※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


#ref error : ファイルが見つかりません (ic.jpg)
  • WAONについて


囲い込みせずに成功した例

当初囲い込みをしていたが、それをやめた例


iTunes

  • 最初は囲い込み戦略(Macへの)
  • iPodの購入を促すため、Windowsの無料版もリリース
  • iPodを使うWindowsユーザにiTunesを利用させる→Mac乗り換え

2001年1月に音楽再生・管理ソフトとしてリリースされ、
iPodが発売されてからはその管理ソフトウェアとしての役割を持つようになった。
その後のバージョンアップで動画ファイルの再生・管理やiTunes Storeへの接続機能が追加された。

当初は、WindowsからMacintoshへの"Switch"(乗り換え)を促すという販売戦略から、
Macintosh版のみを無償配布していた。
その簡略化されたユーザインタフェースなどで、
アップル製の周辺機器・ソフトウェアへの興味を持ってもらう戦略だった。

その後Windows版の無料配布を開始、
iTunesを通してアップル流の操作感覚に親しんでもらい、
iPodの購入とMacへの乗り換えを促すという方針に転換した。

現在のiTunesは、
Windows版よりも本来のMac OS X版の方が快適に動作する。
現に動作速度一つを取っても、
Windows上よりもMac OS X上のほうが高速に動作し、
安定性も高い(Core Foundationが統合されていることが大きい)
さらにMacintosh版ではASIOと同様に音楽制作に特化していると言われるCore Audioを標準で使用している
(iTunesがQuickTimeを利用することで、Core Audioを使用していることになる)

mixi??


WAONnanaco

(囲い込みは、若干している?)

  • 電子マネー
  • コンビニで使える、先行投資の費用がEdyより少ない
  • コンビニなど、実店舗の基盤がある
  • 使うことによる利点がある(ポイント付加)
  • WAONは200円で1ポイント、nanacoは100円で1ポイント
  • Edyは、ひとつのカードでひとつのポイントサービスを選ぶ

ファストファッションと、ハイファッション
MUJIのデザイン

「ダメな日本企業(事業)ー処方箋となる知識デザイン企業」

強いブランド力を育てる八か条

1、ブランドのDNAを定義し、保護する
2、ブランドを賢く拡張して企業を育てる
3、顧客とのあいだに商品やサービスを超越した情緒的きずなを
4、時代を超えて価値の変わらぬものの擁護者となる
5、企業の大きさをマイナスではなく+に活かす
6、企業の超人的パワーをいい目的に役立てる
7、自社のブランド価値を組織全体に浸透させる
8、ブランドの良き育ての親になる

(なぜみんなスターバックスにいきたがるのか、より)

知識デザイン企業


ユニクロ
サマンサタバサ
ピーチジョン
旭山動物園
mixi
ホンダのウェブ戦略
ホンダはF1でエンジンの技術力を見せつけ、世界へ飛躍

フランフラン

ユナイテッドアローズ

ダメな日本企業(事業)

USJ
SONYのBETA
(注:プロユースの放送機器分野ではベータが主流らしい)
一般家電市場で失敗、技術力を放送分野で活かす


百貨店の経営利益率は、5%に満たない

同じブランドをまったく同じ値段で、ほとんど同じショップコンセプトで。
金太郎飴状態の烔益
顧客カードにおける値引率も変わらない
レジャーの多様化、
超高級ブランドが自前の路面点を百貨店の近くにオープン
「総合」=サービスの差異のなさ、集合

色々な部門が集まっている巨大組織は没個性

(高橋克典、「ブランドビジネス」より)
デョズニーランドはワンコンセプトからはみ出さない
違ったコンセプトの寄せ集めではなく、専門店

ちょっと参考にしたい本








MIT型:個別ビジネスやコンテンツ作成、もの作り、産官学共同?


MOTの始まり


MITスローンスクールのMOTプログラム

リーダー:エドワード・B・ロバーツ教授

スタンフォード大学ビジネススクールのテクノ
ロジーマネジメント講座

ウィリアム・F・ミラー教授

80年代半ばから活性化

→SRI(Stanford Research Institute)CEO米国におけるMOT教育の活性化

MIT“Made In America”1989年

背景:70年代~日本企業に自動車、家電、時計など米市場を席巻され危機感

「経営者が技術を知らず、技術者が経営を知らないことが日本に勝てない理由」

→全米80校がMOTコースを設置

『テクノロジーのマネジメントは結局のところ人のマネジメント』

(アイ・ディー・エス代表取締役社長故熊谷卓也「テクノロジーマネジメントと経営組織」講師)


MOT教育の実態


各教育機関は何を目指しているのか?

プログラムの特徴は?

 それは事業創造、イノベーションを導くのか?
添付ファイル