小ネタ・パロディ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



台詞ネタ(戦闘)

  • シベ鉄のモブが攻撃を避けると「やり直すなよ」と言う。おそらくリセットプレイのことだと思われる
  • ガイキングのクラブバンカーでボルトパライザーを行おうとすると「俺たちの炎が真っ赤に燃える!お前を倒せと轟き叫ぶ!」とかの有名なガンダムの台詞を言い出す。
  • ヴァンでダリウス軍の亀型魔獣に攻撃すると「亀は苦手なんだが・・・」と弱音を吐く(原作の設定どおり)
  • エルドラVが戦闘で被弾すると「分離回避できないのか」といったやり取りが出る。オープンゲットを意識しているような台詞。
  • ガウリ隊長で「60ミリリベットガン」使用時、「ライフルは最後の武器だが!」と言う。これは「忍者部隊月光」の有名な台詞、「拳銃は最後の武器だ」が元ネタと思われる。
    隊長がヤーパンニンジャだからか?
  • ドムトルーパーの『ジェットストリームアタック』使用時、「踏み台にはされないぜ!」「輸送機もいないし」と元祖三連星の有名なシーンを指した台詞。

台詞ネタ(インターミッション)

  • ダイヤ「宇宙海賊って、顔に大きな傷があって、眼帯をしてるの?」12話『蠢く翳・後編』にて
    • 宇宙の海は俺の海でお馴染み、宇宙海賊キャプテンハーロックの事を指していると思われる。

BGMネタ

  • ゴーダンナー系の「紅蓮の戦闘領域」とダンガイオーの「サイキック斬、そして」のBGMが殆ど同じなのは
    作曲者が同じ渡辺宙明氏で、製作側もお約束的な意味合いでその曲を求めたから(原曲は宇宙刑事シリーズのレーザーブレード)
  • MAPのBGMにエストポリス伝記2の「地上を救う者」にそっくりなものがある(検証動画)。スパロボKの音楽制作担当末村謙之輔様はスタジオPJという会社で、この会社は以前にも他のゲームでBGMの盗用が発覚し公式に謝罪している(『冤罪』楽曲“Trane”の著作権について)。スパロボWでも盗用疑惑あり(検証動画)。

声優ネタ

  • ハッター軍曹が敵の攻撃を回避するときに「南無~」と言うのは、同じく光吉猛修氏が声を当てている「バーチャファイター」シリーズの影丸の台詞から。
    また「Rolling Start♪」は、光吉氏の歌う「デイトナUSA」初級コースのBGM「The King of Speed」が元ネタ。
  • 光司が攻撃するときに「こいつで光にしてやるぜ!」と言う。これは同じく檜山修之氏が声を当てている「勇者王ガオガイガー」の凱の台詞から。
  • 援護攻撃時に「嵐を呼ぶナイスガイ、光司鉄也参上!」と言うのは同じく檜山修之氏の演じた勇者特急マイトガインの嵐を呼ぶ旋風児の異名を持つ主人公、旋風寺舞人から。
  • 他にも光司が通常攻撃時に「俺の正義の力が嵐を呼ぶぜ!」というが、これも勇者特急マイトガインのOP「嵐の勇者」の歌詞と次回予告の決め台詞から。
  • 同じく光司。被弾時に「次は倍返しだ!」と言うのはこれまた檜山氏の演じた「機動戦士ガンダム第08MS小隊」の主人公、シロー・アマダの台詞から。
  • キラとオリジナルセブンが戦闘するとミハエル絡みの台詞を言う。これは声優の保志総一郎氏がキラとミハエル両方の声を当てているため。

その他ネタ

  • リマンメガロポリスに黄色の不気味な顔の描かれたビルがあるが、原作通り(キッズ総裁の顔がひっついた高層ビル)
  • ゲームセンターの背景右側にスパロボJの男主人公「紫雲 統夜」が映っている