな、話を聞いてみよう」


奥様「あなたたちも このことの げんいんを わたくしがつくったと おっしゃりたいのかしら?」

ロビン「…(なんかこのおばさんやばそうだな)」
ジェラルド「…(結構怖いな…)」
イワン「…( あのでくのぼうが選ぶ女ですよ、ろくな女じゃないに決まってるじゃないですか )」
ジェラルド「…(御前もキツいな…)」

ロビン「…いえ!めっそうもない!(必死の笑顔」

奥様「そうよ 宮殿をたてるための ただ 木をきらせただけよ!
宮殿をつくるのが おくれて… わたくしはめいわくを かけられている方よ!」

ロビン「…」
ジェラルド「…(なんてババァだ…)」
イワン「…(リード」

奥様(このさわぎ ご神木というのが げんいんだって いうのなら きりたおせば いいじゃない!)



ロビン「妻も嫌なやつだったな・・」
ジェラルド「とんでもない夫婦だぜ!」
イワン「顔グラからして既にプレイヤーの好みじゃないみたいですよ。でもまあ僕らが解決すればいい話ですし(笑顔」
ジェラルド「なんだイワン。随分機嫌良いな?」
イワン「ふふ。そう見えますか?」
ロビン「さっきまでムスッとしてたじゃないか?」
イワン「いえ・・これからコリマの方に行くと思うと…嬉しくなってきてしまって」
ジェラルド「どういう意味だ?」
イワン「いえ…ああ言うタイプのキャラは後で痛い目にあうフラグがたってますからね。
それを想像するとゾクゾクします(さわやかな笑顔
ロビン&ジェラルド「 ((こいつ、Sだ…!!) )」













今回は珍しく真面目に書いたと思う
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。