変な物語の可笑しいR次回予告(フィクション)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ますたぁ「変な次回予告考えてみよう!」
サナ「はあ?」
ますたぁ「マルス総受けなフィクションドラマのフィクション次回予告!勿論フィクション!」

そんなわけで

変なフィクションドラマ(妄想)のR付きパンピーは見ない方がいいぜな次回予告

1.「お兄ちゃん…
 やっぱり…お兄ちゃんのことが…」
 月下に浮かび上がる義妹マルスの幼い肢体。
 兄アイクは、その白い素肌に目を奪われた。
 「いけない…」
 そう思いつつも、マルスの唇はアイクを求める。
 屋根裏で二人を窺うダークリンクの気配に気付かずに…。
 いっかつ浪漫ぽるの第一弾!
 【アイクの口唇】好評上映中!

サナ「なんでそこダーク?」

ますたぁ「なんとなく」
サナ「よくもまあマルスとアイクで兄妹愛ネタなんて作れるわね」


2. マルス姫の貞操を
 家臣のアイクが奪ってしまった・・・
 それを知った
 マルス姫の婚約者であるロイは
 アイクを剣で刺し殺してしまった。
 しかしマルス姫は・・・!?
 「私、アイクのこと好きになってたのに!!」
 次回「悪魔の力で甦ったアイク」
 ロイは再びアイクを倒すのか!?

サナ「恐ろしいことするわね…ロイ…」
ますたぁ「ロイだから仕方無い」

3. 目覚めるとアイクの横に
 寝ているはずのマルスがいない。
 昨夜の熱い夜は夢だったのか・・。
 その時、電話のベルが鳴る。
 声の主はロイ「お楽しみの様子は
 とくと拝見させてもらったよ。」
 「これで、なにもかも終わりだね」
 不敵な笑いを残して切れた電話。
 果たして、夢か、幻か・・。
 消えたマルスはいずこへ。
 次回、この真実が明らかになる!

サナ&ますたぁ「リストラの復讐が始まる!!」


4. ダークがアイクの部屋の前を通り過ぎようとした時…
 「ちょ…痛っ」
 マルスの声?
 ダークがドア越しに聞き耳を立ててみると。
 アイク「んな力入れんなって…ヤりにくいだろが」
 マルス「うぅ…気持ちいぃ」
 ダークがまさかと思いつつドアに手を掛けた。
 次回「マッサージかよ!!ややこしい!!」

サナ「よくあるネタ…」
ますたぁ「もしかしたら耳かきかもしれないね」

5.ピカードとマルスは夜毎、逢瀬を繰り返す
 許されぬ禁断の恋・・・・
 しかし、その密会の現場を、
 お魚をくわえたどら猫を追いかけながら
 『ドナドナ』をリコーダーで吹きつづける
 イワンに目撃されてしまい!
 次回こうご期待!

サナ「イワンに何があったって言うの…」

ますたぁ「ところでこれはピカードとマルスがどんどん進展してることに…」
サナ「フィクションだからいいのよ」


_/\○_  ε=\_○ノ< みんな、馬鹿だっ!!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。