※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装錬金 第13話 感想

おそまきながら感想をば。

今回は年末一挙2話放送となるため、流石に深夜2時まで起きているわけにはいかず、一度仮眠をとりました。翌日意外とひびかないという効果があったので、来年もこのパターンで行こうかな、と思ったり。

さて、今回の13話は武装錬金でも出色のシーンが収められています。そう、オープニングにも収められている“校舎のみんなから声援を浴びる”シーン!

あれは燃えました。素直に。

でもって、ムーンVSブラボーにドクトルバタフライVSパピヨンの蝶々対決と名シーンが目白押し。ムーンの怪しい動きや、ブラボーの表情と台詞を堪能しました。格好いいんだ、これが! そして、ちょっとバタVSパピは台詞が多かったかなと思いましたが、アリス・イン・ワンダーランドの陥穽にはまるパヒヨンのキモプリティな台詞回しの、ちょっと忘れられそうにないくらいのインパクトの前には些細な瑕疵に思えます。

そんな感じで、それぞれスタッフの思い入れのこもったシーンが続いていた回だな、と(敢えて絵がどうこうとかは言わない)。