※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

少子高齢化問題


■少子高齢化
  • 若者の就業支援
  • 社会への男女共同参画
  • 仕事と子育ての両立できる環境整備
  • 高齢者の雇用

■出生率
  • 合計特殊出生率 一人の女性が生涯に産む子供の数。2.07で現状維持
【日本】
2004年:1.29%、2005年:1.25%
2005年、史上初の自然減(4361人、全体では1万9000人)
【このままいくと】
2006年:1億2774万人 母数:2004年:2800万人
2050年:8596万人      2050年:1700万人
2070年:6581万人 半減!

★影響 15歳~64歳 生産年齢人口 50年で53.6%(現在-13ポイント)
  • 労働力不足
  • 税金・社会保険料負担などの増大
  • 消費の減退
  • 貯蓄率の低下
  • 企業の投資の伸び悩み
  • 日本経済の縮小

★対策 安心して結婚、出産、育児、教育できる環境づくり
①出産・育児のための労働時間・労働場所の配慮
②育児休業制度の徹底
③労働時間の短縮、有給休暇の取得促進
④男女均等な待遇と公正な人事評価の徹底
⑤女性管理職の増加
⑥短時間労働やワークシェアリングなど多用な働き方を認める
⑦パートタイム労働者の均衡処遇推進など企業の体制整備
⑧男性の家事、子育て参加の促進
⑨地域子育て支援、保育の充実
⑩児童手当や税制の見直しによる経済的負担の軽減(子供一人大学まで卒業:1300万円かかる)
    1. 乳幼児医療費の助成
    2. 出産関連医療費の無料化
    3. 助成の出産後の再就職支援
    4. 子育て世帯への税制優遇措置
    5. 保育料や幼稚園費の軽減
⑪家事を頼める使いやすいサービス
⑫小児医療の充実
⑬奨学金事業の充実


  • 総人口に占める年少人口の割合:13.9%
○高齢化率(65歳以上の高齢者割合)
  • 1960年(S45) 7%
  • 1994年(H6) 14%
  • 2004年   19.5%

【世界】人口増加率 2006年 1.14% 20万人強/日
    2006/2/25現在約65億人
    2026年:79億人、2046年:90億人

★影響
  • 食料問題 世界の穀倉在庫率→1990年:30%↑ 2005年:17.7%
  • 水問題
  • エネルギー問題 世界2%⇔中国4.1%、インド3.3%の伸び
  • 環境問題