※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

昭和史を動かしたアメリカ情報機関

  • 有馬哲夫 著


目次

  • まえがき
  • 序章 アメリカ情報機関の歴史
    • 軍事戦、政治戦、心理戦
    • 南北戦争から第一次世界大戦
    • 第一次世界大戦から第二次世界大戦
    • 戦後から現在
  • 第1章 「ルーズヴェルトの陰謀」はあったのか―陸軍・海軍情報局と真珠湾攻撃
    • 「ルーズヴェルト陰謀説」
    • ブラック・チェンバーから陸軍通信情報局へ
    • レッド(九一式暗号機)とパープル(九七式暗号機)
    • 筒抜けだった二枚舌外交
    • 今も残る「風情報」の謎
    • 結局、誰も動かなかった
    • アメリカ側は日本がどこを攻撃するか知らなかった
    • ノイズがインテリジェンスの邪魔をする
    • 思い込みがインテリジェンスを無効化する
    • ルーズヴェルトは半年後を望んでいた
    • ルーズヴェルトはなぜマジック情報隠蔽をはかったのか
  • 第2章 天皇制はいかに残されたか―戦時情報局とグルーの工作
    • グルーと戦時情報局
    • 「反戦天皇」の起源
    • 天皇制存置を主張する理論的根拠
    • 戦時情報局に利用されつつ利用する
    • ポツダム宣言はこうして生まれた
    • 日本へ提案するプログラム
    • 国務省内から出た天皇制存置反対
    • ハード・ピース派とソフト・ピース派の興亡
    • グルーの工作は失敗か、成功か
  • 第3章 ポツダム宣言受諾に導いた対日心理戦―海軍情報局とザカリアス
    • エリス・ザカリアスという男
    • ザカリアスの対日心理戦計画
    • グルーの工作とザカリアスの心理戦
    • 日本に届いたメッセージ
    • 『ワシントン・ポスト』に掲載された「無条件降伏」
    • ザカリアスの「無条件降伏」がポツダム宣言受諾に導いた
  • 第4章 終戦を早めたダレス工作―戦略情報局とスイスの日本人
    • 終戦工作は「幻」では無かった
    • アレン・ダレスとジョセフ・グルーの関係
    • ダレスがスイスで築いた情報網
    • 対日終戦工作は三月に始まっていた
    • 戦略情報局の報告書が語るもの
    • 本部から打ち切られた海軍ルート
    • グルーの必死の呼びかけ
    • 賭けに出たダレス
    • 暗礁に乗り上げた和平工作
    • ダレス工作、東郷を動かす
    • 「余には確信がある」
  • 第5章 戦後史の陰の演出者―参謀二部と日本占領
    • 参謀二部とは何か
    • 正力松太郎の無罪判決を誘導
    • 政治戦のコマに使われた者たち
    • ターゲットは超国家主義者から共産主義者へ
    • 参謀二部の対日心理戦
    • 対日心理戦のターゲット
    • 朝鮮半島向けプロパガンダ放送
    • 参謀二部は「逆コース」にどう関わったか
    • 民政局と経済科学局のパージ
  • 第6章 テレビはいかにして日本に導入されたのか―心理戦委員会と日本テレビ放送網
    • C・D・ジャクソンとは何者か
    • ジャクソン文書から出てきた日本テレビ放送網計画
    • 鉄のカーテンを破るためのプロジェクト・トロイ
    • マッカーサーもVOA長官も「ヴィジョン・オブ・アメリカ」を支援した
    • 「ラジオの父」と「トーキーの父」が正力を担ぎ出す
    • 正力とホールシューセンの密約
    • 日本がアメリカのテレビ方式を採用した本当の理由
    • 危機に瀕したホールシューセン・正力密約
    • 日本テレビ放送網をめぐるアメリカ議会と政府の主導権争い
    • 「ポダルトン」工作=1000万ドル借款工作
    • 吉田、1000万ドル借款つぐしに動く
  • あとがき
  • 本書に登場するアメリカ情報機関
  • 引用・参考文献
  • アメリカ情報政策の変遷




関連記事