※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「社会保障」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

社会保障 - (2006/11/18 (土) 23:08:12) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 *6-2.社会保障
 
 【社会保障の現状】 
 
 2006年度:社会保障関係費(政府予算)
 20兆5739億円(前年度比1931億円増) 
 国の一般歳出の44.4% 
 
 社会保障給付費(国・地方自治体など政府予算とは別の統計)
 2004年度:85兆6,469億円で、一人あたり67万800円 
 高齢者関係給付費:60兆6,537億円となり、同給付費の7割 
 
 2025年度の社会保障給付費は141兆円(国民所得比26.1%)に達するとの見通し
 
 
 【社会保障の問題と課題】 
 
 財源確保:合計特殊出生率や経済成長率の低下 
 給付と負担のレベル設定:社会保障給付は7割が高齢者。若年世代の負担は増加。 
 合理的・効率的で公平な仕組みに変えていくこと:公的年金制度改革、公的医療保険の制度改革 
 子育て世代への支援 
 若年世代への失業対策 
 住宅などの関連施策の充実 
 男女共同参画社会の実現
 ⇔ 
 「雪だるま式に膨張する」国債残高と歳出の圧縮したい財務省 
 義務的経費にかかる予算だけでも確保したい厚生労働省 
 
 
 
 【改革の方向性(今後ってこと?)】 
 (1) 自らの生活、健康は自ら維持するという「自助」 
 (2) 相互に分散する「共助」が補完 
 (3) 自助や共助では対応できない困窮などの状況に対し、「公助」として位置付ける 
 ↓ 
-予防や自立支援の推進により、社会保障の需要そのものが縮小されるような政策努力が不可欠
+予防や自立支援の推進により、社会保障の需要そのものが縮小されるような政策努力が不可欠。
+家族、地域社会、企業が重層的にセーフティネットを構築していかなければならない。