第十一節


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

へんぶんずどあおーpぎゃああああ
天の声「やーまーだー」
ぐふも:「誰か呼んだか」
ますたぁ「なんか変な光景が広がって…」
ピット「眠い…」
るな「人間っていいなー」
ダークリンク「体中が…ありえないくらいに痛い…」
ぐふも:「なんとうふふな光景だ、大好物だぜ」
ピット「ダークどしたの?体中が痛いって」
フレイト:「イワン雷帝というのがその昔本当にいてですね…」
ダークリンク「いや、お前のせいだよ?こんなに痛いのは」
ピット「え?なんかしたっけ?」
るな「そーなのかー」
ピット「…ん、あぁ、思い出した。ダークが余計な話をするからそんな目に遭うんじゃん」
ダークリンク「だ、だって知らなかったんだ、しょうがないだろ?」
さな「ぴかどんかわいそうに」
ピカード:「あいたた…あれ、僕なんでこんなところで…あ、サナ姉さんこんばんは」
フェンフェリア「そういえば今朝の新聞見ましたか?」
さな「見た見た…ってぎゃあああ誰じゃ貴様」
ぐふも:「あ、お前はえーっとその…アレだ 誰だっけ」
フェンフェリア「四丁目の倉庫街の倉庫全てが爆破されたという記事みましたか?」
フェンフェリア「これでも喰らって思い出しますか?」体に通る赤いラインが光り始める
ますたぁ「店が壊れちゃうよー」
ぐふも:「はいはいB.Tフィールド」
ダークリンク「ちょ!!ダメだよフェンフェリア、こんなとこでそれ撃ったら!!」
フェンフェリア「問題あるんですか?」
ダークリンク「ありまくり!!!店が消える!!!」
ピカード:「実際すぐ直ってるんですけどねー(中の人の都合的な意味で」
ますたぁ「店が消えたらここでしか会えない人がうんぬん」
フェンフェリア「じゃあ千歩譲って地震で済ませてあげましょう」
ピット「(ぜんぜんうれしくないのはボクだけ?)」
ピカード:「ちょっとロビン呼んでk(ry」
フェンフェリアの地震攻撃:震度5強
ピット「ちょ!ダーク!!早くとめさせてよ!!!」
ロビンの アースクエイク !  きょうしんしてそうさいしてしまった !
ダークリンク「あれ?止んだ…」
ぐふも:(ロビンなどいない!)
るな「なんか最近おなかの調子がおかしい」
さな「写真食べてた…気が」
ピカード:「納豆ファンタのせいのような気がしなくもないです」
ピカード:「あ、そうか写真…」
ピット「?写真?」
ぐふも:「ほらあの黒れkピカード:「フレイトさんが心霊写真だうわーって言ってもってきたんですよ」
るな「そうか写真か!  ちょっと吐いてくる」
さな「それでお祓いってことで食べてもらったのよ」
ダークリンク「そそそそそう、心霊写真をね(バレたら…今度こそ死ぬ…)」
ピット「ふぅん…」
ピット「その心霊写真見たかったな~」
ダークリンク「ダメ!!!絶対に!!」
フレイト:「なんかベルゼブブが憑いてて大変だったんですよー」
ピット「ダーク、なんか変だね?」
るな「なんかすごいスッキリした」
さな「なんか境界線が」
ピット「ルナさん、写真の残骸どうした?」
ピカード:「赤い線…」
るな「流した」
ますたぁ「(まじで心霊写真だったら流したらかなりやばいよね)」
ピット「な~んだ残念、残してあったら復元しようと思ったのに」
ピカード:(…ゲロ触ってまで見たいモノですかね…)
ピット「魔法で復元できるのに…パルテナ様なら」
ダークリンク「(流してくれてよかった…)
さな「わ、境界線が太くなった」
ピカード:「ますたぁ、これなんか引いたんですか?」
ますたぁ「引いてないよ?」
ピット「境界線って言えばそろそろだね…」
ぐふも:(スキマ妖怪の…)
ダークリンク「何がそろそろなんだ?」
ピット「もう一つの世界との境界線があいまいになる時間帯。」
松岡修造(もといアガティオ氏):「いいか!この赤は情熱の赤だ!気持ちを強く持てば、(ry」
ピット「この時間帯は気をつけないと別の世界からの来訪者が来る可能性があるからね」
