※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 漏えい事故 2005年度1556件
①従業員の不注意 76.1%
②第三者の故意 15.1%
③従業員の故意 10件のみ

  • 漏洩防止のために
①利用目的確保
②オプトアウト(第三者への提供禁止)

  • 漏洩したら企業(個人情報取扱事業者)は、以下に問われる
①安全管理措置義務違反
②従業員監督義務違反

  • 個人情報保護法
①個人の権利利益保護
②個人情報有用性への配慮
※学校の名簿を作成しない、は①に配慮しすぎて②を訴えられない学校側の責任といえる