※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新国家エネルギー戦略


【背景】
  • 原油価格高騰
  • 中国などアジア各国の経済成長に伴うエネルギー需要の増大
  • 世界的なエネルギー資源の争奪戦の厳しさが増す
⇒エネルギーに関わる国家戦略の全体像を作成

【基本方針】
「強靭なエネルギー需給構造の実現」
「対外関係・国際貢献の強化」
「緊急時対応策の充実」

【具体的戦略(数値目標あり)】
①省エネルギー
②石油依存度低減
③運輸部門の石油依存度低減
④原子力発電
⑤海外資源自主開発

【実現可能なのか?】
近年の国内外のエネルギー情勢などを考慮すると、これらの目標達成は必ずしも容易なものではない

【期待は石炭】
欠点:
  • 単位熱量当りの二酸化炭素
  • 環境汚染物質の排出が他の化石燃料と比較して大きい

利点:
  • 賦存量が豊富であり、産出する国も多種多様
  • 調達性やセキュリティの面での優位性

【結論】
環境性の面での課題を克服し、脱石油化の選択肢の一つとして、石炭エネルギーの優位性に再び目を向けその開発を推し進めていくことが、戦略実現の近道かもしれない。