さな「境界線の向こうがぼやけて見えないわね・・・あれ、熱い」
ピット「気をつけなきゃいけないよ」
るな「ソーナノカー」
フレイト:「あれですか、ハーデスとかエレボスとかいるところの…」
ピット「違う違う、ここの鏡の世界だよ」
ますたぁ「びんかんサラリーマンソーセージ食べるー?」
ぐふも:「あぁあそこなのかー ついこの間シャドウたちに征服させて(ry」
ピット「このあたりの時間帯になってくると境界線がゆがんできてね、」
るな「てっきり空をとぶ巫女とかがいる世界かと」
ぐふも:「なんだ幻想郷のことか」
ピット「こことは鏡の世界と繋がりかけるんだよ」
さな「そう言えばそろそろびんかんサラリーマンが始まるわ!見なきゃ!」テレビをつける
ピカード:(ますたぁとサナ姉さんの言動が妙に卑猥だ…)
ピット「左右反対はもちろんのこと、性格が正反対の人物がその世界にはいるから気をつけなきゃいけない」
テレビ:びんかんサラリーマン 第7315回 子どもたち「びんかんさーん!」びんかんサラリーマン「はい!今行きます!」
ピット「特にダークの対の存在の鏡の人物は危険だと思うよ?」
テレビ:びんかーんびんかーんびんかんびんk(ry
ピット「ダークの性格の正反対だからかなり攻撃的な人だと思う。ダークはそこそこ力あるからかなりヤバイと思う」
フレイト:「大丈夫、私が古代シゲルミヤモト文明から伝わる魔法で結界を…」
ダークリンク「どうした?フレイトさん?」
ますたぁ「境界線よ消えろー」
パリーン:境界線が割れる音
ピット「あ~あ、ますたぁ禁句言っちゃった」
るな「びんかんサラリーマンおもしれー」
テレビ:鬼瓦部長「うるさいぞ敏感君!」びんかん「鬼瓦部長!」
イワン:「あ、あれ?皆さん…?」
マルス「いつからそこにいたの~?」
ピット「イワンさん、鏡から離れたほうがいいよ?」
るな「空気君じゃないk(ry」
ピット「マルスさんも。飲み込まれるよ?鏡に。」
イワン:「いや、鏡って言うか、ここは茶会場の一室ですよ」
ピット「後ろにかがみあるじゃん」
ピカード:「鏡餅ならある」
ますたぁ「うn……っ」
ピット「ほ~ら、鏡が揺らぎ始めた」
るな「おいしそう…」
ぐふも:「上のみかんをこっそりいじったのは誰にも言わないぜ!」
マルス「あ、ピカードの偽物」
フェンフェリア「あの鏡、ほおって置いて大丈夫なんですか?」
ピカード:「いや私は本物ですよ」
ピット「まあ時間が経てばまた境界線がはっきりしてくるからいいけど、しばらくは境界線ない状態だよ?」
ますたぁ「そう言えば前どっかのキャラが「なんなら体で判断してください」って言ってた気が…」
ピット「だから絶対に鏡に触っちゃダメだよ?」
るな「いざとなったら私が食b(ry」
ぐふも:「変態だー」
ピット「今鏡に触るとどういう風になるか教えてあげるよ」
松岡ガティオ:「いいか!自分の弱点は、鏡越しに自分を見ないと分からないんだよ!もっと熱くなれよ!」
ますたぁ「そう言えばこいつ変態だった。やりかねないぜ」
ピット、ダークの帽子をとって鏡に向かって投げつける
ピカード:(もう変態キャラよして下さいよ…)
帽子は鏡に吸い込まれるようにして鏡に映る世界側へ飲み込まれる
さな「そう言えば明日ゲルニカ公園で写生大会が…」
ダークリンク「俺の帽子!!!」
るな「おお、ひわいひわい」
ぐふも:「しゃせい大会面白かったのぜ ラファエロさんの絵上手かったのぜ」
ますたぁ「しゃせい大会行ってみてー」
ピット「向こう側の世界のますたぁはどんなんだろう…」
ますたぁ「あ、ちなみに俺は鏡に写らないぜ」
ピット「向こうの世界のマルスさんは一体どうなってるのかな…」
ダークリンク「映らないってどういうことだよ?1」
ピカード:「竜ってうつらなかったりするんですか?」
ますたぁ「俺は本当にこことは違う世界で育ってるから写らないの!」
フェンフェリア「私は鏡には映るけど?」
るな「私は半透明になって映るよ!」
