※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

『日本海軍の終戦工作~アジア太平洋戦争の再検証~』 (中公新書)

amazon plugin Error : amazonから商品名データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、text=(文字列)パラメーターを利用することで、商品名データを取得せず表示することができます。
  • 纐纈 厚著


目次

  • はじめに
  • 序章 日本海軍の時局認識
    • 一人歩きする海軍史観
    • 高木惣吉とその史料
    • 高木の時局認識
    • 海軍穏健派の本質
    • 満州事変と海軍
    • 海軍の本音
    • 海軍の上海事変観
    • 陸軍への対抗意識
    • 強硬派路線への転換
    • 「進出」路線をめぐって
  • 第1章 欧州情勢の変化と海軍
    • 本格化する戦時体制
    • "左派トリオ"の位置
    • 米内と井上の政治スタンス
    • 独自路線の強調
    • 日中戦争と欧州情勢
    • 政治的関心の増大
    • 海軍の国家目標
    • 陸軍との協調
  • 第2章 日米開戦の前提
    • 近衛内閣の評価
    • 軍事同盟締結問題
    • 締結同意の真相
    • 同盟締結への道
    • 陸軍の対中・対英米政策
    • 高木の対英米方針
    • 開戦に躊躇する天皇
    • 深まる陸海軍の連携
    • 近衛首相の不安
  • 第3章 日米交渉の展開
    • 天皇の苛立ち
    • 開戦論に傾斜する天皇
    • 天皇、「ジリ貧」論に同意
    • 山本五十六の覚悟
    • 最後の努力
    • 及川海相の和戦併用案
    • 態度決定迫られる海軍
    • 海軍の「首相一任」論
    • 海軍の開戦責任
    • 開戦構想の背景
    • 近衛の海軍への不満
    • 近衛内閣の瓦解
  • 第4章 東条内閣打倒工作
    • 東条英機への大命降下
    • 近衛の辞職決意
    • 陸軍に便乗する海軍
    • 東条の決意
    • 東条内閣の成立
    • 海軍の対応
    • 岡田啓介の東条観
    • 太平洋戦争の開始
    • 強化される東条体制
    • 反東条運動の開始
    • 岡田の近衛不信
    • 東条の巻返し
    • 東条支持の天皇と木戸
    • 岡田の進言
    • 伏見宮の反応
    • 木戸の東条擁護論
    • 東条への信任
    • 東条内閣打倒の理由
    • 豊田の嶋田批判
    • 高松宮の動向
    • 天皇の意向
    • 「東条利用論」
    • 終戦工作の浮上
    • 近衛と木戸の連携強化
    • 打倒工作から終戦工作へ
  • 第5章 終戦工作の真相
    • 深まる危機感
    • 東条内閣崩壊の経緯
    • 後継内閣選出経緯
    • 海軍の役割
    • 米内の戦局観
    • 小磯内閣の戦争継続方針
    • 岡田の終戦工作方針
    • 高松宮の終戦工作方針
    • 主導権奪取
    • 天皇の継戦意志
    • 近衛上奏文と天皇
    • 「聖断」論の登場
    • 主導権握る抗戦派
    • 鈴木内閣の性格
    • 終戦工作の限界
    • 戦争終結方針への傾斜
    • 天皇の心境変化
    • 「聖断」のシナリオ
  • 終章 海軍の戦争責任
    • 「原爆投下は天佑」発言
    • 米内の本音と建前
    • 海軍穏健派の弁明
    • 海軍の戦争責任回避
    • 終戦工作の歴史的位置
  • おわりに
  • 主要参考史料・文献




関連記事