※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今年ももう四月か。

そして今日は今月最初の日曜日。


一昨年から社会人の俺にとってはただの月初の休日だ。

ご近所・・・というか、お隣さんにとってはにぎやかな春になっているようだ。



「タカヒロいるー!?」


窓の外から女の子の声。

いつもと同じ大きな声が聞こえる。

俺の部屋は二階だ。


そしてこの声の主は・・・

「シカトしないでよー! 可愛い奈緒ちゃんが呼んでるんだよー!!」


お隣さんの娘、奈緒だ。




「うるせーぞ、奈緒。静かにしろ」


俺は窓の外に向かって叫んだ。

奈緒に負けず劣らず俺の声もうるさいかもしれないが。



「ねえ、今からそっち行くよー!!」


そう言うが早いか、奈緒は俺の家の玄関を空けて階段をトタトタ登ってきた。

勝手知ったる他人の家・・・というやつか。


しかし最近では久しぶりだ。

俺が就職するまでは毎週のように奈緒は俺の部屋にいた。

一昨年から結構忙しくて、日曜日も仕事とかいろいろあって奈緒と遊んでやってなかった。


ま、たまにはこういうのもいいか・・・

俺がそんなことを考えていると、部屋のドアがバーンと開かれた!



「ひっさしぶりー!!」

そこにはミニスカートの奈緒が立っていた。


あれっ、こいつこんなに背が伸びてたのか・・・!?

奈緒は真っ黒な艶のある髪を後ろでひとつにダンゴにしていた。

そして大きな青い髪止めで結んでいた。


「このバレッタ、かわいくない?」


髪止めを指差してほれほれと指をさして笑う奈緒。

俺の記憶の中では目が大きいだけの幼い女の子のはずなのに、奈緒は劇的な進化を遂げていた。


すらりと伸びた手足はもうほとんど大人の女性だ。

最近の女の子は成長が早いと聞いていたけど・・・

赤いTシャツの下には少し膨らんだ胸とくびれたウエスト、首には可愛いペンダントをしていた。

うっすらと少しだけ襟からのぞく鎖骨の辺りとか、かなり魅力的だ。


「実は一年ぶりなんだよー! タカヒロのところに来るのは」


デニムの裾からは白く健康的な脚がのぞいている。

その脚の長さを際立たせているのは足首の少し上でまとまっているルーズソックスだった。

靴下フェチの俺から見ても満点の着こなしに、不覚にもドキドキしてしまった。


「おう、久しぶりだな・・・とにかく座れよ。」




「うん、すわるー!」


奈緒に向かってそう言うと、彼女は俺の隣にチョコンと座った。


俺もベッドから身を起こした。

この部屋にはソファーはない。

いつもなら二人して並んでテレビを見るとか、ゲームをするくらいだ。

奈緒の隣に寄り添うようにして座るとほのかに香水のにおいがした。



俺の隣に座った奈緒は、久しぶりの俺の部屋の中をキョロキョロと見ていた。

そんなに変わったところなどないのに。


奈緒が俺の部屋に興味津々なのと同じように、俺は奈緒に見とれていた。


小さく整った耳には控えめにイヤリングがくっついていた。

本当に最近の女の子はおしゃれだな・・・とおもう。


ふと指先を見ると、透明なマニキュアがされていた。

視線を下に移すとほっそりとした太ももが目に入った。

Tシャツの隙間からブラの肩紐が見えた。


ピクッ、と俺の股間が反応しそうになった。


・・・やばい、本当にやばい。急に緊張してきた。

俺の記憶と照合しないほど奈緒は可愛くなっている。

奈緒はもちろん俺のことを異性として感じていないだろうから問題ないけど、俺のほうがヤバイ。

知らないうちに今年一番緊張している俺・・・

気を紛らわせるかのように立ち上がる。


「ほら、飲め。」


部屋にある小さい冷蔵庫からペットボトルのジュースを奈緒に手渡す。

奈緒の手元でプシュッ、という音がした。

遠慮なくペットボトルのジュースを飲み始める奈緒。



「ねえ、タカヒロー。もうすぐ学校はじまっちゃうよー・・・」

奈緒はめんどくさそうに俺にグチってきた。

その様子に俺は吹き出してしまう。

社会人のほうが数倍めんどくさいのに。

俺も学生に戻りたいよ。

俺の隣で頬を膨らませているこいつはやっぱり子供だな、と思いつつ奈緒の頭をナデナデする。

「あー!今あたしのこと子ども扱いした!!」

・・・こういうところだけ敏感なのね。

俺はますます笑いながら奈緒と会話を楽しんだ。

久しぶりの他愛ない会話が俺の中の緊張感を解きほぐしていった。

「今年に入ってから急に背が伸びたんだよ。お母さんもビックリしてた!」

俺もビックリしてますよ。

「あと、クラスの男子から急にコクられるようになった!」

それは良くわかる気がする。

客観的に見てもお前、なかなか可愛いと思うぞ?

「友達の女の子と歩いてても『カノジョ、高校生?』とか聞かれるの! もうイヤになっちゃう・・・」

イヤなのか?

その時期の女の子は大人っぽく見られたいんじゃないのか・・・

女心はわからん。



「あとね、クラスの男子が覗くの超ムカツク!! 体育の時間に女子みんなで着替えしてると」


男を代表して謝ろう。

ごめんなさい。

しかし許してやって欲しい。

男子達も興味あるんだよ、きっと。

それに大人になっても男なんてそういう悲しい生き物だからな・・・


「・・・でもタカヒロには見てほしいな。」


そうか、ちょうど俺も診たいと思って・・・えっ?

奈緒はチラッと俺のほうを向くとニマッと笑った。



「今、あたしの体を見てたよね?」


・・・その質問にはお答えできかねます。

そんな俺を無視して、奈緒が俺の正面からガバッとまたがってきた!!



「こ、こらっ・・・どけ・・・・・・」


言葉では一応拒否するが、奈緒を跳ね除けられない自分がいる。


俺は下半身に奈緒の柔らかい太ももを感じながら股間がどんどん硬くなっていくのを感じた。


奈緒は俺にまっすぐ向き合うように肩に手を置いてフフッと笑った。


そして俺の耳元にその小さな口を寄せて、囁いた。



「タカヒロお兄ちゃん・・・・・・エッチしよ?」