※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エアコンの自己診断機能

1.日照センサーに光を当てておく
2.イグニッションSWをOffにする。
3.(A/Cパネルの)OffとAutoを押しながら
  イグニッションSWをOnにする。(Accを飛越える)
4.表示部とランプ類が全て点灯する(約9秒間)
5.その後、自己診断が始まりエラーコードが表示される。
  (この後、温度勾配の設定機能に移行できる)→【温度勾配の設定方法】の5へ
エラーコード一覧
00:異常なし
11:内気センサー
12:外気センサー
13:日照センサー
14:エバボレーターセンサー
15:冷媒温度センサー
16:水温センサー
21:内気センサー
22:外気センサー
23:日照センサー
24:エバボレーターセンサー
25:冷媒温度センサー
26:水温センサー
31:内外気切替えサーボモーター断線またはショート
32:吹出し口サーボモーター断線またはショート
33:内外気切替えサーボモーター故障
34:吹出し口サーボモーター故障
35:インテークドアモーター故障

6.イグニッションSWをOffにすると終了する。

温度勾配の設定方法

1.イグニッションSWをOffにする。
2.(A/Cパネルの)OffとAutoを押しながら
  イグニッションSWをOnにする。(Accを飛越える)
3.表示部とランプ類が全て点灯する(約9秒間)
4.その後、自己診断が始まりエラーコードが表示される。
5.DEFスイッチを4秒以上押す。
6.現在の温度設定位置(温度勾配係数)が表示される。
  温度調整ボタンで係数を変更する。

  00:弱
  05:標準(初期設定)
  10:強

7.イグニッションSWをOffにすると終了する。

注意:バッテリを外すと係数は標準(05)に戻る。