題参話


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とーふ物語第三話。まあ実質二話の続編だが
ぐふも:「おでんうめぇ」
ピット「ダーク、大丈夫?」
リンク「だ、大丈夫・・・?」
ダークリンク「う…う~ん……あれ…俺いつ寝たっけ…」
るな「酒飲みてぇ……」
アイク「こいつはラグズなのか…?」
ダークリンク「う…頭痛い…」
るな「いいえ、ケフィアです」
リンク「いや、寝たって言うか・・・気絶といったほうが正しいかな?」
アイク「なるほど」
ぐふも:「なんだケフィアのラグズか」
ダークリンク「え…」
ピット「ずっと一晩中リンクがダークのことを看病してたよ」
ピット「まあ居眠りもしてたけどw」
ダークリンク「それって一晩中って言うのか…?まあ、ありがとう…」
リンク「いや、うん・・・どうしたしまして」
ピット「ぼくは邪魔みたいだねww」
マルス「ちなみにリンクが居眠りしてる間にダークの額に肉って描いたのはアイクだよ」
ピット「しばらく2人でいなよ」
ダークリンク「え!!」
ダークリンク「ほ、本当だ!!え?こ、これ油性か?!」
ぐふも:「ほっぺたにでっていうを書いたのは俺だぜ!!」
アイク「それは違うぞマルス。リンクにも描いた。 さあ、どうだろうな」
ダークリンク「俺の顔はキャンパスじゃねぇよ!!!」
リンク「俺の顔にもかいたのか!?やめろよ!」
ダークリンク「と、とりあえず消してこないと…風呂入ってくる!」
ぐふも:「リンクの顔にはオプーナ描いたぜ!」
リンク「ちょ、俺も風呂で落としてくる!!」
マルス「ちなみにリンクの首筋に『ダークLOVE』と書いたのは僕だよ」
ぐふも:「落書き楽しいです」
ピット「因みにぼくはダークのお腹に『リンクのためなら死ねる』って書いた」
風呂場から第一次絶叫が
ダークリンク「う、わぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
時リン:シェアー!!「リンク不在の間に人気は俺が貰い受ける!!)
リンク「わっ、本当に書いてあるじゃん!言われなきゃ気づかなかったぜ!」
ピット「共通語を話せよ」
マルス「リンク不在の間に人気は俺が貰い受ける!!って言ってるよ」
時リン:「シェアー!!」(それは専門外なのぜ)
そうしてる間に第二次絶叫
ダークリンク「わぁぁぁぁあ!!」
アイク「ヌゥン」マルス「誰だあんたって言ってるよ。で、こっちはそれは専門外なのぜって言ってる」
ダークリンク「消えない!!どうしよう…」
ぐふも:「バイリンガルだったのかー!!」
ピット「マルスって何?通訳を目指してたの?」
ナビィ:「wait!それじゃあmeの出番がnothing!!」
マルス「なんか分かるんだよ」
ピット「それともあれ?国の王子だからいろんな言語を学ばされたとか?」
ピット「そして、このなぞめいた生物はルーマニア…?」
アイク「ヌゥン」マルス「それより三時の肉は?って言ってるよ」
ナビィ:「あ、youは噂に聞くcan't fly angel pitね!!」
そしてダークリンク相当あせったのか裸で登場
ダークリンク「だれだよ!!俺のお腹にこんなの書いたのは!!」
ダークリンク「消えないじゃないか!!」
リンク「ダーク、裸!裸!!」
ピット「それより、ソコ、隠さないの?」
ダークリンク「はっ!!うわああぁぁぁ…」赤面
時リン:「シェアー!!」(背中一面にシェアーって書いたが誰か気づいただろうか)
マルス「背中一面にシェアーって書いたが誰か気づいただろうかって言ってる」
ダークリンク「何ぃ!!」
ダークリンク「リンク、本当か見てくれ」
ナビィ:「…通訳って意外と難しいわね…」
ピット「ルー語じゃない…」
リンク「あっ、書いてあるよ」
アイク「ヌゥン」マルス「ところでこいつは俺と同様の生き物だと見ていいのか?だって」
ナビィ:「Shut up! なによルー語って!」
ダークリンク「うっそ…消してくれ」
ピット「あんたが今使ってる言葉だよ」
ピット「日本語と英語のハイブリットの言葉」
時リン:「シェアー!!」ナビィ:「Yes!youもinterestingなwordをuseするわね!だって」
マルス「(あ、こいつにはこの青白い球体が居るのか)」アイク「ヌゥン」(そうか)
リンク「がっ、頑張ってみるね!」
ダークリンク「痛てぇ!!!強くこすりすぎだ!!」
時リン:「シェアー!!」ナビィ:「それにしても俺が知ってるダークリンクとだいぶ違う…
リンク「ごめん!でもこれくらい強くしないと落ちないんだって!」
ダークリンク「それより消えたか?」
リンク「大分薄くなってきたと思う・・・」
