※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

連休だからって、特に何をするわけでもない。
相変わらず外はよく晴れて、相変わらず俺は孤独だ。
ということは必然的に俺にとっての休日とは暇という名の牢獄にとらわれる禁錮刑に他ならない。
ああ、何故に主は創世の最後に休まれたのか――――

なんて社会人の皆さんが聞いたらぶっ飛ばされそうな事を脳内で掻き回しながら、俺は勝手に部屋に入って掃除機をかけ始めた母親に悪態をつくと外に飛び出した。
くそ、家にも俺の居場所はないのか。

そんな哀れ極まる家なき子・俺が次に求めた安住の地は…意外ッ! それは図書館ッ!
 …いや、本当に。
ここは空調もきいてるし、寝てても怒られないし、…なにより俺を知ってる奴がいない。
休日の度に足しげく図書館通いなんていう殊勝な奴が俺の知り合いであるはずはないからな。
そんな感じで倦怠の鎖を引き摺りながら図書館へ向かった俺であったが――――
結論から言うと、甘かった。
館内は受験勉強やら年寄りやらがひしめいており、もちろん席なんかまるで空いちゃいない。
余計に重くなった足を感じながら、失意の俺はある一角を目指した。



≪ヤングアダルト≫
図書館の一番奥まったところにあるこのコーナーは、ヌルヲタの俺が唯一楽しめる場所だ。
なんてったって、ラノベの充実振りが尋常じゃない。電○からコバ○トあたりまで一通り揃ってやがる。
こんなとこに金かけてていいのか、なんちゃって政令指定都市。財政難なのに。
それはともかく、早速市民の権利として読む本を物色する。何がいいだろうか。
…くそっ、半○の月を一巻だけ借りた奴誰だ。先生怒らないから手を上げなさい。
そんな風に脳内一人芝居を演じながら本棚の列を右へ右へと動いていく。端まで行った所で裏側に回り込もうとして――――
「きゃっ」
あ。なんかぶつかったっぽい。
そんなふうにボーっとしてる俺の前で小柄な人影が、抱えていた本をばら撒きながらよろめいて、後ろに倒れそうになる。
「!? 危ねっ」
慌てて相手に手を伸ばす。
某米空軍人のソニックブームよろしく神速で繰り出された俺の両腕は、予想以上に小さいその体をがっちりとホールドした。おまえにもかぞくがいるだろう。
ふー、びっくりした。さすがにわざわざ図書館まで出てきて傷害沙汰ってのは御免だ。安堵感が体の奥から滲み出してくる。
「大丈夫でした? どこか怪我は…」
視線を下に落として、言葉を失う。
最初に見えたのは頭。俺の鳩尾の少し上くらいに押し付けるようにして抱いている。ほんとに小さい。どうやら子供のようだ。
…いや、そこはどうでもいいな。さて本日最初のクエスチョンは。
この子の頭を抱きかかえているのは俺の左手。では右手は一体どこにあるでしょう? 前門正解した方にはいつも旅の未来系―――――
…ええい、逃避するな俺の心。そうさ、認めるよ。でもこれは偶然だ。神に誓って。

俺の右手は、相手の「女の子」の穿いていたベージュのバルーンスカート、その上から小さいおしりをわしづかみにしていたのだった。


その後は気まずかった。
慌てて体を離して後ずさる俺を一睨みした後、その女の子は床に散らばった本を黙々と拾い集め始めた。
「あ、て、手伝うよ」
なんとか立ち直った俺は一番遠くまで飛んだ本を拾って駆け寄った。うわ、なんか難しそうな本。
「…ありがとうございます」
低い声でぼそっとつぶやくとその子は怒った顔のまま身を翻して、去っていった。
あまりの冷淡な態度に、俺は再び硬直するしかなかった。
「…なんだありゃ」
いくらなんでもあの態度はないだろうよ。いや確かに痴漢まがいのことをした俺も悪いんだけどさ。事故だったってなんでわからないかな?
なんとなく辺りを見回してみる。よかった、誰もいない。さすがに今のを見られてたら気まずいからな。
胸をなでおろした俺の視界の片隅に何かが写った。なんだ?
近寄ってみると、それはチェーンつきのパスケースだった。


