書き捨て中


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「クロスッ!」
 俺はクロスを握るとそのまま奴に向かい走り出す。
「ーー(代用)そんな下級武器で私が倒せるとでも……?」
 俺は奴の出す黒いレーザーをかわすと、そのまま走り抜けた。
 だが、俺はクロスの先が見えないことに気づく。
「ーー上宮陽次だったかな? まあ……所詮は人間、人間の攻撃です。私に通用するはずがありません」
 すると奴は赤い魔法陣を自分の前に映し出した。
「……本気で殺して差し上げましょう」
 その瞬間、俺の手足、胴体に激痛が走った。
「ーーっ!」
 何だこれは……! ガラス片のようなもの……?
「……死ね」
 その瞬間、俺を黒い光が包み込んだ。
 まずい、息ができない……体の至るところが切り刻まれていく……俺、死んだ。
 もう無理……そう思った時のことだ。
「ーークソガキ。死ぬことだけで一生懸命かよ、つまんねぇ……」
 俺の前にいたのは、見間違うはずもない。あの男だ。
 ーーエイラ•セッドレス。
「オラッ、続きだ。始めんぞ、姐貴のためだ」
「……久しいですね。エイラさん。悪魔にして人間。愚か。実に愚かですわ……あなたも死にたいのですか?」
 女は手から鋭い黒い刃を具現化させると、その切先を俺たちに向ける。
「あ? 死にたいだぁ? いつそんなこと言った? へへ、いいぜ、どっちが朽ちるか勝負だ!」
 腕を剣にして構えるエイラを前に俺はただ座り込んでいた。
 俺は……何をしているんだ……

「のけ、エイラ」
 いつの間にか俺はエイラを押しのけていた。
「……あ? ふざけんなよ、俺の心配とか同情とかいらねぇ……!」
 ボロボロになったエイラは立っているだけで精一杯だった。
「……どうしたのですか? どちらにせよ死ぬのは同じ。両方ね」
「エイラ……力を貸してくれ」
「意味分からねぇよ。どうしろってんだよ」
 俺は目を瞑りエイラの手を握る。
「……は?」
「ーースキルコンバート……エイラ・セッドレス!」
 俺の腕は剣。エイラの身体変化の能力だ。
「スキルコンバート!? おい、テメェ、何をした! 人間かよテメェ!」
 俺は夜の町の中、空を飛んだ。いや、正確に言うと『跳んだ』、というべきか。
 その高さから急降下する。刃先は奴に向いていた。
「人間というものは不可解ですね……それとも人間ではないのですかね……? どうしても捻り潰したくなる……!
 エレス・ブレイク!!」
 青い雷球……! 何度も見てきた技能だ!
「スキルクローズ、エイラ・セッドレス! スキルチェンジ、マイナスグラビティ!!」
 喰らってくれ! 俺の本気!
「な、何!? 私の雷球が……!? お、落ちて……!!」
 マイナスグラビティは重力を一瞬だけ逆に作用させる技。落ちるものは上昇、上るものは落下。
 信詠(シンエイ)から盗んだ重力のグリモアを読んで一番簡単だったもの。
 俺が着地したときに、奴がいたところは煙でいっぱいいっぱいだった。
「……やったか?」
「いや、まだだクソガキ!! 上だ!! 上にいる!」
 まずい、避けきれるか!?
「死ねっ! ハンドサイス!!」
 俺の頭の上には巨大な鎌があった。
 避けれない、無理……か。
 俺は走馬灯が走る中、サッカーを見た。
 体に染み付いていたあの決勝戦……

『陽次ィィッ! 頼んだ!』
 頭は確実にクリアされる……
 どうすればどうすればどうすれば……!?

「うおおおおおおおおおおおっ!!」
 俺の頭でっかちは地面スレスレに、俺の足は月に届く程に高く……
「なっ!? いくらなんでも……それは!!」
 奴の腹に、俺の足は直撃していた。
「うっ……はっ!!」
 虚空に舞う鎌とレージャ・イルバスク。
 そのまま彼女は背中を地面に叩きつけられた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。