※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


目次

他力本願―仕事で負けない7つの力

目次

  • プロローグ なぜ「今」、この映画を監督するのか?
    • 乗り気になれなかった映画の企画
    • 観客の目で企画を洗いなおす
    • 『イノセンス』で「監督・押井守」の第一ステージが終了した
    • 青春という苦行をそのまま描く
    • 仕事の本質とは何か
    • 「時間」を支配できることこそ映画作りの醍醐味
    • 奥行きのある「世界」が、画面の外にある物語まで語る
    • 生の時間を失った日本の若者たちへ
  • 第1章 対話力―「企画会議」でしゃべり倒して、作品の世界観を創り上げる。
    • 世に問う価値がある作品かを見極める
    • 独りよがりな企画は失敗する
    • 旅館にこもってしゃべり倒す「こもり」
    • アイデアを出せる人間が貴重だ
    • 殺し合うことでしか決着のつかない恋愛
    • 『春の雪』に見つけた恋愛の本質
    • 長期にわたるアニメーション制作の難しさ
    • 志なくして映画は制作できない
    • 正論を吐いて正しい道を進む
  • 第2章 妄想力―「ロケハン」でリアルな風景を肉体に刻み、画面の中に空気を生み出す。
    • アニメーションにロケハンが必要だという理由
    • 高度成長期をいつまでも引きずるアニメーション
    • 描写力の不足が記号化を生んだ
    • 通勤路でロケハンを敢行
    • リアリズムはなぜ必要なのか?
    • 現実のさらに先を見る視線が必要だ
    • 写真家の内面に迫る写真集の効用
    • 宮崎駿監督と訪れたアイルランド
    • 空気の違いを表現してこそ伝わるもの
    • アイルランドの空に流れる生死観
    • 戦闘機のコックピットの閉塞感を感じたい
    • スタッフとコミュニケーションを取る機会
    • 他人とかかわるから仕事は楽しい
  • 第3章 構築力―肉体と小道具の細部までの設定が、「キャラクター」の性格と人生を描く。
    • 絵を動かすことで生まれるリアリティー
    • 従来のアニメーションの表現形式から逃れるには
    • 役者の身体表現に敵わないアニメーションのキャラクター
    • 膨大な情報を使って「人間」を表現する
    • 普通の映画とは違う制作手順を踏む
    • 舞台の街が、登場人物を描き変える
    • 神話世界を元に作品空間を創出する
    • アニメーション監督だけに許される全能感
  • 第4章 意識力―偶然は起こらないアニメーション。すべて意図的に「演出」する。
    • 映画は冒頭の十五分が勝負
    • 日常描写と長回しで世界観を構築する
    • アニメーションはどの程度リアルであるべきか
    • 前半と後半で買えたドラマの進行速度
    • 欠かせなかったタバコという小道具
    • キャラクターの表情でシーンの意味を強化する
    • アニメーションの新しい表現方法
    • 人間が止まっているという「演技」
    • 意識的に構築されるアニメーションの世界
  • 第5章 提示力―「音響」は雄弁に、作品の本質を語る。
    • 映画における「音」の重要性と効率性
    • すべてが超ど級の音響スタジオ「スカイウォーカー・サウンド」
    • 心象表現のために「音」を使う
    • 監督にあらゆる可能性が提示される米国流
    • 使われなかったコップこそが重要
    • 選択肢の幅を追求するシステムは日本ではありえない
    • 人材と技術を使いこなせ
    • 音から思いついた場面もある
    • 毎日の仕事を訓練の場に変える
    • 退屈な仕事を楽しみに変える努力
  • 第6章 同胞力―「音楽」が映像と融合した時、作品はより輝く。
    • 映像ができてから音楽を生み出す
    • 映画の本質は細部の作業にこそ宿る
  • 第7章 選択力―悩み抜いた果てに出会った、運命的な「声」。
    • 女性が子供の声を演じる、アニメーションの奇異
    • 映画には、キャラクターの声に慣れる時間がない
    • 大物俳優が声優に起用される理由
    • 声優たちとキャラクターを作る喜び
    • なのになぜ、俳優を起用したのか?
    • 困難を極めた主演女優探し
    • 強烈なキャラクターを演じる女優の条件
    • 仕事の成否は人間性が決める
  • エピローグ 「痛み」だらけの人生だった。
    • 戦争の残り香の中で僕は育った
    • 空想の中で一人遊んだ子供時代
    • 私立探偵だった父
    • 働き者でハイカラだった母
    • 楽しみだった母の家出
    • 中学受験を目指し、猛勉強させられる
    • SFにはまった中学時代
    • 高校で学生運動に目覚める
    • 確信的にウソをつくようになる
    • 大菩薩峠に軟禁された高校最後の夏
    • 再び、ただの落ちこぼれに戻る
    • 大学受験に合格するという不条理
    • 映画に生きる根拠を見出す
    • 学ぶことが多かった教育実習
    • すべては映画のために捧げられる
    • 突然、恋に落ちる
    • 失敗続きの就職活動
    • すべて自分でこなした番組制作
    • 職場交換をして、暇な仕事に再就職
    • 原書の出し忘れで教師を断念
    • アニメーション会社との出会い
    • 就職三週間で本番のコンテを任される
    • すれ違い始めた奥さんとの仲
    • いじめられながら仕事を覚える
    • 憧れの演出家を追いかけて転職
    • 大失敗だった監督第一作
    • 映画にかける思いを表現できぬもどかしさ
    • 出産した奥さんを置いて家を出る
    • 今度こそ、自分の作りたい作品を作る
    • 現実より真実を語る「虚構」
    • 完全に仕事が無くなった三年間
    • 自分が育った街を映画で描くというひらめき
    • 全精力を費やした『イノセンス』
    • 大人になった娘との再会
    • 今の自分が若者に語れること


関連ページ



関連リンク