シオネ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二つ名 小魔道士 名前 シオネ
性別 オス 年齢 森で暮らし始めて7年
生まれ ソーサラー 種族 タビット

経歴

  • 命を救われたことがある
  • 物心ついた時には独りだった
  • 高レベルの魔法をかけられたことがある




設定とか

名前はシオネ。猫の使い魔、アラダと共に旅をしている。
一晩の宿を借りるため、そして冒険の同行者を見つけるため、吹き抜ける砂塵亭にやってきた。


タビット族のはずなのだが、物心ついた時には周りに誰も(親兄弟はおろか、同族すら)おらず、傍には二股に分かれた鉄の間に鈴がついているという謎の武器(らしきもの)があった。
大自然の中で一人で生きているうちに、レンジャーとセージの技能を習得した。(レンジャーの技能で事前に外敵を察知&食用・非食用の野草を見分ける)
汎用蛮族語はその頃に覚えたもの。自らの命を脅かす蛮族(主にコボルドやゴブリン)との交渉などで非常に役立った。
ソーサラーの技能については「いつの間にか使えてた」とのこと。冒険らしい冒険をしていないのにレベルが高めな理由は不明。
アラダもその頃からの付き合い。孤独に耐えかねて創った。


ある日いつも通りに食糧さがしへと出かけたのだが、何故かブラッディーペタルと遭遇。
必死に応戦したのだが、善戦空しくシオネはブラッディーペタルに破れてしまう。
意識を失い、ブラッディーペタルの餌になってしまう寸前、謎の冒険者に助けられる。
瀕死だったシオネを高レベルの回復魔法で助けたのも、その冒険者。

謎の冒険者に連れられて街へとやってきたシオネ。
「ところでおまえは何て名前なんだ?」
「あ、タビット、といいます」
「おいおい、タビットは種族名だろう。名前だよ、な・ま・え」
「僕の名前・・・」

森に住む妖魔からは『タビット』と呼ばれていたため、シオネは自分の名前を持っていなかったのだ。

「・・・シオネ」
「?」
「僕の名前は・・・シオネです。今決めました」
「ふーん。・・・じゃあこっちの使い魔の猫は?」
「えーと・・・あ、アラダ!」


冒険者と別れた後、シオネは自身が『二股に分かれた鉄の間に鈴がついているという謎の武器(らしきもの)』(シオネは『武器っぽいアレ』と呼んでいる)を持っていないことに気づく。
恐らくブラッディーペタルに襲われた時に無くしたのだろう。
無くて困るものではないが、無いと無いで何か落ち着かない。回収しに森へと戻りたいが、ブラッディーペタルが怖くて行かれない。

そんなこんなでシオネは『ブラッディーペタルを倒せるくらい強い冒険者』を求めて旅をしているのだった。


で、そのペタルは無事砂塵亭の冒険者によって倒されたわけです。多分。


……どうでもいいけど友達欲しいのに作ったのが使い魔(自らの意思を持たず、術者の意思で動く)って、酷い自演乙状態だよね。



容姿

返り血で綺麗に赤く染めるためかどうかは知らないけど、白い体毛。

プレイヤー名 しかばね
ステータス
セッションによる成長

対人関係

フリーシア=デスペラード たまに耳をつかむお姉さん。職場の上司にして、馬の後ろにのっけてくれるとてもいい人(ルーンフォーク?)
デリュー=デスペラード よくワイン蔵にいる、社長の息子。怒らせたらきっとクビです。
セレナ=デスペラード ヒルバレお姉さん。いつも笑っている元気な人。ヒルバレが二発とも耳に当たるのは仕様です(何
ファナティ=デスペラード 哀れなるウサギにニンジンをお恵みになった。彼こそが唯一神・ニンジン。貴方が神か。
エリオット 絶対防衛線時の大活躍が目に焼き付いて離れない。キャーエリオットサーン
シエン・バルベルド 初対面で彼女のお酒に毛を入れてしまい、MK5(マジで喰われる5秒前)状態。
ダイアン・ベルガモント ヒゲのオジサン。料理等に毛を入れると引きちぎられるらしい。
ラグラス・ルシナ 妖精使いのきれいな『男』の人(気づいてない。野生の勘アテになんねぇなぁ!
クリス=アンバンビット 楽器が弾けるのが非常に羨ましい友人。今のところ唯一の呼び捨て。猫?アレは自演ですよ


参加セッション履歴

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。