ますたぁ「元々別世界に居るから写らないって言うかなんというか」
フレイト:「透明になれる魔法はいくつかありますが、人間はどうしてもうつるんですよねぇ…」
ピット「じゃあフレイトさんも映るの?」
ますたぁ「水竜はこの世界とは安定してないから鏡に写らないって兄上が言ってた」
ピカード:(ますたぁの家族どれぐらいいるんでしょう…)
ますたぁ「安定してないからたまにココロが入れ替わったりひきこもりになったりする」
ピット「てか、ここの人たちはみんな不安定な奴らばかりじゃないの?」
ピカード:「ウェイアードって鏡あんまり無いなぁ…」
ますたぁ「あと就職率が100%を超えたり「私ってこう見えても家庭的なんだよ?」って言ったり」
るな「ところで帽子はどうなったんだ」
ピカード:「なんですかその新妻みたいな…」
ピット「帽子?あぁ、向こうの世界に行かないと回収は出来ないよ」
ぐふも:「よしわかった、鏡なら俺に任せるんだスネーク(原作の内容的な意味で」
ピット「ただ、向こうの世界に行くとなんていうのかな、誰か来たっていうのが向こうの人たちに感づかれるから」
るな「面白そうだNE」
マルス「なんか似たような漫画あったような気が…」
ピット「誰かと接触する可能性が高いよ。それが優しい人ならいいけど」
ピット「危険な人ならただでは帰って来れないと思う」
ダークリンク「じゃあどうすんだよ!!俺の帽子は!!」
ピット「あきらめたほうが無難だね」
さな「ぽんっ」ダークの帽子が現れた!
るな「わお」
ピカード:「うおっサイコすごい…」
ピット「!!一体どうやって…?!」
さな「記憶から実際の物を作りだしてみました」
ぐふも:「俺も今度通信講座でエスパー習ってみるのぜ…」
ピット「なんだそういうことか…あー驚いた、まさか向こうの世界から転送してきたのかと思った」
さな「それもできるけど?」
ピット「!!!やばいじゃん!!」
ダークリンク「なにがだ?」
ぐふも:「エスパー習うか。   あ、ボス権限パワーあるんだった」
ピット「こっちからサイコでそういうことが出来るとなると」
ピット「向こうからもそういうことが出来るっていうこと…」
ピット「早く境界線を元に戻さなきゃ!!」
るな「だれかスキマ妖怪呼んできてー」
ダークリンク「で、どうやるんだ?」
ピット「……・・・分からない」
ピカード:「私の友達がスキマ妖怪がどうのっていってたような…」
ピット「ピカードさんの友達って…一体…」
さな「はい、これね?」ダークの帽子が戻ってきた!
ダークリンク「どうしよう…二つも…」
フレイト:「境界ならお任せを…」
ますたぁ「記憶から作り出した方のやつおいしいよ」
るな「外からなんか聞こえた気がするけどきっと幻聴だね!」
ピカード:「帽子って美味しいんですね」
ピット「そういえば、鏡の世界の人は殺しちゃいけないのは知ってるよね?」
マルス「つーか境界線元に戻るの遅いね」
ピット「だってますたぁが境界線粉々に砕いちゃったんだもん」
ピット「ここにいる人たちは向こうの世界の人たちと対で存在してるんだ」
フレイト:「ちょっと戻りを早くしてみますね えーっと…うんb…じゃないLe contre RAYPOZ exterminera...」
ますたぁ「え、俺がぶっ壊したのは茶会場の空間内にあった境界線だよ」
ピット「消えよ境界線って言ったでしょ?この時間帯にその言葉は禁句なんだよ」
るな「(スーパーペーパーマリオ思い出すなぁ…)」
ますたぁ「タイミングすげーっ」
ピット「鏡の世界との境界線が崩壊するから」
ピカード:(しっこくさんの代のときなんてそんな言葉よく言ってそうだけどなぁ…)
ピット「鏡の世界の人を消すってことは、こっちの世界の人の消滅を意味するんだ」
ピット「だから絶対に鏡の世界の人を殺っちゃだめだよ?」
るな「向こうに行かなければいいことzy(ry
ピット「そういうことだね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。