※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武装錬金 第4話 感想

日本シリーズの延長のあおりを受けて、放映をひたすら待った今回。放映がはじまった時点で力尽きかけていたりします。

で、今回は蝶野攻爵の本格稼働の話でした。なんつーか、アニメオリジナルの遊びの部分が少なかったかなー、という気がしました。まー、先週のブルマ(笑)とまでは行かないでしょうが、ほぼ原作通りなのが嬉しくもあり、ちょっと物足りなくもあり。対鷲尾の序盤戦では割と頑張っていたのですが、次の回のバトルの見せ方で私的評価が決まるかな、と思ったりもしたり。

ところで、鷲尾さんがちょっと黄色みが強いような。翼が暗色系だったのは意外性があったのですが‥‥ちょっと黄疸ぽく見えてしまったりする。

そして蝶野の切れ味の良いヤバさが良い線いっています。色彩のチョイスもあるのでしょうが、平板さというか、薄さがよく出ていた感じ。これがどう変化してゆくのか楽しみです(声優の演技ともども)。で、「さあどうする?」のキモい口はやってくれて満足かな、っと。