※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ここにしか咲かない花 / コブクロ

作詞: 小渕健太郎 / 作曲: 小渕健太郎


何も無い場所だけれど ここにしか咲かない花がある
心にくくりつけた荷物を 静かに降ろせる場所
空の色映し出した 瑠璃色の海 遥かから聞こえる
あなたの笑い声は よく聴けば 波の音でした

寂しさ隠せずにいるなら一人になればいい
囁くほどの声で呼んでいるのは いつも同じ名前

あの優しかった場所は今でも 変わらずに 僕を待ってくれていますか?
最後まで笑顔で 何度も振り返り 遠ざかる姿に 唇 噛み締めた
今はこみ上げる寂寞の思いに 潤んだ世界を拭ってくれる
指先を待っている

影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
うつむく顔を上げて振り返れば そこにある光に気付くだろう

同じ数の出会いと別れ でも割り切れなくて
余るほどの想い出をいつまでも 胸に咲かせながら

雨上がりの道は泥濘るけれど 今ここに生きている証を刻むよ
どうかこの涙を しおれかけの花に 喜びの彼方でもう一度咲けるように
願いは海風に 吹かれて大空へ やがて小さな虹をわたるよ
いつの日か その足で

ここにしか咲かない花 ここにしか咲かない風
ここでしか聴けない歌 ここでしか見えないもの
ここでしか咲かない花 ここにしか吹かない風

あの優しかった場所は今でも 変らずに 僕を待ってくれていますか?
ふいに込み上げる 寂寞の想いも 忘れ去られそうな時代の傷跡も
雨上がりの道は泥濘るむけれど 今ここに 生きている証を刻むよ
いつかこの涙も 寂寞の想いも 忘れ去られそうな時代の傷跡も
燦然と輝く"あけもどろの中に 風が運んで星にかわる
そんな日を 待っている

"あけもどろ...琉球の古語・東の海に赤々と昇る太陽の光が空を染める事