書き


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 霊夢は遂にそこまで辿りついた。
 ーー(代用)赤い空。稲妻が走る雲。
 やはり。彼女がいる。霊夢はそっと胸に手を置き、「斗月……」と呟いた。
 かつての良き友の名前である。同じ巫女であり、同じ仲間であった。霊夢は、彼女のことを心から尊敬していた。何故かは分からない。
 彼女は霊夢の姉のような存在であり、彼女は母のようであった。霊夢は、ずっとずっと、彼女と共にいた。はずだった。
「……霊夢」
 ふと霊夢の耳に入った声は、懐かしい声であった。深く、とても心地よい声。
 しかし、その声は今、霊夢の耳に突き刺さるように響いた。
「斗月……!!」
 ーー鬼噛斗月。
 間違いなく、その姿である。
 あの頃から、何一つ変わらない姿で、鬼噛斗月はそこに浮いていた。
 その姿を包む彼女のオーラは暗く濃く。
 それは、暗黒という言葉がふさわしいものであった。
「斗月……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。