※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【FAQ】
1.『みんな上手いよ、ここって初心者っていないの?』
 →ここは「初心者」と「練習したい人」のためのスレです。
  誰だってはじめは初心者、元から上手いわけではありません。
  下手とか気にせず、とりあえずうpしてみよう。
2.『アタリってなんですか?』
 →いきなり実線で絵を描こうとすると全体のバランスが狂いやすい為、
  描こうとするものの形を事前に大雑把に薄く描いてみる補助線のことです。
  「正しいアタリの描き方」というものはありません。
  自分の描きやすいアタリをじっくり探していきましょう。
3・『顔は(身体は)どこから描き始めている?』
 →まずは全体のアタリから。アタリの後は、自分の一番描きやすい順番で。
  「線画の正しい描き順」というものもありません。
4.『初心者でも指摘していいんですか』
 →他人の描いた絵を真剣に見て考えて、指摘することもまた勉強のうちのひとつです。
  ちなみに指摘された人は、受けた指摘の中からどれを受け入れるか見極めるのも勉強のうちです。
5.『何か見たり参考にしたりして描いてもいいんですか?』
 →むしろ、積極的に参考にすることをお勧めする。
  どんなに絵の上手い人でも、知らないもの・分からないものは描けないよ。


ーーーーーーテンプレここまでーーーーーーーー

6 『ペンタブは何を使えばいいですか』
→favoかintuos推奨。サイズはA5くらいが大きすぎず小さすぎずでおすすめ
  だがしかし自分で気に入ったやつを使うのが一番かと
7 『~が描けません』
→資料・見本があるなら存分に活用すべし。何より対象の構造を把握するのが大事
  最初のうちは円柱やら球やら単純な形に置き換えて描いてみると描きやすいかも
8 『30秒ドローイングって効果ありますか』
→あるとは思う。詳しくは「脳の右側で描け」って本を読んでみれ
  ネガスペも忘れないで><
  最近中の人から課題が出たので、それにも挑戦してみると良いです
  特に課題15は30秒ドロの目的の一つである、短時間でモノの特徴を把握する力や
  イメージ能力の向上が図れるので、最初はうまくいかなくても続けてみるといいです
  描くことよりも見ることに集中するのがコツ
9 『模写って(ry』
→やり方次第。目的意識を持ってやれば効果は高いかも
  模写そのものよりも描くものの特徴やら構造を理解することのが大事
  それが他の手段で可能なら模写にこだわる必要もない
10 『みんなの好きな(参考にしてる)絵師は誰?』
→大暮維人、小畑健、鳴子ハナハルなんかの名前がよく上がる。あとは
  尻なら桂正和、パースなら二瓶勉が参考になるとか。
  てかこの質問なんでこんなに頻繁に出るんだwwww
  関連して→おすすめ絵師   勝手ながらここに移動しました




【お題について】
お題とは普段の練習では思いつかないアイデアや構図を得るために他の人から貰うものです。
「貰ったお題がわからないから次」ではなく、googleで調べたり、
そこから想像できるものを練習する事であなたの力になるでしょう。
お題を出した人の想像しているものとは違っていたとしてもそれは何ら問題ではありません。

練習とは自分のためにするものです。

  • 他の人のお題に挑戦
他の人のお題に挑戦することはスレ住人にとっていい刺激になります。
同じお題でも描く人によって捕らえ方は大きく異なります。その違いを吸収し、自分を高めてください
同じお題をやることを嫌う人もいるのでうpするときには確認したほうがいいかも


【指摘・赤について】
うpする人は絵を描いて経験を積み
指摘する人や赤で間違いを示す人はその指摘や赤を自分に取り入れて経験を積む
そして万が一指摘する人が指摘されたとしてもそれも全て経験となる
胸はって堂々と指摘・赤すればいいんじゃね?

赤や指摘にも間違いはあります。
鵜呑みにせず、ちゃんと自分で考えてみるのが良いです。
赤する人も可能なら訂正箇所の根拠などの説明もしてあげると親切です。