※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装錬金 第8話 感想

ということで、一昨日、友人が録画していてくれたアニメ『武装錬金』を見てきました。ようやくですよ、ようやく! あのシステム障害で一体どれだけ我慢したことか(以下略)。ひゃっほう(酔)。

というわけで、一番のサプライズは金髪陣内でした。あの原作のライナーノーツの「国際色」に合わせたのでしょうか? あっているような、あっていないような微妙なセンをいっています。金城も微妙なカラーリングでしたなぁ。

対陣内戦のシーンは、ヒュウガ・ウィルス(『五分後の世界2』)に感染したかのようなぎくしゃくなモブの動きがキショさ全開でした。妙なところで作画をケチらないアニメだなと思います。

で、斗貴子さんの過去のシーンはやっぱりお食事シーンはNGだったようです。モザイクも無し、そして、陣内に対する“あんまりな仕打ち”も無し。まぁ、仕方ないかアニメだし‥‥でもバルスカの動きは良かったですよー。特にパピヨン登場のあたりの殺る気満々な動きは私の求めていた動きです(笑)。

ああそうだ。パピヨンの股間に核鉄を収納する動きにスタッフのこだわりを見たような気がします。

追伸。『ローゼンメイデン』の巴ちゃんに一本傷を描き込みしたくなってしようがなかったバカがここにいます。友人S氏に笑われました‥‥。