世界観


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

舞台は死神武器職人専門学校、通称「死武専」。

ここに通う「職人」のマカと「武器」のソウル=イーターを軸として物語が展開していくが、主人公格は三組と言えるのでその役割は限定的と言える。

死武専は、「職人」と「武器」を育成することを目的としており「職人」と「武器」でペアとなって活動していく。その最終目標は悪人の魂99個と魔女の魂1個を「武器」に集める事によって、死神様の下に仕える「デスサイズ」という者を作り出すことである。


「職人」と「武器」

「職人」と「武器」で1つのペアとなる(ただし「職人」1人で、複数の「武器」を同時に扱うこともある)
「職人」とはペアを組んだ武器に魂を食べさせて、デスサイズを作ろうとする者である。悪人の(アニメでは「鬼神の卵と化した」)魂を奪う為、職人でありながら武器を使いこなす能力を求められる。扱う武器に応じて、「魔○○職人」と呼ばれる。
「武器」は当初、とある人物により、人間を加工して作り上げられた者であったが、時代が下るにつれて世襲化した家系まで発生しているところを見ると、今や1つの種族とされる
「職人」と「武器」は、魂の波長が近いほど戦闘能力が上昇する。「武器」は職人の魂の波長を増幅し、波長のコントロールをサポートする役割を持っており、実質戦闘に参加するのは「職人」である。
「職人」と「武器」は《魂の共鳴》(職人が武器に魂の波長を送りそれを武器が増幅して職人に返す動作を繰り返す)をすることによって大技を繰り出すことが出来る(魔女狩り等)。その大技がどんなものかは武器によって変わる。
「武器」は自分の得意とする形態の武器に変化し、「職人」をサポートする。また「武器」は体の一部を武器化することも可能で、それを利用し、単体で戦う「武器」も存在する(ジャスティンやギリコ等)。
なお、壺や角灯など「武器」の変化した姿は、必ずしも一般的な武器の形をとるとは限らない。
熟練した「職人」には魂の種類や位置を感知したり、魂そのものを見る事が出来る、または出来るようになる者もいる(これを魂感知能力という)。
「武器」で殺された人間の肉体は消滅し、魂のみが残り、それを武器が食べる。

「魔女」

魔女の女王「魔婆様」を頂点とする魔法を扱う者たちのこと。その名の通り、現在のところ女性しか確認されていない。また、確認されている魔女はデザインのモチーフとして様々な動物があしらわれていることが多い。さらに、一部の魔女はモチーフとした動物に変身する魔法を使用することもできる。

死神との抗争は「武器」が誕生する以前、遥か昔から存在していたが、後に魂を食べる武器、彼らと共に戦う職人が死神の味方をするようになると、それに合わせて様々な対抗手段を編み出し、互いに果て無き闘争を続けていった。代表例として、職人が魔女の魂を感知することができる「魂感知能力」に目覚めると、上級の魔女は「ソウルプロテクト」という魔法で魔女の魂を隠蔽、あるいは善人の魂に偽装することで魂感知能力者を欺いてきた例が挙げられる。

これを破るためには、ソウルプロテクトを無視して魔女の魂を感知できる進化した魂感知能力、いわば「”超”魂感知能力」が必要となっており、既にその才を有した人間(B・J)が登場している。

かつて「死神八武衆」の一人・阿修羅により大陸の東地域の魔女達が皆殺しにされた事により、現在魔女の数が激減している。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。