マルス「(ところでかなりルー語の通訳…皆分かってるんだろうか)」
ピット「この青白い球体はルー語の使者なのかそうじゃないのか?」
ナビィ:「球体なんて失礼なchildね。meはfairyなのよ」
ダークリンク「しかしお腹のこれが消えないのは困ったな…」
ピット「ぼくはchildなんかじゃない、Angelだ!」
るな「え?何?腹踊りでもしてたん?」
ピット「はっ!ぼくは一体何を…」
ダークリンク「しばらく一人でいなきゃな…こんなの見られたら俺…」
リンク「1週間もしたら消えるだろうし、誰もおなかなんか見ないから大丈夫だって!」
ナビィ:「fly出来ないのにangelだなんて笑わせるわね」
アイク「ヌゥン」マルス「ダークは出会った瞬間リンクにフォーリンラブなのかだって」
ピット「黙れ!」
時リン:「シェアー!」(妖精がでしゃばると俺が空気になるのは定めなのか!)
るな「flyはフライドに変形しない、これはテストにでたぜ」
ダークリンク「リンク…お前の背中に思い切り赤い字で『ダーク大好き』って書いてあるぞ…」
ピット「そういえばリンクの背中に赤いペンキで『ダーク大好き』って書いたのすっかり忘れてた」
ナビィ:「何故かenglishのtestは苦手なのよね」
リンク「えっ!誰だよ!?」
ピット「ぷっwwルー語の使者なのに」
リンク「やめろよ!別に俺ダークのこと大好きじゃねえし///」
ナビィ:「ルー語の使者なのにって理由で笑われるのはなんか違う気がするわね・・・」
るな「わたしの夢はこの天使っぽいやつをフライドチキンにすることです!」
アイク「ヌゥン」マルス「あ、鶏肉だって」
ナビィ:「goodなideaね」
ピット「殺気を感じる…」
ダークリンク「ペンキだって。消えなさそうだな…」
アイク「ヌゥン…!」マルス「腹が減った…肉が喰いたい…だって」
マルス「て言うか僕通訳しかしてないね」
るな「フライにされるか、猫を飼うかどっちがいい?」
リンク「うぅー(泣)」
時リン:「シェアー!!」(心配するな!俺は通訳を破棄されている)
マルス「そっか・・・そうだね。もう通訳疲れたからいいや」
ダークリンク「泣くなよ…」
時リン:「シェアー!!」(それにしても、ぬぅん、か…いい響きだ)
ダークリンク「これで何とかなるかな…」ダークリンク、硫酸を持ってくる
リンク「いや、だってさ、知らない間に落書きされててそれが落ちなくて、まぁ恥ずかしいことかかれてんだからなきたくもなるよ・・・」
アイク「ぬ、ぬぅん…」(俺も通訳を破棄されてしまったな)
ダークリンク「これ使うか?硫酸。」
どこからともなく 水竜「説明しよう!アイクは一度ヌゥンを使うと寝ないと治らないのだ!」
ダークリンク「使えるかどうかは分からないが…」
ぐふも:「あ、ますtうわなにをすr」
リンク「使わないよりはいいかもしれないし、使ってみてよ!」
るな「だれかこの中にスリープが使える方は居ますか?」
プリン「私の出番ね!!!」
ぐふも:「スリープからザオリクまでなんでもあるのぜ」
水竜「サラダバー」
ダークリンク、リンクの背中に硫酸を少したらす
ペンキがだんだん液化していく…
と、同時にリンクの背中に焼けるような痛みが
ダークリンク「おぉ、落ちた!」
リンク「痛い!!なんか溶けてるかんが・・・?」
ダークリンク「リンク、やったぞ、字が消えた!」
ダークリンク「あとは水洗いだな」
ダークリンクがリンクの背中をすすぐ。
マルス「わーいやったあー! と言いながら二人は喜び、抱きあった。・・・・・なんて無いか」
ダークリンク「なんか背中がペンキの色ではないが赤くなったな…やっぱり硫酸じゃ強すぎか…」
るな「(ゆうたいりだつー)」
リンク「冷たい!?やっと落ちてくれたか・・・背中に痛さが残ってるが・・・ありがとうな!」
ピット「あ~ああ、消しちゃったんだ…」
ピット「せっかく丹精こめて書いたのに…」
るな「(あ、チキンだ)」
ダークリンク「だから、俺たちの体はキャンパスじゃな…い…」
アイク「ヌゥン」(肉が喰いたい)
ダークリンク「ピット…?」
ピット「許さないよ!!!!」
るな「(おお、こわいこわい)」
ピット「2人とも熱湯の中に落ちればいい!!!!」
リンク「熱湯って死ぬから!!」
ピットがリンクとダークを熱湯(水温68℃)の中に落とす
ぐふも:(こやつ悪役だったのか)
アイク「ヌゥン…」(俺はもう我慢できない…)←ラグネルを構える
リンク「熱い!!水っ!!(この撲殺天使め!!)」
ダークリンク「あ!!!あつぃ!!!や!!」
るな「(フライ!フライ!)」
時オカ:「シェアー!!」(空気を呼んで二人を華麗に救出するぜ!!)
