デュエル回想


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この闘いは、とりあえず長かった。

 ピケル・クランバーン(友人K)vs
  ロック&ダイレクトアタック(にバーンを少し入れた感じ)(yellow)
  のデッキで闘ったときのことである。

   友人K 12000 vs yellow 3000 くらいだった。

  友人K 「スタンバイフェイズ。 お前の場にはモンスターが3体いる。 よって300ダメーージ!!!」
     「ターンエンド」
  yellow「くそっ。 ドロー」
      (神の恵みをドロー)
  ってことで、スカラベでクランを破壊し、ライフを持ち直したyellow。
  さらに次の手が回ってきた。
  yellow「ドロー。」
      (波動キャノンをドロー)
  yellow「波動キャノン発動!!」
   しかし、友人Kのライフは、ハミングバードが場にあったことにより、20000を超えていた。

つづく・・・

10/12(日) 更新。

つづき

yellow「波動キャノンにカウンターひとつ乗るぜ!!」
    なんと、波動キャノンには8個のカウンターが!!!  
    しかし、ステルスバードを動員したところで、
    ピケル・ハミングバード連合軍のスピードには付いていけない…
    そして、友人Kのターン。
友人K「光の護封剣発動。 お前のスカラベの大群とステルスバードは表に    なる!!」
   「そして、洗脳-ブレインコントロールを発動。
    スカラベの大群を奪い、裏守備にする。」
yellow「六亡星の呪縛発動。スカラベはもう使えない!」
    しかし、yellowのデッキはもう残り6枚。
    もう何の手立てもない。

    K 32600vsyellow 9600 で迎えたラストターン!
    残りデッキは1枚。 
yellow「ドロー!!!」  
     (光の護封壁をドロー)
    「カードを1枚セット。 ターン終了!!!」

友人K 「お前はもう終わりだ。 リバースカードオープン
     光の護封壁!!! コストは32000!!!」
yellow「チェーンだ! 光の護封壁発動!
     コストは9000だ。」 
     普通ならありえないコストの払い合いとなった
     このデュエルも、友人Kのこの一言で終わった
友人K 「ターンエンド。」

yellow「ぐはぁぁぁぁぁっ。 ま、負けた・・・」


友人K「疲れたから帰るかwww」

まとめ:このデュエルは永遠に語り継がれることはない。

10/13(月) 更新。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。