※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私的『武装錬金』BGM

「あ、この曲はこのキャラクターを連想させるなぁ」とBGMを決めることはありがちなことですが、ファンとしてはそれも一つの楽しみなのです。ということで、田倉眞閑的BGMの紹介。


Euchari(Garmarna “Vengeance”)

ビンゲンのヒルデガルトという約1000年前の女性が作曲した聖歌を、Garmarna というスウェーデンのトラッドバンドがジャズっぽくアレンジして、スウェーデン語のオリジナル詞(?)で歌っている。“太陽のぬくもりがあなたに染みいる”とか、“あなたの手が私に届く、私達の渇望する熱に満ちて”とか、周囲の人々から見たカズキという感じの歌詞がいい感じ。

You Are My Destiny(Paul Anka)

元々、Paul Ankaが自分の母親のことを歌った曲なのだそうだ。斗貴子さんに歌わせてもよし、パピヨンや早坂姉弟に歌わせてもよし‥‥誰に歌わせても全てネタになる便利な往年の名曲。もちろん、ミラーボールとスポットライト付きで。

Moonchild(King Crimson “In the Court of the Crimson King”)

“彼女は月の子、柳の陰で夢をみる”、“太陽の子からの笑顔を待っている月の子”という歌詞と、寂しげで甘いメロディーラインがストレートにヒット。私的斗貴子さんソングになっています。

Tass'on nainen(Hedningarna “Tra”)

『女がいる』というタイトルのこの曲は、おどろおどろしいパーカッションやバグパイプとともに2人の女性Voによって呪術的に歌われます。臨戦態勢に入りつつある斗貴子さんを連想させる曲。

21st Century Schizoid Man(King Crimson “In the Court of the Crimson King”)

キング・クリムゾンの代表曲の一つ。邦題『21世紀のスキツォイド・マン(21世紀の精神異常者)』。35年前の曲とは思えないカッコイイ、ロックらしいロック。破滅的な歌詞で、エフェクトかかって歪んだVoで、理知的で、狂騒的で、アナクロかつ斬新な曲構成がパピヨンらしいな、と。

アゲハ蝶(ポルノグラフィティ)

説明の必要なし(笑)。多分相当の割合の人が彼のテーマソングにしているはず。

王国(谷山浩子 “歪んだ王国”)

早坂姉弟編限定で。某ミステリシリーズのテーマソングだということを差っ引いても、閉じた世界をストレートに表現した名曲かと思います。

Tuuli(Hedningarna “Tra”)

天候の神様に、全てを吹き飛ばして世界を浄化する大嵐を祈る歌。邦題は『風』。極北のサーメ人のうなり声とカレリアの女性Voが、時に囁き、時に絶叫し、一息に駆け抜ける。あまりのアクの強さに拒否反応を起こす人はいるかもしれない。でも個人的に鷲尾さんの歌。

You Are My Sun Shine(アメリカ民謡?)

やはり往年の名曲。カノジョに逃げられた男の泣き言なので却下‥‥とか思っていたのですけれど、剛太ならいけるかも。“あなたは知らない、親愛なるひとよ。僕がどれだけあなたを愛しているか”とか。

Sja attende(Gate “Iselilja”)

ハードロックの形式で歌われる、少年を誘惑する森の妖精の歌です。ヴォーカルの声が私的にヴィクトリアの声だったりする。パワフルでちょっと舌足らずな女の子の声。


Raven(Hedningarna “Tra”)

おまけ。邦題は『狐女』。喘ぎ声と無邪気な歌声とだみ声がかけあうエロスな曲。本当にはぁはぁいってます。狐の動物型ホムンクルスがいたとしたら、こんな感じだろうな、と。内容的にも狐女さんが獲物の血にまみれてストリップしています。

アンドロメダの異星人(青樹亜依“アンドロメダの異星人”)

おまけその二。電波系の誉れ高いアルバム。心構えもなく聴くと、臨死の恍惚を味わえます。しかも、微妙にクセになり、そんな自分が哀しくなってきます。六舛のコレクションに紛れていそうなのでリストに入れました。

Note

2004/10/08 初稿

2004/10/11 修正

"アンドロメダの異星人"追加。

2006/01/29 修正

"Sja attende"追加。

2006/11/12 移行、一部修正

新サイトに移行しました。それに伴って、タグやレイアウトを修正。