※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

C・ダグラス・ラミス『ガンジーの危険な平和憲法案』

  • C・ダグラス・ラミス著


目次

  • はじめに
  • 第1章 最大のタブー
    • 史上最大の非暴力勢力
    • 議論の不在
    • 彼らの憲法、我らの憲法
    • 否認状態
    • ネルーの見解
    • 「ガンジーは国家の暴力を認めた」という論理とは何か
    • 否認状態の構造
  • 第2章 幻の憲法論の全貌
    • ガンジーの幻の憲法案との出会い
    • ガンジー憲法案はユートピアではない
    • ガンジーとマキャベリ
    • 「私は先見者ではありません。私は現実的理想主義者だと主張しています」
    • 非協力
    • 非暴力
    • ガンジーと憲法
    • コンスティチューション① 体質
    • コンスティチューション② 組織の構成
    • コンスティチューション③ イギリス憲法
    • コンスティチューション④ 神の意思
    • コンスティチューション⑤ 組織の会則
    • コンスティチューション⑥ 革命戦略
    • 社会のボディ(身体)としてのコンスティチューション
    • 70万の村
    • パンチャーヤット──根源的な主権在民
    • シュリーマン・ナライアン・アガルワルの『自由インドのためのガンジー的憲法案』より
  • 第3章 起こったことと、起こらなかったこと
    • ガンジーの新憲法案は平和憲法だ
    • 二種類の平和憲法
    • 起こらなかったこと
    • 起こったこと
    • ガンジーの最後の憲法案
    • 創立と犠牲
  • 補論 ガンジー思想の可能性
    • ガンジーの遺産
    • 現代世界の市民社会
    • 市民社会の反対は?
    • 市民社会と日本国憲法
    • 市民社会は非暴力だ
    • 主権在民再考
    • 市民社会と言語
    • 日本の市民社会は
    • ガンジーは有罪だった
  • おわりに




関連記事