※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

艦船の作り方

偵察型艦船の作り方

偵察型艦船は通常、戦闘を考慮していません。
高い偵察能力、長い航続距離、そして堅牢な生存率(防御性)、また多くの区域を偵察する為に低コストを要求されます。
基本的に小型、あるいは中型艦船に探査装備を最高の物を、そして防衛と物資に比重を置きます。
大型艦船は生産コストと効果が見合わないのでこれは適切な選択ではありません。

長距離型戦闘艦船の作り方

距離を取って攻撃をする場合、以下の点に注意が必要です。
まず命中率です。
長距離まで届くと言っても命中率が低くては敵に接近を許します。
次に威力です。
武装によっては距離で減衰します。
各武装の特徴を良く掴みましょう。

中距離型戦闘艦船の作り方

主武装 + 副武装が基本となります。
副武装はミサイルやトーピードなどを配備することになるでしょう。

近距離型戦闘艦船の作り方

敵に接近する為、高い回避率や防御が必要とされます。
また機動力があればなお良いでしょう。
近距離では距離による威力の減衰がほぼ無いので、数値上のスペックの効果が出ます。
距離が短い高い攻撃力を持つ武器は、この様な場合に役立ちます。

いやがらせ用艦船の作り方

Warp系の武器を開発し、装備します。
Warp系の武器にヒットすると、敵艦船は宇宙空間の遠いところへ吹っ飛ばされます。
ダメージはありませんが、敵の動きを消耗させたり、強制的に持久戦に持ち込んで時間稼ぎしたりなど、
いやがらせとしては最適な武器です。

敵の艦船を占拠する


エンジン破壊特化型


武器破壊特化型


惑星破壊特化型


カミカゼ攻撃艦船


無人艦船の作り方

無人艦船の利点は以下の通りです。
  • 余分な設備が不要で、スペースやコストの節約。
  • 精神攻撃の無効。
  • 物理限界を無視出来る為、機動性の確保。
欠点は以下の通りです。
  • 電子戦に弱い。
  • 捕獲に弱い。

クローキング(透明化)艦船