マルス「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~」
ピット「うぅ~ん…いい顔」
ピット「仲良すぎるってのも困ったもんだねw」
ぐふも:(あっ、アイクが・・・)
ピット「踏みにじってあげたくなっちゃうよ」リンクの耳元でささやく
るな「(おーい、ピットー、後ろ向いてみー)」
アイク「覚悟しろ」←ピットの背後に居る
ピット「!!!!」
ぐふも:「あぁ、もう襲いや・・・」
噴 火
ピット「ぐはっ!!」
ピット「よくもやってくれたね…!!!」
ナビィ:「これが本当の焼き鳥・・・」
ピット、マジギレ
アイク「ヌゥン」アイクの目が肉的な意味で怖い
るな「(焼きflyだー)」
ピット「許さないよ…」ピットの服やツバサが黒く染まっていく
時リン:「シェアー!!」(おっと二人を助けるついでに手が滑ったぜー!!)ピットをお湯の中に以下略
ピット「!!あっつ!!え!お、お湯?!」
アイク「ヌゥン」(軽く炙った後に熱湯で煮て焼肉の垂れをかけて食うのか)
ピット「!!お湯じゃん!!!だっ!!ダメ!!今は!!濡れたら!!」
ぐふも:「湯で鳥…じゃなくて…えーっと…」
ピット「つ!つばさがぁあ!!!」
ぐふも:「アイクが…ニヤニヤして・・・る・・・・?」
るな「(あー、食物連鎖だなー)」
ピット「お、お母さん…」
アイクはナイフとフォークをどこからともなく取り出して今にもピットを捕食しそうな勢いだ!
パルテナ「だから私はあんたのお母さんじゃないわよ」
パルテナ「まあ助けに来たけど」
ぐふも:「やべぇ ほれ肉」
パルテナ「光よ!!!」
熱湯が排水されてく
るな「(そろそろハイパーまっくろくろすけタイム始まりのお知らせかね…)」
アイク「ヌゥン!」(肉!)瞬間移動かなんなのか
リンク「たっ、助かった・・・」
ピット、いつの間にか白い翼と服に戻ってる、そして気絶してる
ぐふも:「も、もう肉を・・・」
マルス「(ロイ…)」
パルテナ「ピット、あなたは少し頭を使ったほうがいいですね」
5秒ほどで全て平らげました
パルテナがピットを抱えて天空界に帰る
るな「(実は俺、緑髪萌えなんd……あれ?いったい何を…)」
ダークリンク「リンク…大丈夫か?」
リンク「やっ、かなり火傷したんだけれども・・・ダークは大丈夫?」
時リン:「シェアー!!」(緑髪なら俺の嫁候補のサリアがだなうんたらかんたら)
ダークリンク「俺は何とか。」
マルス「(さっきから僕シェアー並に空気だったような…ロイ…)」
ダークリンク「しかしいつの間にかなづちを克服したんだ?」
ナビィ:「Airは個性って誰かが言ってたわ・・・」
ダークリンク「おとといまで浮輪をしなきゃ風呂にすら入れなかったのに」
そして、アイクの後に怪しい影が…
???「ずいぶん騒がしいと思ってきたら、なんなんだこれは?」
リンク「プッwダークにも可愛いところあったんだねw」
サナ姉「説明しよう!マルスはたまにロイシックになるのだ!本当にたまに!」
ダークリンク「お前だろ!浮輪なくして風呂に入れなかったのは!」
サナ姉「サラダバー」
ダークリンク「何他人事のようにしてるんだよ・・・」
時オカ:「シェアー!!」(俺もサラダバー言いたいのぜ)
アイク「ヌゥン」(誰だあんたは)
ロイ「そういうあんたこそ」
リンク「うっ、すみません・・・」
ぐふも:「大人ピットじゃないですか
マルス「ろ、ロイーーーー!!」ドドドドド
るな「(どちらさまだてめえ)」
ロイ「せっかく静かな休日を楽しんでたというのに…」
ロイ「!!マルス王子!!」
ロイ「なぜこんなところに?」
マルス「いやなんかかくかくしかじかで…」
ぐふも:(この場にやつがいなくてよかった・・・ぴkうわなにをすr))
