街道の野盗退治


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<吹き抜ける砂塵亭>に現れた男、『逃げ足(ラナウェイ)』ルーザー。
<砂塵亭>に入り浸る冒険者の一人、ダイアンの知り合いで情報屋であるというルーザーは、

「最近街道に賊が出没してね。これが警邏の監視を上手いことすりぬけるから、
 物資の流通が滞ってしまっている。忌ま忌ましい連中のアジトを探し出して潰してくれ」

と、<砂塵亭>の冒険者達に野盗退治を依頼する。
引き受けたのはデリュー、セレナ、フリーシアの<砂塵亭>従業員を兼ねた冒険者たちに、
<砂塵亭>を根城にする冒険者、シオネ、ラグラス、ダイアンの3人を加えた六人組だった。

デリューはまずは肩慣らしにと、ルーザーを軽く急性アルコール中毒に陥れる。


六人は野盗が次の荷馬車を襲うと見当をつけ、まずは街道を行き荷馬車を守ることにする。
折りしも、発見した馬車は頭の悪そうな野盗たちに襲撃されている所だった。世紀末な感じに。

ダイアン抜きでも野盗を軽く撃破した一同は、生け捕りにした野盗の
「アジトは森を抜けた遺跡である」という言葉を信じ、森へ入る。
ここでダイアンは襲撃されていた商人を送るために離脱する。

森へと分け入った一同は植物の少女・アルラウネと出会い、「森の住人が警戒している」と警告を受ける。
デリューたちは続いて、森の住人・ケンタウロスの部族に出会う。
部族の言葉を理解できるシオネは、自分達の目的はこの先の遺跡に巣食う野盗の退治であり、森を荒らす意はないと訴える。
その言葉を信じたケンタウロスの長は、自分達は遺跡の守人であった事を明かし、
過去に謎の集団に襲撃を受けこの森へ逃れたこと、生き残った部族の戦士だけでは野盗には手が出せない事を嘆き、
野盗を退治するという五人へ、遺跡より持ち出した宝箱を譲渡してくれた。
途中でちょっとしたトラブルに見舞われながらも、一同は宝箱からジャッジメントスピアを入手、森を抜けた。


野盗のアジトである遺跡の入り口では、デリューが二つ名である『風』に恥じぬ動きで見張り役を無力化、
一行は野盗に感づかれる事なくアジトへの侵入を果たす。

が、アジトへ潜り込んだ矢先に運悪く野盗のボスと遭遇、ボスは慌てて部下に『例のブツ』を起動させるよう命令を飛ばした。
その命令に不吉なものを感じたパーティーは、急いでボスを倒すべく戦闘に入る。
しかし、たった一人で五人を相手取り、獅子奮迅の戦いぶりを見せつけるボスに決定打を与えられず、
ついに野盗たちが遺跡から発掘した機動兵器『クィンドゥーム』が起動してしまう。
身構えるパーティーの前で、クィンドゥームはなんと野盗たちを砲撃し始めた。
発掘されたクィンドゥームは、その使命である「遺跡の守護」を忠実に実行し始めたのだ。
野盗のボスは手下に逃げるよう指示を下し、自分はその時間を稼ぐべくクィンドゥームの前に立ちはだかった。
その行動を見て一行はボスが心底の悪人ではないと判断、共にクィンドゥームを止めるべく共闘を決意する。

すでに主砲が一門失われ、各部の機能も万全ではないというのに、クィンドゥームは強力だった。
機銃の掃射はパーティー中最速のデリューを捉え、主砲の砲撃は容易に後衛の術者たちを射程に補足していた。
だが、手を取り合ったボスと一行に加え、合流したダイアンも戦闘に参加した事により、流れは一変。
セレナのヒーリングバレットが仲間を癒し、ラグラスの放った妖精の一撃が主砲を破壊する。
その余波で機銃も誘爆し、そこを狙ったシオネのエネルギーボルトが止めとなった。

戦闘終了後、野盗のボスは自分があるギルドの指示で動いていたことを明かし、パーティー一行に忠告を残し去っていきました。
「盾穿つ黒槍」というギルドには気をつけろ、と。

結果的に野盗団は離散し、パーティーは結果を報告。成功報酬を受け取り、解散した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。