あの子の落し物か。中身を確認してみる。
…別に疚しい気持ちがあったわけじゃないぞ? 念のためだ念のため。
誰とも知れん相手に心の中で断りを入れながら、二つ折りになっていたケースを開く。
…バスの時刻表に、定期券。それに…図書館の利用カードだ。
ふむ、あの子は三平幸香…ミヒラ・サチカと読むのかなこれは。名前がわかってなんだか得した気分。ちょっと可愛い子だったし。
…どうみても小学生くらいだったしさすがに年下過ぎるかもしれないけど、あんな子と付き合えたら楽しいだろうな。
俺には縁のなさそうな話だけど…
ってちょっと待った。ここに定期と、利用カード。あの子、本抱えていった。インディアン、ウソつかない。
このままじゃ彼女は家にも帰れないしそもそも本を借りられないんじゃなかろうか。
まいったね。まさかもう一度会わなければいけない羽目になるとは。
あまり気乗りはしないけど、あの無愛想娘を探しに俺は貸し出しカウンターへ向かった。
落としたことに気づいていなければ、必ずカウンターで立ち往生してるはず。果たして、そこには記憶にも新しい後姿が。いたいた。
なにやら慌てた様子でポケットやら鞄やらをひっくり返しているのが微笑ましくてしばらく傍観していた俺だったが、
彼女の後ろに列ができはじめて並んでる連中から苛立ちのオーラが漂ってきたのを見て、彼女の横に付いて声をかけた。
「これ、君のでしょ?」
パスケースを右に差し出す。うわ、なんだその台詞。俺キモすぎ。しかも目線は正面やや下をさまようばかりで顔なんか見られない。
彼女はそんなザ・不審者にしばし硬直していたようだったが、やがてひったくる様にそれを受け取った。そりゃもう凄い勢いで。
てっきりこの辺でデレが来るかと期待してた俺は何事もなかったかのように貸し出し手続きを始めたのに少しガッカリしつつその場を後にした。
あーつまらん。ここらで実はいい人だったのよアピール!こうかはばつぐんだ!っていきたかったもんだけどな。
「あの…」
そんな諦めムードだったもんだから、パタパタという軽い足音の後に後ろから跳ねてきたその言葉はものすごく意外だった。
「…さっきは、ありがとうございました」
思いがけない言葉に振り向くと、さっきから何かと縁のある小さな影がそこにあった。
走ってきたのか長めのボブカットを少し乱した彼女―――三平幸香の少し怒ったような表情は、多分さっきの俺とそっくりで。
でもその気の強そうな目は、最後まで俺を離さなかった。

その、なんだ。
もうそれだけで、今夜のネタは決まったようなもんだった。



「幸香…」
少し硬めの髪を指で梳いて、手にとって寄せ、香りを吸い込む。
そのまま肩に手を回して思いっきり抱き寄せる。幸香は逃げようともがいているが、構う事はない。
だってこんなに可愛いんだから、それはもう存分に愛してあげないと。
さっきからそっぽ向いている顔を正面に向ける。なんだ?恥ずかしいのか。
今度こそ逃げられないように幸香の顔を両手で包み込むようにして押さえつけ、その小さな唇に二、三回舌を這わせた後でそっと口付ける。
舌を入れようとしたが、口を堅く閉じられて入れられない。
仕方なく一度離れ、今度ははだけた胸を隠そうとしている細い腕をそっと引き剥がす。
必死に剥がされまいと力を入れる手をつかんで頭の横に押し付け、無防備になった胸に顔を近づける。
これまでで一番の力で体を捩り抵抗する幸香だが、俺の拘束は緩まない。
舌がその小さい乳首を弾き、跳ね上げるたびに幸香は体をびくり、とふるわせる。
次に俺はそのまるで起伏のない胸に舌で線を描きながらだんだん位置を下げていく。
上半身を押さえつけていた手を離し、膝をつかんで開脚と同時に脚を曲げさせる。
スカートを捲り上げると、これまた本当に最低限の肉しか付いていない脚の付け根には湿った下着とそれに覆われているだろう部分があった。
我慢できず下着の上から秘部に喰らい付く。唾液と汗と卑猥な匂いのする水とでたちまち下着はびしょぬれになった。
高まる鼓動に突き動かされるように、俺は下着の両側に手をかけてずり下ろそうとするがうまくいかない。
もう少しなのに。焦りが手まで伝わって震えになる。早く、早く―――

気が付いたら俺は、カーテンの端を必死こいて引っ張っていた。



続く。



実はこれ別のスレに途中まで投下したけど趣旨に合わずこちらに変えたものです。
続きは出来れば今日中にでも。