ロイ「かくかくしかじかって…コンテの宣伝ですか?」
マルス「説明すると面倒臭いんだ。後でゆっくり話そう」
ダークリンク「しかし火傷か…今度は俺が看病する番だな」
ダークリンク「しかしピットのアレはあれで凄かったな…」
リンク「別にこんなのすぐ直るし、薬つけとけば平気だって!」
ダークリンク「その薬なんだが…」
アイク「…(【考えてる事がカオス】)」
ダークリンク「この前使い切らしちゃってだな」
るな「(ゴキジェット使う?)」
ぐふも:「グフー謹製ハイパー漢方2009飲む?」
ダークリンク「やめとけ」
マルス「つ馬のハイポーション」
リンク「残念ながら俺は馬じゃないぞw」
ロイ「そういえばマルス王子、リンクさんには兄弟なんていましたっけ?」
時オカ:「シェアー!!」(青いクスリならもってるぞ!)
ロイ「この黒髪の青年…リンクとほとんど形は同じですね」
マルス「わからないなぁ。正直リンクの家系なんて興味無いし」
ロイ「なんかアレですね、すごく仲よさそうです」
ダークリンク「薬は無いが熱冷まシートならあるぞ」
時リン:「シェアー!!」(ちょwwww俺の見た目にはノータッチwwwwww)
マルス「そうだねー前の僕達みたいだね。あれ、アイク?」アイクさん消失
と言いつつ、リンクの全身に熱冷まシートを貼り付ける
ダークリンク「リンク、知ってたか?火傷は冷やさないとどんどん中まで焼けていくんだ」
リンク「熱冷まシートで火傷って治るもんなのか・・・?いやだな・・・」
るな「(ゴキジェットの方が冷えるよ!分からんけど!)」
ぐふも:「こんなときこそ⑨のでbうわなにをs」
水竜「ただいマンモス!」
なんか丁度良い時に帰ってきた
ダークリンク「今日は俺がお前のことを診てやるからな、リンク」
時リン:「シェアー!!」(なんだお前はゾーラみたいだ)
リンク「ん、ありがと^^」
るな「(えーりん!えーりん!)」
水竜「帰ってくる途中でアイクとすれ違ったけどなんかあったの? 何か…いる…」
ロイ「?なんだ、この水色の生物?」
ナビィ:「今度は通訳がAirになり掛けてたわ・・・」
そのころの天空界~パルテナ「ピット…あなたはもっと頭を使って行動すべきでしょう」
ナビィ:「珍しいわねこんな場所にゾーラ族なんて」
水竜「ぞぉらぞくだとぉ」
そのころの天空界~ピット「ご、ごめんなさい、パルテナ様…」
そのころの天空界~パルテナ「あなたの行動の結果というのでしょうか、リンクたちがより仲良くなったみたいです」
時リン:「シ、・・・シェアー」(ゾーラ族… !…ゾーラ族怖いゾーラ族怖い)
そのころの天空界~ピット「やった価値あったね。よかった」
水竜「…なんか居にくいなーちゃ…おっと口が滑った。出かけて来よー」
そのころの天空界~パルテナ「そろそろあなたも戻ったほうがいいでしょう」
ピット、降臨
ピット「ダーク、大丈夫?ww」
ナビィ:「あ、とりにk…じゃないchildだわ」
ダークリンク「え、あ、お、俺は平気だ…(帰ってきちゃったよ…)」
マルス「あ、鶏」
るな「(雌鳥?)」
ピット「黙れ空気」
マルス「空気・・・・・・・・?」
ピット「ロイがいなくちゃ空気同然じゃんw」
マルス「……………」
ロイ「マルス王子になんてことを言うんだ!!!」
るな「(エアー!……あれ…?わたしはいったいなn(ry
ぐふも:「鶏肉よりはいいとか言っちゃだめだよね」
ぐふも:「あ、なんでもない!なんでもないz(ry」
ピット「存在を忘れられてるっていう感覚はどういうもんなんだろうね?」
ピット「存在してないものと同等ってことだしw結構悲しいかもねwwww」
マルス「………………………さあね~…メインキャラの君には分からないだろうね…(笑)」
