第十二節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あんたたち、準備はいいわね?じゃあ行くわよ? みんな抱きしめて!銀河の果てまで!ヘブンズドアオープン!
ますたぁ「ゲパーーーーーーー!」
ピカード:「うわぁますたぁが狂った」
ますたぁ「いやなんとなく言った」
ゆ:「なんとなくで叫ばないでくださいよ…」
ますたぁ「あ、ほm 誰」
るな「誰…?」
ゆ:「……  出直します!」  バタン
ますたぁ「…」
るな「…」
ガラッ セネリオ「…私こそはグレイル傭兵団の名参謀でありアイクの嫁、セネリオです!」
ますたぁ「自称って言えよ」
るな「サロンパスうめえ…」
ピカード:「なんかすごいの来ちゃいましたね」
セネリオ「…反応薄くありませんか」
サナ「こんばんないと(電子レンジから出てくる」
るな「わー!早苗さんだー!」
ピカード:「よっビーナス!」
セネリオ(あるぇー…?)
るな「というかなんでこんなとこに来たの…?」
サナ「シャドーボールをマスターしたわ」
セネリオ:「こほん、それはですね…アイクを誑かす卑しい男、マルスとやらをこの手でじきじきに(ベラベラ」
ますたぁ&サナ「・・・っ!」
ピット「こんばんわ~」
るな「アイクってだれd(ry
ピカード:「アイク…?」
ますたぁ「あばばばばばば」
ピット「誰も反応してくれないし」
セネリオ「ふん、その辺にかくれているんでしょう、出てきてください!」
るな「やあ撲殺天使くん」
ピット「撲殺天使って酷っ!!」
るな「じゃあドS天使で」
サナ「マルスならあいk・・・ええっと映画見にいったわよ」
ピット「大差ない気がするぅ…」
セネリオ「…あれ、居ないんですか?」
ダークリンク「こんばんわ~」
ピット「あ、ダークやっと来た」
マルス「呼ばれて飛び出て(ry」
ピット「はい、ダーク、約束のコレ、つけてね」首輪を渡す
セネリオ:「あ!貴方がアイクをたぶらかす卑s(ryのマルスですね!」
るな「たけしの挑戦状が進まない…」
ダークリンク「マジでやるの…?」
ピット「当たり前じゃんww」
マルス「わーピカードだーなんか久し振りだねー(セネリオ無視」
ピカード:「え?あ、はい久しぶりですね」
ダークリンク「しかもここで?」
ピット「ここだからこそだよww」
セネリオ:(のっけからシラ切とは出来る…)
ピカード:「えーっと…いいんですかマルスさんあの人…」
ピット「はい、つけてね」
マルス「そうだいいもの見せてあげる。 これ(カルピス飲んだ後に出てくる白いの」
ダークリンク「分かったよ…」首輪をつける
ピカード:「はぁ…どうも(何があったんだろう)」
ピット「ますたぁ、はい、このリモコン」
ますたぁ「わあい」
セネリオ:「わ、私をシカトするとは良い度胸ですね。貴方に聞いてるんですマルス!」
ピット「このリモコンね、ダークの首輪のやつなんだ」
ピット「Aのスイッチを押すと電気が流れて、Bを押すと首輪を締める、Cは緩める」
ますたぁ「へえー」
るな「また飛行機が爆発した…」
ピット「これでダークと殺さない程度に遊んであげて~」
セネリオ:「貴方がアイクをたぶらかすせいで軍の士気が云々(以下略」
ダークリンク「ちょ!!待て!この首輪にそんな装置を?!」
るな「そういえばその赤い字で書いてあるのなんて読むの?ゆ?」
マルス「なんか後ろでごちゃごちゃうるさい黙れって感じだけどカルピスおいしいよね」
ピット「マルスさ~ん!!」
セネリオ「…こ、これはゆじゃなくて…ってそんなことはどうでもいいんです!本性を現してきましたね変態王子!」
ピット「マルスさんはカルピスソーダを飲んだことある?
マルス「ないよ」
ピカード:「え、じゃあこの白いのは…」
サナ「なんか完全無視されてるわねー」
るな「昔普通のカルピスと間違えて飲んで泣きそうになったなぁ」
ピット「ボクもこの前初めてカルピスソーダを飲んだことあるんだけどさ」
セネリオ:「私も無視されて…(よく見るとあの人…いやいや私はアイクだけ…)」
ピット「けっこうおいしかったよ?」
ピット「マルスさんも今度飲んでみればぁ?ロイさんがよく買ってるから貰うといいよ」
ますたぁ「(俺空気)」 マルス「うん。飲んでみる。またピカードに白いのあげるよ」
ピカード:「あ、はいどうも…」
ダークリンク「ま、ますたぁ‥お願いだからさ…そのリモコンを…」
ますたぁ「ぽちっとな」
ダークリンク「ぎゃぁあぁあぁぁぁぁああぁぁあ」←もろ電撃喰らう
セネリオ:「今日という今日は… アイクを貴方に渡しはしませんよ!いい加減反応しなさい!」
ピット「ねぇねぇ」
マルス「ん?あ、君誰?」
ピット「マルスさんにとってアイクって何?」
セネリオ:「…セネリオです。グレイル傭兵団の(ry これ以上アイクをたぶらかさないで下さい!」
マルス「肉大好きな人」
ますたぁ「ごりr…」
セネリオ「…(あるぇ?)」
ダークリンク「ま…ますたぁ…た…たのむから…」
ピット「…(求めてる答えと違う…)…へ、へぇ~…」
セネリオ:「(小声で)…えっと、店のマスターですね貴方…マルスはアイクと恋仲なのでは…」
サナ「マルスにとってピカードって何?(直球」
ピカード(えーー!?)
ピット「てっきり友達以上何とか以下みたいな関係だと思ってた…」
ピット「それ気になるww」
ますたぁ「アイク→→マルス」
マルス「神秘のベール(笑)」
セネリオ(…つまりアイクの一方通行…いやいやそんなはずは…)
ピット「(あれぇ?)」
ピカード:(喜んでいいのか悲しんでいいのか…どっちかって言うと悲しいような)
ピット「じゃあ、マルスさんが好きな人は?!(直球」
マルス「ええっとジェイガンとアベルとカインと(ry」
※リフは入ってません
セネリオ:(…マルスという男がわからなくなってきました)
その頃… リフ:「ぐぬぅ!? 体が重い…回復の魔法回復の魔法…」
るな「わーいやっと進んだー」
ゲーム画面:「こんな ゲームに まじになっちゃって どーするの」
るな「orz」
ピット「マルスさんはロイさんのことをどう思ってる?」
サナ「じゃあこの人になら(ピー)されてm「あべべべべべ」←ますたぁ
マルス「一番の親友かなあ」
セネリオ:(…なんだかどうでも良くなってきましたね… それよりもあの人…いや、人なのか?)サナ姉を凝視
サナ「(視線が痛いなあ)」
ピット「ねぇみんな、こんどロイさんつれてきていい?」


---- 朝廷の検閲により この続きは削除されました ----
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。