ユニット運用指南


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユニット全般に言えること


地形対応について

  • 今作は宇宙適応Bの機体が非常に多く(旦那系、キンゲ系、ゾイド等味方の半数近くがB)宇宙に出たとたん苦戦して敗北orついリセット⇒セーブしてなくて涙目。
    • なんてことがないように対策を講じること。
  • ある程度強化したエース機なら何とかなるので無改造で奮闘している準主力級に強化パーツを回すと良い。
    • 機体フル改造ボーナスは特に理由がなければ適応Aにすべき。

PUユニット

シングル向きの機体

  • ダン・オブ・サーズデイ
    • コンボ武器は太刀のみだが、高い攻撃力に加え、射程1-2・気力不要・バリア貫通・クリティカル+55・低燃費(10)と異常なまでの使いやすさを誇る。
      パイロットのヴァンも非常に強いので、早いうちにアタックコンボをLv3まで養成するとダン無双ができる。

チーム向きの機体

  • 鋼鉄ジーグ&磁偉倶
    • ビッグシューターと組むのが基本。
      後半の雑魚はほとんど援護防御持ちのチームで現れるので、援護防御無効のマッハドリルで突破口を開く戦法が有効となる。
      中盤以降はボスクラスのマルチコンボ&MAP兵器でビッグシューターがあっさり落ちることも珍しくないので、必要に応じて改造か強化パーツで凌ごう。
  • キングゲイナー
    • PVで華麗にマルチコンボを決めていたため、ついシングルで使いたくなる。
      しかし、コンボ武器がキンゲの武器で最弱のチェンガン(射撃)と2番目に弱い+射程1のチェンガン(斬撃)なのがネック。
      マルチコンボTUEEをするにはほぼフル改造しないといけないので、よほど愛がない限りコンボ前提の運用は序盤に止めた方がいいかも。
      装甲は薄いが空Sで運動性が高いので無改造でもかなりの回避率が期待できる。が、序盤の月面マップ(飛行させると宇宙扱い)で泣きを見るのである程度改造しておきたい。
      ちなみに最終話も宇宙。

特殊運用

  • ゴーダンナー・ネオオクサー
    • 序盤から使える壁&ゴリ押し方法。前衛をHP(HP多い方が狙われる)・装甲改造(引継ぎ可)したネオオクサー、後衛を援護攻撃(LV33で1)付けたゴーダンナーで組む。
      敵の攻撃をエンジェルフォールで無効化しながら、ひたすら削り&殲滅。ボスの攻撃も防御や杏奈の鉄壁でダメージ0にできる。
      今作はリアル系の回避頼みは累積命中率の関係で不安定なので、スーパー系で高装甲+バリアの壁役が大活躍できる。
      総ダメージは敵にもよるが合体より援護攻撃を混ぜた方が上。高性能レーダーで射程を上げたら反撃を拾える機会も増える。
      またMAP兵器+幸運の射程内に敵を集めやすい移動力ダウンLV~3があるのにも注目したい。
      ネオオクサーのENが枯れたら一度合体して分離すると回復できるのがミソ。