※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


夏音 / GLAY

作詞: TAKURO / 作曲: TAKURO


夏の空は今日も青空で君を思い出すから嫌いだった

君の声が聞こえる 耳をくすぐる響き
照れてる君が好き 夏の音に紛れて

哀しさの微笑みを喜びの涙を
その一つ一つが 僕も宝物

あの日出会って 見つめ合って 指が触れ愛しさ知った
求め合って 恋に落ちた 慰め合って 愛になった そんな日々の跡

夏の星はとても瞬いて 君のはしゃぐ様子が嬉しくて
もっと好きと伝えたかったけれど 言葉にも出来ないまま
夏の音はとても儚くて 君を思い出すから切なくて
きっといつか君の哀しさを 全て背負うそれが僕の夢だった

あの頃...

君は瞳を閉じて 唇を震わせた
ずっと忘れないでと 言った様な気がした

月は顔を隠して 闇の深さを増す
見上げた星が今 人知れずに消えた

時はきっと 僕の中の 引き出しから君をさらって
あの温もり あの優しさ あのときめき行かないで どうか行かないで

夢中で駆けた二人のページから 君の思い出ばかり溢れ出て
そっとそっと扉を開ければ あの日あの時と同じで
夏の空は今日も青空で 君を思い出すから 嫌いで
一人読んだ最後のページには 『精一杯生きた証の様な恋でした』

僕の恋はずっとそのままで一人大人になるのが寂しくて