※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装錬金 第5話 感想

早くも第5話です。対鷲尾の後半部分から蝶野の実家に行くまで。

やっぱりバトルシーンはアニメの方が動きがあって馴染みます。けっこうオリジナルなアングルもあって、バトルの展開も面白く見れました。ただ、モノローグを含む台詞がどうしても長いので、その調整が大変だなー、とも。どうしても台詞を聞く方に注意がいってしまう‥‥。

まひろはようやく、原作の路線とシンクロしました。アニメでは最初からボケということになっていましたが、ようやく一本化(笑)。でもいきなりナース姿で飛ばしています。ついでに、斗貴子さんにかがみ込むシーンの胸あたりの服のしわに妙な熱意を感じたのは私だけ?

気になったのはカズキが持つサンライトハートの音。ぶぃんぶぃんと、かなり耳に優しくない音ですな! ぱちぱちノイズ系のイメージがあったのですが‥‥。

で、ちょっと熱くなったのはカズキと岡倉のげんこつ。信頼感がとてもよく表現できていたシーンだったなぁ、と。