※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ダリィ補習の後に、いちご牛乳求めて売店へ。

取り敢えず、1回はチャレンジしてやろうじゃねぇかと、お任せやったら午後茶のロイヤルミルク。

・・・普通にいちご牛乳も購入。


ベンチで基本的に俺の横に座るのは女子高生限定だ。

ソコにやって来たのはまぁ女子高生。

「一応」女子高生。

「ギャグ」でカワイイ女子高生、鬼宵。

取り敢えず、早弁の極意を伝授・・・したのはいいとして、今日もまた、地雷を踏む。

いっそのこと、昨日からの記憶を吹き飛ばしてくれ。

早弁の罪により、緑水な鬼宵にいちご牛乳恵んでやった。お返しに、いちご味の飴。

鬼宵がオヤジ卒業したらパフェ昇格。そしたら俺もパフェ食えるし。


で、いちご牛乳は勿論補充して、雨の中帰る。

いちご牛乳はマジで旨ぇ。