ナビィ:「でも実際貴方もスマX出るまで空気同然だったんj…あ、なんでもないわ・・・」
ピット「うんww分からないよwたぶんこのままずっとww」
ピット「ここで空気なんだしwwほかの場所でも空気なんだろな~」
ピット「ね?Air王子」
ロイ「いくらなんでも許せない…!!!」
マルス「一生分からない…うん、そうだろうね整形顔君」
るな「(世の中には茶会場というものがあってだな)」
ロイ「くらえぇぇぇえ!!!噴水!!!そーりゃ!!」←マーべラスコンビネーション発動
ぐふも:「過去を抹消された鶏肉…じゃない人間ほど悲しいものはないのぅ・・・」
ますt-いやいやいやいや何でもありません
ピット「そういえばなんか総数減ってるね?」
るな「(おちつけ鶏肉、焼いて食っちまうぞ)」
ピット「まあ、いっか」
その時だったー!!!
ぐふも:(いかんだんだん本物の鶏肉張りにうまそうにみえてきt)
アイク「ヌゥン、覚悟しろ」
グレイル:「争いと聞いてやってきた」
ピット「ふっww」
父を連れての登場か…
ピット「さっきはよくもやってくれたねおバカさん」
グレイル:「……あれは鳥系統のラグズなのか」
アイク「いや、違う。鶏肉だ」
グレイル:「なんだ鶏肉か」
ピット「君がいない間にマルスとロイはかなり関係を深めたみたいだよ?」
ピット「いまやマルスにはロイが不可欠みたいだねww」
グレイル:「よしかまわん息子よ、あの鶏肉殺すがいい」
瞬殺
ピット「ぼくが死ぬとでも?」
るな「(うわてんしつよい)」
ピット「人間ごときにぼくは殺せはしない…」
リンク「(わははw俺完全空気w)」
ぐふも「(強いなさすがてんこつよい)」
???≫???ぁ「?カ??、今度は思う存分暴れるがいい」
ピット「うっとうしいから眠っててくれる?」アイクの首を思い切りチョップする
アイク「残念それは分身だ」
?カ??:[チ?ド]
どこからともなく氷結させr以下略
ロイ「?!」
ロイ「やったのか…?」
るな「(ゲスト出演かピカチュウさnぎゃあああああああ)」
ぐふも:(あそこって基地的なもんだったのか・・・)
ピット「わ~涼しい」氷粉砕
るな「(なにィ!)」
氷の塊がダークに直撃
ぐふも:(くちびるが青いが…まぁいいか)
ダークリンク「うぐっ…」
マルス「(あいつ完全悪役じゃん)」
アイク「助けてー459ー」
るな「(たすけてえりーん)」
ガラッ
ピット「だれだろう、この中にあんな技出せるやついたっけ…」
ピット「!!まさか…」
ピット「あいつかな…」
グレイルぱぱん完全に空気…あとシェアーとかルー語とか
ピット「まあいいや、[アンダンテ]!!」時間の経過がゆっくりになる
しっこく:「だが女神補正」
るな「(ゆっくりしていってね!!!…あれ?)」
ピット「!しっこくさん、何でここにいるの?」
アイク「オヤシロビーム!」
しっこく:「(´・ω・`)やあ ようこそしっこくハウスへ」
しっこく:「このエタルドはサービスだから、まずは食らって死んでほしい」
ピット「邪魔しないでくれる?[フェルマータ]!!」声が長く響く
しっこく:「うん、「効かない」んだ、すまない」
しっこく:「デインの顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない」
マルス「(堕天使退散!)」
しっこく:「でも、君が私を見たとき、言葉では言い表せないような「絶望」見たいなものを感じてくれたと思う」
アイク「(すぐに呼びましょしっこく!)」
しっこく:「 さ あ 最 初 か ら や り 直 す が い い 」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。